府中の家リノベーション

府中の住宅地に建つ築25年の住宅の全面改修である。

建主は新居を探すに当たって、何軒かのモデルハウスを見て回ったという。しかしそのほとんどが内部に入ると気分が悪くなった為、新建材による新築はあきらめ、中古住宅を探された。
しかし内部は昔の一部屋一部屋が小さく区切られており暗く寒いイメージがあったため、小さな子供達がのびのびと生活できるよう明るく広々とした家に改修したいと希望され、又新建材でなくなるべく自然素材で健康な家にしたいと強く望まれた。

1階は三部屋に区切られていたところを、リビング、ダイニング、キッチンと連続させてワンルームとし、さらに外に大きく広がる木製テラスへとつなげ、元気な子供達の為に広さと楽しさを求めた。

素材は極力自然に近い物を選び、無垢で力強い空間を心がけた。床はナラ無垢板のフローリング張り、天井はピーラー無垢板張り、壁は珪藻土ランダム塗りとし、断熱材はコルクボード、木造作は無塗装木地仕上げ、床のみナチュラルオイル拭き取りとした。

狭く薄暗い階段下のトイレを、出窓を新設して明るくゆったりとした空間に改修した。手洗いも広く取り、カウンターはタソスホワイト(ギリシャの白大理石)で白を基調にしている。

ほとんど使われることのなかった庭は、子供達が遊べる楽しい水場、そして車を退かせると遊び場にもなる、有効利用のできる外部空間とした。

  • 842
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 842
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

戸建住宅設計、民家再生設計、医院設計、学校設計を行う建築設計事務所です。質感の豊かな自然素材や樹齢300年以上の無垢な木材を用いて、時とともに深みの増していく建…

おすすめのアイデア

話題のキーワード