バルミューダの炊飯器は本当におすすめ?評判や口コミをもとに調査

おしゃれなフォルムとお米のうまみを引き出す炊き方で人気の『BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)』。高級炊飯器ブームともいわれ多くの家電メーカーが炊飯器に力を入れるなか、2017年に『BALMUDA(バルミューダ)』から発売されました。その仕組みや炊きあがったごはんの特徴、スペック、機能などを徹底解説します。購入者の口コミからは、その評判を調査。良い口コミだけでなく悪い口コミも合わせてご紹介。炊飯器選びの参考にしてくださいね。

  • 1131
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

バルミューダの炊飯器『BALMUDA The Gohan』とは

2017年に『BALMUDA(バルミューダ)』から発売された『BALMUDA The Gohan(バルミューダ ザ・ゴハン)』。画期的な技術で土鍋よりおいしいごはんを実現しています。

バルミューダといえば、デザイン性の高い家電を次々に発売するメーカーです。バルミューダ ザ・ゴハンもその例にもれず、おしゃれな見た目にも人気が集まっています。

バルミューダ ザ・ゴハンの仕組み

バルミューダ ザ・ゴハンの大きな特徴は、炊飯釜が内釜と外釜に分かれている点です。2つの釜の間に水を入れて加熱することで、炊飯中だけ見えない蒸気の釜が出現し、蒸気の熱でごはんを炊きあげます。

ガスの火力に比べて約1/3のエネルギーしか使えない電気炊飯器だからこそ、できるだけ多くの熱量をお米を炊くためにエネルギーの使い方から見直した結果、蒸気で炊きあげる仕組みに行きついたそうです。

蒸気のちからで粒感のあるごはんに

バルミューダ ザ・ゴハンで炊いたごはんがおいしくなる秘密は、100℃を越えないようじっくりと加熱することにあります。

うまみが引き出される温度帯をゆっくり通過することで、お米本来の味を最大限に生かし、急激な温度変化を抑えることでお米の表面を傷つけず、うまみと香りを米の一粒一粒に閉じ込めます

これにより、粒立ちとほぐれの良さが生まれ、抜けるような香ばしさのある味わいに。噛みしめるたびうまみを感じるごはんへと炊きあがります。

バルミューダ ザ・ゴハンの基本スペック

バルミューダ ザ・ゴハンのサイズや材質などは次の通りです。

  • サイズ:幅275×奥行き251×高さ194mm
  • 重量:約4kg コードの長さ:1.2m
  • 本体:ABS樹脂、耐熱ポリプロピレン
  • 内釜:ステンレス(フッ素コート仕上げ )
  • 外釜:アルミニウム合金( フッ素コート仕上げ )
  • 電源:AC100V(50Hz/60Hz)
  • 消費電力:670W
  • パッケージ内容:本体、水計量カップ、米計量カップ、取扱説明書(保証書付)

保証期間は購入日から1年間です。日本専用品のため、海外での使用は保証や修理受付の対象外です。

希望小売価格は45,650円(税込)で、コンパクトな炊飯器としてはやや高額な部類に入ります。Amazonや楽天市場では、さらに安く購入できることも!

バルミューダ ザ・ゴハンの機能

炊飯器選びには、炊きあがったごはんの味のほかに搭載機能も気になります。ここでは、炊飯モードやタイマーなど、バルミューダ ザ・ゴハンの機能について解説します。

5種類の炊飯モード

バルミューダ ザ・ゴハンの炊飯モードは5種類のみ。硬め・柔らかめなどの炊き分けはできず、調理モードもなく非常にシンプルです。

  1. 1.白米
  2. 2.白米早炊き
  3. 3.玄米
  4. 4.炊き込み
  5. 5.おかゆ

炊飯時間の目安は白米で53分〜68分、この時間内で浸水やむらしも自動でおこないます。浸水後に炊飯ボタンを押し忘れ「ごはんが炊けていない!」なんてこともありません。

