100均造花で春色ハンギング作り+*゚

華やかなハンギングバスケットを100均造花のみで作りました♡
さすだけなので簡単に作れます。
生花ではないので手間いらずです♪

  • 164683
  • 1431
  • クリップ

ガーデニングを始めた頃から憧れだったハンギングバスケット。
華やかで素敵ですよね♪

ですがバランスを保つには手間がかかることと、虫がくるのが嫌で作れずにいました。

そこで100均造花を使って春色のハンギングバスケットを作ってみました!

まずは完成品をご覧ください。

100均造花でもこんなに華やかに仕上がるんです♪

春から夏まで飾っておけるように、オレンジをメインにイエローとホワイトでまとめました。

グリーンをたくさん使うことによって隙間をなくし、より一層高見えします!

材料

ダイソーで購入できる
フラワー壁掛けカゴと壁掛けカゴ用のパームマットを使用。
30cmタイプと40cmタイプがありました。
今回使用したのは30cmのタイプになります。

ベースとなるグリーンと、カゴの中に入れるグリーンはセリアで購入しました。

30cmのタイプを作るにはカゴの中にこのグリーンのボールを2つ入れて、お花の茎をここにさして作っていきます★

使用した造花になります。

右側はセリアで購入。
左側はダイソーで購入したものです!

この他にバランスを見ながらおうちにあった造花やフェイクグリーンを少し足しています。

作り方

100均造花と言えどもたくさんつけて華やかさを出そうとすると、結構お金がかかります。

だけど華やかさは譲れない!!

なのでベースにマットタイプのグリーンを使用し、お花の葉が密集しているように見せちゃいましょう♪

30cmタイプなら1枚で十分足りるので、たった100円で仕上がりに差が出ます!

壁掛けカゴにグリーンのマットをダイヤ型になるように入れて、その上からパームマットをセットします。

パームマットの中にグリーンのボールを2つ入れます。

ぎゅぎゅっと押し込んでください★

次にグリーンのマットをパームマットに固定します。

ダイヤ型に入れるとパームマットの真ん中にグリーンのマットの角がくるので、矢印の方向にグリーンのマットを折り込みます。

パームマットにハサミで切り込みを入れて

園芸用のワイヤーなどでグリーンのマットをくくりつけ、固定します。

パームマットはヤシで出来ているのでとても丈夫。
ハサミが入りづらい場合はニッパーなどを使用すると切れやすくなります。

いよいよお花をつけていきます。

バランスを考えながら好みのお花を飾っていくのは楽しすぎる作業でした♡

まず造花の茎をグリーンのボールにささる長さにカットします。

差し込む部分に外側からニッパーで切り込みを入れてから

ハサミで穴を拡大します。

空けた穴に造花の茎をさします。

パームマットの中に入れたグリーンのボールの奥までささるように、ぐぐっと押し込んでくださいね♪

写真のようにメインカラーのお花を最初につけると、その後の花色が決めやすくなります♡

次にバスケットの下部分に位置するところに、ポトスやアイビー、シュガーバインなど垂れる形を作ってくれるフェイクグリーンをつけます。

こちらも園芸用のワイヤーなどでカゴにくくりつけます。

下部分に垂らすことでたっぷりのお花とグリーンからはみ出たような、自然な雰囲気が出せます。

ここからはひたすら同じ手順を繰り返し、造花をさしていきます。

お花をさす順番は
まず真ん中のお花をさしてから

そのあとに下部分、

1番最後に上からさすようにさしていくとバランスが取りやすいかと思います。

とはいってもここは好みがあると思いますので、何度もバランスを見ながら納得いくまで繰り返すのも楽しい作業です♡

わたしはメインカラーのオレンジを上部分にもう1つさしました♪

周りにホワイトとイエローの小花を散らして華やかさもup!

完成

こちらが完成品です。

ホームセンターで購入したハンギングスタンドに掛けました。

同色の造花をフェイクのジョウロにも♡

玄関全体の写真になります。

同色で作ったリースとぴったり♪

リースの作り方はこちらからどうぞ↓

最後までご覧頂きありがとうございます。

ひとつでも参考になれば嬉しいです★

良かったらInstagramにも遊びに来てください♪↓

  • 164683
  • 1431
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード