季節人形の収納に無印良品のソフトボックスシリーズがおすすめな理由

大きくてかさばる季節人形の道具。

なるべくコンパクトにまとめ
出し入れしやすい状態に収めた、
収納方法と収納用品をご紹介します。

  • 25780
  • 108
  • 0
  • いいね
  • クリップ

男の子なら五月人形、
女の子ならお雛様というように、
季節人形を飾る時期がありますね。

行事が終わった後の収納は
どうされていますか?

大きな人形の道具を収めるためには、
収納スペースも確保しないといけない。

また、その出し入れには手間がかかる…と感じておられる方も
いらっしゃるのではないでしょうか。

わが家にも、
五月人形道具一式があります。

主人の実家から引き取ってきた、
古いものです。
その道具を見てみると、

①段ボール箱は劣化が激しい。
②本体の箱は大きすぎる。
③小物の箱も、たくさんありすぎて
出し入れに手間がかかる。

といったような理由で、
収納方法に悩む状態でした。

たとえば今は購入したばかりのもの
であっても、年月がたてば、
いずれ上記のような問題を感じるようになってくるのではないかと思います。

そこで、まとめられるモノはなるべく
コンパクトにまとめ、
購入時の箱から別ケースに詰め替えた
方法をご紹介します。

Before

大きな段ボール箱の劣化が
気になります。

人形、張り子の虎、それぞれに箱が
あり、押し入れの中に収納スペースを
つくるのが大変でした。

After

本体の大きな箱は処分し、同種類の
ソフトケース2個にまとめました。

購入時の箱を詰め替えると、
特に気になっていた
「段ボール箱の劣化について」が
解消され、気持ちもスッキリしました。

収納がスリムになった!という
利点もあります。

無印良品のソフトボックス

今回使用した商品で、個人的に
おすすめしたいのが、
『無印良品のソフトボックスシリーズ』です。

使わないときは折り畳めるソフトケースでありながら、
内側がコーティング加工してあることで、丈夫すぎず柔らかすぎず、
中身が入っていなくも自立する、
しっかりしたデザインです。

デリケートな素材のモノを収納する
のに、最適ですね。

ケースの中はこのような感じに
収まりました。
(人形は、不織布のような薄い布で包んであげたほうが、より良いと思います。)

中には一緒に、衣類タンスなどで使う『防虫剤』を入れています。

ソフトボックスの良いところは、
チャックさえ閉めることができれば、
たくさんのモノが入れられる
ところです。

このシリーズはサイズが豊富に
ありますし、
他の商品を活用する場合にも、

「なるべく多くをまとめることができる大きいサイズのものを選ぶ。」

また、複数個必要な場合は、
「重ねることができる同じデザインの
ものでそろえる。」
ことが、スッキリ収納するコツです。


たとえ1年に1度しか使わないような
季節商品であっても、

置いておくならばなるべくスリムに、
出し入れしやすい状態にしておきたい
ですよね。

行事が終わるその前に、一度、
適当な収納ケースを検討されてみては
いかがでしょうか。

  • 25780
  • 108
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付けのきっかけ作りをお手伝いしています。#整理収納アドバイザー です。

おすすめのアイデア

話題のキーワード