便利なタイマー機能

タイマーは時計式のため、炊きあがりの時間から逆算してセットする必要はありません。また、前回の設定を記憶してくれるので、毎日同じ時間に予約するのも簡単です。

ごはんの保温機能がない

おいしさを損なう保温はせずに食べきってほしいという思いで、バルミューダ ザ・ゴハンには保温機能が付いていません。このためバルミューダでは、炊きあがり後1時間以内に食べきらない場合はおひつへ移し替えるか、冷凍保存を推奨しています。冷めてもおいしいので、おにぎりにするのもおすすめです。

すぐに冷めてしまうわけではなく、炊きあがってから1時間程度は内部の高温が維持されます。また保温機能がないことで、保温にかかる電気代が不要になるというメリットもあります。

3合炊きまでOK!5合炊きは不可

  • 白米:3合まで
  • 玄米・炊き込みごはん:2合まで
  • おかゆ:1合まで

一般的に炊飯器は規定量よりも少ない量の方がおいしく炊きあがるため、白米は通常1~2合で使用し、まとめて炊いて冷凍したいときや来客があった際は3合まで炊けるというイメージです。

ごはん1合はお茶碗2.5杯ほどの量なので、3合炊きは1人暮らしの方や2~3人の少人数の家族におすすめのサイズです。2021年現在はワンサイズのみのため、4人以上の家族や食べ盛りの子どもがいるご家庭にとっては、5合炊きなど大きなサイズの発売が待ち望まれます。

バルミューダ ザ・ゴハンはデザインがおしゃれ

バルミューダ ザ・ゴハンは、おいしく炊けることだけでなく高いデザイン性も魅力です。かまどで使われていた羽釜を思わせるシンプルなフォルムで、生活感を出したくないオープンキッチンやワンルームにもぴったり。引越しや一人暮らしを始めた人へのプレゼントにもおすすめです。

表面は落ち着いたつや消しの質感で、スタイリッシュなブラック (K03A-BK)と、清潔感のあるホワイト(K03A-WH)の2色があります。付属品のお米用と水用の計量カップもそれぞれシンプルかつおしゃれです。

バルミューダ ザ・ゴハンの評判や口コミは?

実際に購入した方の評判や口コミをチェックしてみましょう。

バルミューダ ザ・ゴハンの良い評判・口コミ

購入者レビューでは良い評価が多数あり、多くの方がバルミューダ ザ・ゴハンに満足しているようです。

お米の甘みがすごいです。おかずなしでご飯だけずっと食べていられるくらい。蒸し炊きにした感じなのでしっかりと火が通っていますし、べちゃっと感もないです。

主人が『うまい!美味い!!』とハマっています。
ご飯が美味しいと久しぶりに感じる事が出来ました。デザインは、昔の羽釜を思わせるものでとてもいいと思います。液晶表示は、バックライト付きのものなので非常に見やすいと思います。
まずデザインがなんといってもオシャレ!!(ブラックを購入しました)お米を炊く事も楽しくさせてくれます。

お米を測ったり、外鍋に水を入れるなどすべてにメモリ付の専用カップがあるので、とても簡単です。

高評価を付けた方のほとんどが、ごはんの味に満足しているようです。また、デザインの良さや機能がシンプルで使いやすいことも高評価の要因のようです。外釜に水を入れることについては意外と手間ではないようです。

バルミューダ ザ・ゴハンの悪い評判・口コミ

少数ではありますが、悪い口コミも見られました。低評価の利用としては、思っていたよりもおいしくないという意見が複数あります。

購入して1年ほど経ちました。半年頃から内釜が剥がれ始めました。

交換してもらわないとと思いつつ1年ほど経ってしまいましたが、剥がれは酷くなる一方です。
美味しさですが…全くわかりません。生まれてこの方、祖父母が作った米を食べていますが、普段と何も変わりません。半年ほど前に母が小型精米機を買って、精米機したての米を炊いたご飯を食べた時の方がよっぽど感動しました。
1回目の炊飯で パキッ と嫌な感じがし 3回目の掃除の時内蓋のつまみが壊れました。 見た目も素敵だし 炊きあがりも気にっていますが びっくりするほど作りが弱すぎると思います。

