【お掃除】高コスパで節約にも♩洗濯槽のお掃除は〇〇でする!

カビか生えやすいジメジメとした時期。

洗濯槽の裏側もカビが生えやすく、そのまま使うと洗濯機や洗った洗濯物からイヤ~な匂いがすることも(;°ロ°)

そうなる前に洗濯槽のお掃除をしてしまいましょう!

洗濯槽クリーナーを買わなくても、“あるもの”で代用出来るんです♩

今回はその“あるもの”を使ったお掃除方法をご紹介します。

  • 29774
  • 240
  • 0
  • いいね
  • クリップ

“あるもの”とは『衣料用ハイター』

お掃除に使用するのは、こちらの塩素系の衣料用漂白剤です。ハイターをつかいました。

ドラッグストアやスーパー、場所によってはコンビニに置いてあることも。手軽に手に入ります。

「お掃除に使えるの?」と思われる方もいるかもしへませんが、実は家電メーカーも推奨しているお手入れ方法なんです。

(我が家のは日立の縦型洗濯機を使用しています。メーカーや機種によっては、他のお手入れを推奨いる場合もありますので、ご自身でご確認下さい。)

同じような衣料用ハイターで『ワイドハイター』というものもありますが、こちらは酸素系です。お掃除では塩素系の衣料用ハイターを使用します。


↓日立公式サイトにお手入れ方法について記載されています。

市販の洗濯槽クリーナーに比べて安く、お財布にも優しい♡

ドラッグストアなどでは洗濯槽クリーナーも販売されています。

私も大手メーカーから、ドラッグストアのプライベートブランドのものまで、色々な種類を使ってみたことがあります。
一つ200円~300円、高いものではそれ以上の価格で販売されている印象です。

衣料用ハイター(600㎖入)は1本あたり150~200円前後。

一度のお掃除で500㎖を使用するので、2500㎖入の特大サイズを購入すれば、1回あたり100円以内に抑えることも可能♡節約にもなります♩
(2020年5月現在、Amazonでは特大サイズが424円で販売されています)

ハイター 衣料用漂白剤 特大/2500ml
商品情報をAmazonで見る
【まとめ買い】 カビキラー 洗たく槽クリーナー 洗たく槽カビキラー 塩素系液体タイプ 3本セット 550g×3本
商品情報をAmazonで見る

お掃除方法も簡単!

槽洗浄コースがある洗濯機は、そのコースを使えば、攪拌後のつけ置き、脱水後の槽乾燥まで自動でしてくれるので便利です。

①電源を入れて、「槽洗浄」ボタンを押す。

②ハイターを約500㎖投入し、スタートボタンを押す。

あとは洗濯機の運転が終わるまで何もすることはありません。

槽洗浄コースがない洗濯機の場合は、通常コースで水量を最大、15分ほど洗濯、すすぎ2回、脱水9分で回せばOKです。

余裕があれば、すすぎの前に一時停止をして、少し浸け置きをすると良いと思います。

運転が終わったら中に湿気が籠らないように、洗濯機のフタを開けます。

最後に

いかがでしたか?

お財布にも優しい洗濯槽のお掃除。
1~2ヶ月に一度しておくと綺麗を保てて良いそうです。
洗濯槽をスッキリさせて、ジメジメする季節を乗り切りましょう!


❁最後までご覧頂きありがとうございます❁
❁いいね・コメント・フォロー、いつもありがとうございます、励みになっています❁
❁Instagramでは日々のお掃除などもpostしています❁

  • 29774
  • 240
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

\日々の暮らしに使える、生活の知恵をpost/ごくごく普通の主婦でもともとは掃除が苦手だった私ですが、後から大変なお掃除やお手入れが必要にならないよう、少しの手…

おすすめのアイデア

話題のキーワード