ウッドデッキを使った 福祉 スロープの設置

ウッドデッキと木製スロープを作り、介助者無しで自由に置く我へ出ることができる導線を作る。

介助者の労力、被介助者の心の負担を軽減する事が可能です

  • 2231
  • 8
  • 0
  • いいね
  • クリップ

四肢に障害のあるお客様にご依頼を頂き、直接室内から屋外へ出られるスロープを設置させて頂きました。

玄関から屋外への導線にも段差がいくつかあり、介助者と共に移動をする事が必須であるため不自由をされていました。

居室から直接屋外へ出られる導線を作ることで、ご自分の望む時に自由に外出する事が可能になりました、また 介助者への負担も軽減されて快適な生活をする環境が整います。

できるだけスロープを長くするため、居室前に転回ができる最小限のウッドデッキを造り、そこにスロープを取り付けました。

利用される電動車椅子は 自走用簡易型 ジョイスティック操作のものです。

敷地の関係で傾斜角は理想とする角度より大きくなりましたが、動力式なので問題なく昇る事ができます。

スロープができたことで、「外出する機会が増え、復職に向けて前向きにリハビリに取り組めるようになります」とお客様に大変喜んで頂き作業をした私たちの励みにもなりました。

福祉関連(介護、障害)のこのような工事には介護や障害の等級によりますが、自治体から補助金が出ます。

これら行政の支援を受け出費を抑えて、快適な生活を送る環境を整えることが可能です。

お気軽に私どもまでご相談ください。

補助制度などの詳細はお住まいの市町村役所にお尋ねになると良いでしょう。

ウッドデッキ+スロープが完成しました!
設置前のベランダの様子です
室内から犬走りまでの段差は 35cm
アスファルト路面までは更に 35cm
ウッドデッキの取付がほぼ終わったところです
デッキの外周には高さ70mmの脱輪防止版を取り付けます
スロープ下地材の調整をしているところです
スロープの下地ができました
スロープの上板、隙間を調整してビス止めをします
余分な巾を切り詰めてスロープがほぼ完成しました
外周すべてに脱輪防止版を取り付けました
設計図面です
完成したスロープの試験走行です
  • 2231
  • 8
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

エクステリア施工

インドネシアからデッキ材を輸入し材料販売、ウッドデッキ設計施工をお仕事にしています。35年前に原木丸太の輸入業務でこの世界に入り、製材工場管理運営、加工品輸入業…

おすすめのアイデア

話題のキーワード