オフィスワーカーの目線に立った、自然とオフィスをつなぐグリーンデザイン

オーストラリアのエコリゾートホテルのデザインから着想を得た、自然と建物をつなぐ
デザインのオーダーメイドのプランターによるグリーンコーディネートです。無機質な空間にグリーンを配する際、同じく無機質な素材(アイアンやスチールなど)をプランターに使用することでデザインの調和をとります。そこで、さらにウッド素材をプラスすることで、空間全体がグリーンにフォーカスされ、さらなる空間の調和が生み出されます。また、アイアン部分のカラーリングも自然と調和する色を選ぶことも重要となります。もう一つ重要なことは、植物が元気に育つかどうか。量産のプランターでは、植物のサイズと人々の目線に合わせたサイズのものがありません。オフィスに配置するには、オフィスのワーカーたちのリラックス効果こそ最も大切に考えなければなりません。従って、彼らからの目線への配慮と植物を継続的に生き生きとさせること、が必要です。当該オーダーメイドのプランターは、植物の生育とオフィスワーカーの目線に寄り添った、他にはない、グリーンコーディネートを可能とします。

また、グリーンをみずみずしく、生き生きとした状態に保っている秘訣が、この設置先企業で結成されたグリーンの日常管理を行う「グリーンチーム」です。社内で選ばれたメンバーがグリーンの配置場所を決めます。これは、最もよく社内を知る人たちが決めた置き場所なので、社内の人々のグリーンへの注目度が高く、オフィスワーカーのリラックス効果を最大限に引き出します。これらを通じ、当然社内のコミュニケーションは活発になります。グリーンチームのメンバーは、打ち合わせ、接客、会議、商談がスムーズになるなどの効果も想定して、設置場所を決めるため、会社の収益獲得やリクルートなどの人材確保にも貢献しています。

  • 1497
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
オフィスビルの室内という過酷な環境にもかかわらず、みずみずしく生き生きとしたグリーンが保たれているのは、当該企業で結成された日常メンテナンスを行う「グリーンチーム」のおかげです。グリーンのリラックス効果を得て、グリーンによる美しいオフィス空間を演出するには、グリーンを良いコンディションに保つことが最も重要です。グリーンを導入したけれども、数期間でグリーン環境がが化して撤退するという企業が多い中、とても良い成果を得ています。
オーストラリアの世界遺産「フレーザー島」にある、エコリゾート施設「キンングフィッシャーベイリゾート」の自然との共生に徹底的に寄り添った姿勢に感動しました。その姿勢を体現したランドスケープデザインは、細部にわたって、建材や素材選びから色彩の配慮まで、なされており、我々のオフィスグリーンのアイディアは、まさにそこから着想を得ています。
  • 1497
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ガーデン・ランドスケープ

Green Team は、ガーデンデザイナーチームです。植物が本来持っている、生き生きした力を引き出すことで、繊細で洗練された贅沢なガーデンデザインが可能となり…

おすすめのアイデア

話題のキーワード