要らなくなったもので!子どもが家事上手になれちゃう仕組み

キッチンを整理していくと
いらなくなったもの出てきませんか?

例えば、スプーンやフォーク
お皿なども。貰い物だったり
整理をすると要らないと思う
キッチン用品が出てきたとき…

我が家の活用法をご紹介したいと思います!

  • 3178
  • 38
  • 0
  • いいね
  • クリップ

要らなくなったものはどうしてますか?

例えば、お椀は家族の人数が変われば
新しく購入したり、気分を一新したい時にも
新しくしますよね。

そんな時、捨てる前に!

子どもたちに譲ってみることにしました。

こんなアイテムが喜ばれました!

お弁当箱やキッチンタオル
スポンジやプリンのカップなども!

入れ物は特に子どもたちにも好評です。

タオルも遊びの掃除に使っています。

大人のキッチンのような収納

私たちのキッチンには実際に

包丁、まな板、調味料、スポンジ
キッチンタオル、お皿などを収納しますよね。

子どもたちのキッチンも本物の家事と
同じように遊ぶことを意識させています。

遊びの中で家事の方法を
自然と取り入れることで、
いざお母さんのお手伝いを
して欲しい時にとても効果的です!

あ、あと子どもたちには
「収納は入れ過ぎない」ことを
今から強く教えています(笑)

お片づけには写真ラベリング

お片づけ育児の一環として
きちんとラベリングをするようにしています。

写真を見れば説明をしなくても
お片づけが出来るので、お勧めです(^^)

終わりに

リアルなままごと遊び。

家事も楽しく出来るように
遊びとして取り入れてみるのは
いかがでしょうか。

要らないと思っていたものが
また輝き出します!

もしこれからままごとキッチンを揃えるという方にも、
リアルなキッチン道具を揃えてあげるのもいいかもしれませんね。

Instagramではリアルな暮らしの整理収納や
子育てのことなど投稿しています。

元汚部屋出身目線の投稿を書いていますので
良かったら見てみてくださいね☆

楽天ROOMでは時短アイテムや整理グッズ
収納用品など、生活に欠かせない実用的な
アイテムだけ(お洒落も少し)ご紹介しています。

  • 3178
  • 38
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!みぃと申します(^^)現在は3歳双子、5歳長女の母です。【セルフサービス収納】子供たちが自分たちで片付けられる仕組みなどの工夫をご紹介していきます⑅…

おすすめのアイデア

話題のキーワード