グランピングのウッドデッキに最適 ユニットデッキ1095

短期間で本格的なウッドデッキが作れるユニットタイプのウッドデッキ
パーツで構成されているので作った後に拡張も可能、パネルデッキを外せばデッキ下の点検も簡単にできます

  • 3231
  • 2
  • 0
  • いいね
  • クリップ

グランピングのウッドデッキに採用頂きました。

場所は 横浜市栄区上郷町にある 上郷・森の家 のグランピング施設です。
横浜とは思えない素敵な森の中にこの施設はできあがりました。

10基のウッドデッキ、総面積 約600平米、ユニット式という特徴を生かし45日という早さで完成しました。

強度に関しては建築物の構造計算を行い、1平米あたり260kgの耐荷重が証明されています。
とても堅牢な造りになっています。

使用した製品は 「ユニットデッキ1095」というもので、フレームを組んでパネルになったデッキをはめ込んでいくというシンプルで短期間での設置が可能なものです。

山間部の場合、通常のデッキ工法に比べて工事費が40%程度削減できます。
材料と工事費を合わせると総額で15%ほど安くなります。

もちろん、住宅のウッドデッキとしても利用ができます。
DIY好きな方であれば、電動丸鋸、インパクトドライバーが使えればご自分で設置できます。

束柱とフレームを組み合わせて正方形の枠を作ります
できあがった正方形の枠にパネルデッキをはめ込んで床面ができあがります
外周のフェンスを作り、テントを設営して完成です
  • 3231
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

エクステリア施工

インドネシアからデッキ材を輸入し材料販売、ウッドデッキ設計施工をお仕事にしています。35年前に原木丸太の輸入業務でこの世界に入り、製材工場管理運営、加工品輸入業…

おすすめのアイデア

話題のキーワード