セルフペイントで明るい雰囲気に♡階段編

昔ながらの羽目板の階段周りの壁。

面積にするとものすごい面積なのですが、今回思いきってペイントすることにしました。
ペイントするだけでこんなに明るくなるんだと思いました!
やってよかったです。♪

  • 9977
  • 14
  • 1
  • いいね
  • クリップ

まずはビフォーアフター

正面の壁も、左右の壁も。。。
ペイントしただけですがこんなに明るくなりました!

この角度から、ビフォーアフター♪

うーーーん!明るい!!

では手順です♪

まずは養生します。

マスキングテープで境目を囲った後、マスカーテープで養生していきます。

マスカーテープは養生テープにビニールのシートは折り畳み収納されているもので、写真のような状態で巻かれて売っています♪

私はダイソーで購入してきました。

これが養生テープ。
そしてこれがマスカーテープ。

手すりの養生は。。。

上がって正面の壁は前もって塗装してありました!

なので養生は途中までになっているところがあります。

まず手すりの下部に、マスカーの粘着部分がくるように貼ります。

ぐるっとビニールを手すりに巻き付けます
そのあと、手すりの根元の部分にマスキングテープをし養生テープで巻きつけたビニールを固定します。

手すりの養生を終えました。
他の部分は。。。

階段の踏み板の部分は塗らないので養生します。

マスキングテープを貼って、マスカーテープをはり、マスカーのビニールを広げ、テープで固定します。

つぎにやすり!

塗装したい部分すべてに研磨をかけるのが理想的です。
でも我が家の階段みたいにすべての部分に鑢をかけることは厳しい場合は致し方ないですよね。
そんな時は思い切ってあきらめましょう((笑))

もう剥げてきたら上から塗りなおす!くらいの勢いで塗る勇気が大事ですよ!←無責任な言い方かもしれませんがそれくらい思い切って塗ってみましょう!

では塗装していきます!!

室内壁用塗料を1.6Lで購入してありました。

今回はこれを一缶すべて使いました!
若干残っていますがほぼ空になりました♪

とその前に、この便利な道具を紹介します!!


高いところも塗れるローラーの継柄

そして、継柄の先に刷毛を付けるためのジョイント、その名も『刷毛ジョイント』(笑)

この二つがあれば高いところも塗れます♪

こちらが刷毛ジョイント
この刷毛と継柄の間の白いものが、刷毛ジョイントです。

これがローラーを付ける継柄です。
私が買ったものは二段階に先が伸びるタイプのもの。

伸びないタイプのものもホームセンターに売っていましたが、わたしは少し予算を出して伸びるタイプのものを買いました。
我が家の階段の壁、一番高さのあるところで上から下までで420cmもあります。

身長169センチの私をもってしても、普通の継柄では難しいと判断したためです。

ましてやローラーは細部まで塗れないので、手の届かない高いところはきれいに塗れない予感!!


今回天井は塗らないので、天井の廻り縁まで塗ることで、作業のあらをカバーしました!w

階段では脚立がつかえない!という盲点があり、それを克服する苦肉の策です。

ちなみに、階段に合わせて足の長さを調節できる魔法のような階段用脚立が市販されているらしいです!!!w

さあどんどん塗っていきますよ!!

完全に乾ききらないうちに養生を外します。

そして塗り残しや、塗りむらのあるところはきっちり刷毛でリタッチしていきます♪

完成です!!

完成したらデコレーション♪

お気に入りのポスターやポストカードを飾ってみました!
友人からいただいて、ほかの場所に飾っていた手作りリースもこちらに飾ってみました♪

白い壁なので何でも合いそうです♪
もっとグリーンでわさわさにしたいですね~

いろんな楽しみかたができそうな白い壁、皆様のおうちの一角にいかがですか???


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 9977
  • 14
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ハンドメイド作家

2016年。家改造に手をつけました。毎日作品を作る。部屋をいじる。そんなことに幸せを感じています。ミンネはじめました♪名前はapricotworksです♥よろし…

annさんの他のアイデア

DIYのデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード