住み始めてからも大満足な間取りを考える!

良い間取りは、なかなか自分たちだけでは考えられるものではありません。 家づくりにはプロの提案力が欠かせません。 経験や実績に基づく快適さ、明確な見積もりで資金計画も組みやすい「企画プラン」。 最初は自分で考えても、利便性や合理性を追求していくと、最終的には一定のプランに行きつくこ とになるなら、最初からそんなプランを提案してもらうと嬉しいですよね。

  • 3454
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ

家を建てる人のほとんどが、家づくりは初めての経験。 お金のことや段取りのことなど、最初は分からないことばかり。
書籍やインターネットで情報収集してみても、膨大な情報が氾濫していて、どれを信じて良いの やら...。
それでも人に聞いてみたり、展示場に足を運びながら自分なりに勉強をして、なんとか家を建て る...。
けれども住んでみてから「ああすれば良かった、こうした方が使いやすかった」なんて間取りで 後悔している話を聞くと、理想の家づくりへの道は相当厳しい!?
これを解消する一番の方法って、信頼できる家づくりのプロから学ぶことなんです。 間取りの考え方や外観デザインにおよぶまでのセンスがあるプロフェッショナルに、積極的に相 談することが実は理想の家づくりへの近道なのです。

一生に一度の家づくり!と意気込むと、(パパ)書斎が欲しい、(ママ)キッチンを広くした い、(娘)たくさんの友だちを部屋に呼びたいなど、お互いに譲れないことが当然ぶつかりま す。
それを無理やりカタチにすると、どこか頭でっかちの住みにくい家になりがち。
実際に家を建てたら、玄関からお風呂が丸見え、お隣のリビングと目が合う、トイレの音がお客 様に丸聞こえ、など住み心地が悪かったという失敗談も聞かれます。 一からつくっていく楽しさも大きい半面、実際に住むまで気付かない失敗も起こりがち。
机上で考えた間取り(図面)から視線や音・温度などを感じとる想像力が必要です。 その点プロが考えた「企画プラン」は、家づくり初心者では気付きにくい細かいコンセントの位 置にまでしっかり配慮しているから、多くの方から「このままでいい!」と言っていただくこと ができます。

失敗しやすいケースでは、まずスタート地点で「どんな家を建てたらいいか分からない」「家族 の意見がまとまらない」という理由で、家づくりを決心するまでに時間が掛り、家づくりを始め てからも考えの土台がまとまっていないから「毎回家族の要望が加わって、プランの作成に時間 が掛る」ことに。
さらにその結果「中身(間取り)優先で、外観が見栄え悪くなる」「全ての望みを叶えようとして いったらどんどん見積りも増えていった」という悪循環に陥ったりすることも...。
良い間取りは、なかなか自分たちだけでは考えられるものではありません。
家づくりにはプロの提案力が欠かせません。 経験や実績に基づく快適さ、明確な見積もりで資金計画も組みやすい「企画プラン」。
最初は自分で考えても、利便性や合理性を追求していくと、最終的には一定のプランに行きつく ことになるなら、最初からそんなプランを提案してもらうと嬉しいですよね。

  • 3454
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

エースホームは、自分らしく、健康安全に子どもを育て、未来に向かって長く住めるMi‘Like(ミライク)で次世代の家づくりを提案します。近年、頻発する地震や省エネ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード