nico

この敷地は、古い住宅地の角地に位置します。出来る限り開放的な窓を開け放して生活出来るような住宅が要望でした。
そのため中庭を2つのイエ型のヴォリュームで挟み込み渡り廊下で囲む構成を提案しています。外部から、プライバシーを確保しながら中庭に向って大きな開口をとることが出来ます。また、北側にトップライトを配置することで優しい光が空間いっぱいに広がっています。
家族が一つの空間で過ごしていることを感じれるようにシンブルとしてイエ型の屋根を採用し、個室以外をできる限り一体の空間としました。ただ、単調な繋がりを避けるためテクスチャに変化をつけています。
プライバシーを保ちながら、外部の環境を取り込む住宅です。

  • 519
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 519
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

幼稚園か小学生のとき、愛媛県松山市にあったUFOが着陸したような佇まいの「愛媛県民館(今は存在していません)」で何かイベントのようなものに参加していました。当時…

おすすめのアイデア

話題のキーワード