現状回復もバッチリ、簡単ふすまリメイク

賃貸でもふすまを傷つけずにリメイク可能。
家に余ってる物とセリアのアイテムで簡単にできます。

  • 176371
  • 575
  • 2
  • いいね
  • クリップ

まずは素材と材料紹介

●ふすま
●セリアリメイクシート4枚
●床材や壁紙の余り
●セリア黒板塗料
●セリアマスキングテープ(黒)
●ダイソー英字リメイクシート(黒)

だいたい100均や家に余ってる物で揃います。

下地処理

ふすまに直接リメイクシートを貼ると、
剥がす時に下の襖紙まで剥がれて
しまうので、下地にクッションフロアや
壁紙の余りを貼ります。
我が家はクッションフロアの端材を
使用しました。
下地なので柄の違うツギハギでも何でもOK。

下地をカットして貼付け

襖の枠内の大きさにカットした下地を
タッカーでパチパチ止めて行きます。

リメイクシート貼付け

リメイクシートを貼ります。
この時枠も隠れるように貼ることが
ポイント。
枠が見えるとふすま感がなくなりません。

アクセントを付ける

全面リメイクシートでも良いのですが、
私は途中わざと貼らない部分を作って
黒板塗料を塗布し、アクセントを付けました。
この部分は枠が丸見えのため、黒の
マスキングテープを枠に貼って隠します。

ステンシル風にダイソーの英字リメイクシートの適当な英字を切り取って貼りました。

完成!!

元のふすまの面影はなくなり、
白い板の壁っぽくリメイク完成。

両面テープで小さい額などを飾っても、
雰囲気UPすると思います。

作業時間1時間程度でした。

ふすまリメイクのポイントはやはり、
「枠を隠すこと」。
枠が見えるとふすま感が払拭できません。

  • 176371
  • 575
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

築40年近くの古く暗〜い団地を、少しでも暮らしやすく自分らしい空間に。小学生姉妹の子育てをしつつ、現状回復の壁と仕事、そして最近は看護学校の勉強と戦いながらdi…

おすすめのアイデア

話題のキーワード