普通に毎日ご飯を炊くお家だと ちょっと不安になる作りですね。

炊きあがりの味については、好みやこれまで使っていた炊飯器によっても評価が分かれるようです。粘りのあるごはんが好みの方は、圧力IH炊飯器を選んだほうが良いかもしれません。

また、内釜のコーティングが1年もせずに剥がれてしまったという口コミもいくつかありました。

内釜はがれが起きたときの対処法

コーティングが剥がれると、ごはんがこびりつきやすくなってしまいます

内釜にはがれが起きてしまったら、購入店ではなくサポートセンターに電話します。保証期間は1年間となっていますが、購入時期や使用状況、はがれ具合によっては1年以上経過後でも無償交換してもらえた例も。必ず無償交換できるとは限りませんが、1度問い合わせてみるのがおすすめです。

おいしいごはんで食べたいレシピ

バルミューダ ザ・ゴハンで炊いたごはんは、粒感が強く冷めてもおいしいのが特徴。公式サイトでは、カレーや鯛茶漬け、ちらし寿司、炒飯など、特徴を生かしたレシピを公開しています。有名店や人気シェフが考案したレシピも紹介されているので、バルミューダ ザ・ゴハンを手に入れたらぜひお試しください。

バルミューダとバーミキュラの炊飯器を比較

おしゃれな高級炊飯器として、バルミューダ ザ・ゴハンとよく比較されるのが『バーミキュラ ライスポット』。元々鋳物ホーロー鍋を作っていたメーカーが、簡単にごはんを炊けるよう開発した炊飯器です。希望小売価格は5合炊きモデルが87,780円(税込)、3合炊きモデルが71,280円(税込)とバルミューダよりも高額ですが、ごはん以外に煮込み料理や低温調理ができるというメリットもあります。

バルミューダ ザ・ゴハンで土鍋を超えるごはん体験

BALMUDA
BALMUDA The Gohan K03A-BK
38,500円(税込)
4.8
4.8 Stars
11件)
「蒸気で炊く」新しい炊飯器
温めるためにエネルギーを使う厚い内釜を採用せず、薄い内釜を二重にして間を中空に。外釜にも水を入れることで蒸気を発生させるという、全く新しいタイプの炊飯器。高温で米を躍らせながら炊くのではなく、100度を超えない加熱で優しくじっくり「蒸し炊き」状態にすることで、米を傷付けず旨味を閉じ込めます。水加減や火加減が難しい玄米も、蒸気の力でふっくら。おしゃれなデザインながら、わかりやすいボタンで操作性もバッチリです。
サイズ(外寸)
幅 275 × 奥行き 251 × 高さ 194mm
本体重量
約4kg
カラー
ブラック、ホワイト
炊飯の容量
3合
加熱タイプ
水蒸気
調理モード
白米、白米早炊き、玄米、炊き込み、おかゆ
搭載機能
タイマー機能
電源規格
AC100V、50Hz/60Hz
付属品
水計量カップ、米計量カップ、取扱説明書(保証書付)
消費電力
670W
生産国
台湾
保証期間
お買い上げ日から1年間

ごはんの味がおいしいと、家での食事が豊かなものに。バルミューダ ザ・ゴハンを手に入れて、ぜひ“土鍋を超えるごはん体験”をしてみてくださいね!

※記事内の口コミは、LIMIA編集部の調査結果(2021年8月)に基づいたものです。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2021年8月)に基づいたものです。
※一部の画像はイメージです。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 1131
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

LIMIA 暮らしのお役立ち情報部さんの他のアイデア

雑貨のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード