ニトリのバスケットで空中収納!

クローゼットなどの狭い場所では空間を上手く使いたい!

今回はニトリで可愛いコットンロープバスケットを見つけたのでこれで空中収納にチャレンジすることにしました。

  • 61560
  • 250
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ニトリでこんな可愛いバスケットを発見!

ニトリで見つけたこのコットンロープのバスケット。

大きさは大、中、小の三種類あります。

ちなみにこの写真は一番大きな大サイズ。

ちょっとしたピクニックに使えそうなくらい大きい!

しかもお値下げになっていて、千円を切るお値段で購入できました。

よーく見てみると、色はグレーとホワイトの二色でできています。

カラー展開はこのグレーの他に黒っぽい濃紺とホワイトの組み合わせ、レッドとホワイトの組み合わせ、グリーンとホワイトの組み合わせの4色がありました。

ちなみにこちらが中のサイズ。

中のサイズは我が家では子どもたちのぬいぐるみ入れとして活躍しています。

口が大きいので子どもでもポンポンとモノを放り込むことができます。

中サイズと大サイズを比べるとこのくらいのサイズ差があります。

形も丸形と横長で違っていて可愛いですよね!

空中収納に使ってみよう!

このままお出かけに使ってもいいくらいかわいいバスケットですが、今回使いたいのは実はクローゼットの中。

空中収納として使いたいので麻ひもで吊るします!

クローゼットに元々ついている棚にカラビナをひっかけて、そこに麻ひもを通しています。

この空中収納に何を入れているのかというと、実は普段持ち歩いている鞄の中身。

このクローゼットの一番上段にはFujinao(フジナオ)の普段使いのバッグをいくつか収納しています。

毎日鞄の中身をこのコットンロープバスケットに戻すことによって翌日もスムーズにバッグを選ぶことができます。

そう、ここが「バッグの中身の定位置」なんです!

このバスケットは口が大きいのでポンポン放り込むのも取り出すのも楽ちん!

毎日の動作ですので動作が簡単なのが楽して続く収納のコツ、です。

雑誌の付録のバッグだって…。

形をバスケットにこだわらなくても大丈夫。

昔雑誌の付録でついてきたバッグだって立派な空中収納に使えます。

100円ショップでは長ーいS字フックも売っていますので、背の高さに合わせてフックや紐で吊るす高さを調整してくださいね。

実は地震の時にも心強い収納方法!

この空中収納だと地震があって大きく揺れたときにもモノが倒れてくる心配がありません。

防災の研究家の中には「眼鏡や携帯電話は地震で飛んでいかないように寝る時には袋に入れて枕元に吊るしておきましょう」と提案している方もいます。

懐中電灯やちょっとした非常食のセットなどをサッと持ち出せるように吊るしておくのもいいですね!

Fujinao(フジナオ)でした。

  • 61560
  • 250
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)です。  私の今の暮らしは現役転勤族の経験で学んだ「モノの少ない暮らし」。モノが少ないと家の中を心地よい風が通りま…

おすすめのアイデア

話題のキーワード