塩梅-実現できる?50平米のコンパクトな家で家族それぞれのマイスペース

Hさんはお子さんの成長をきっかけに様々な選択肢の中から、今の住まいをフルリノベーションをすることにしました。50平米のコンパクトなマンションをいかに広く快適な空間に暮らすか?を考え、夜は両親の寝室になるスペースを、昼間はオープンにして、娘さんの友達が来たときに使えるようにしました。小上がりになっているので、ちょっと腰かけておしゃべりをすることも可能。リビングから離れているので、子ども同士の話を大人に聞かれることはありません。

コンパクトな家だからこそ、部屋を兼用してマイスペースを作りました。Hさんから本棚を置きたいと希望がありましたが、理由をお話しして別の場所にしてもらいました。一方で、娘さん専用スペースはリビングの一角に。夜は両親が寝室に移動するので、娘さんは個室の雰囲気を味わえます。

コンパクトな家で、部屋の使い方を時間軸で切り替えることにしたリノベーションで、狭くならずにマイスペースを実現できました。

  • 601
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
玄関側から見たLDK
キッチンを背にLDKを見る。壁の向こうは子ども部屋
キッチンは、間口いっぱいに造作した
収納するものを決めてつくったため、サイズはぴったりで無駄がない
窓側から玄関方面を見る。壁をはさんで右手がLDK、左手が子ども部屋
玄関を入ってすぐの和室は、両親の寝室兼子どもの遊び場
玄関土間は広くとった。和室の下にも収納スペースを設けた
和室の奥にある収納スペース
和室の障子を閉めた様子
和室の造作棚の下の収納スペース
  • 601
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

リノベーション会社

建築デザインと不動産仲介のプロがタッグを組み、物件探しから設計・監理、将来の賃貸化・売却のサポートまで、リノベーションのトータルサービスをワンストップで提供しま…

ブルースタジオさんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア