【トイレの水漏れ】ポールタップは自分で修理可能!交換の方法・費用・調整とは?

「トイレの水漏れ」「水が流れない」そんなトイレトラブルは、もしかしたら「ボールタップ」が原因かも。本記事では、ボールタップとは? と言った基本情報から、交換方法・費用・調整方法など詳しく解説! 簡単に行えるので、ぜひ本記事を参考にボールタップを修理してみてくださいね♪

  • 19598
  • 11
  • 0
  • いいね
  • クリップ

トイレのボールタップとはどんな物?

トイレのトラブルは一家の大問題ですよね。お風呂やキッチンの故障と違い、1日に何度も使用する重要な場所なので、可及的速やかに修理しなければいけません。

もし、流れが悪かったり、ずっと水が流れていたりというトラブルが起こったら、タンクの中にある「ボールタップ」の破損を疑ってみましょう。

給水をコントロールする大事な部品

タンクのふたを開けて上からのぞくと、真ん中あたりに「浮き球」が見えるでしょう。浮き球からつながる「支持棒」の先にあるパーツがボールタップ本体です。

ボールタップからは水道管につながる管が伸びています。正しく働けば適切な給水コントロールが行われる、タンク式水洗トイレに必要不可欠な部品といえるでしょう。

タンク内に水がたまる仕組み

水洗レバーからタンク内に伸びる棒の先には、チェーンにつながれたゴムフロートがあります。レバーを引くとチェーンが引っ張られ、ゴムフロートの栓が抜けた排水管から水が流れていきます。

水面が下がるのと同時に浮き球の位置も移動し、支持棒の角度が変わることで、ボールタップに付いているピストンバルブが開くのです。

すると、せき止められていた水が手洗い管を通ってタンク内に流れ込みます。レバーが戻ると同時にゴムフロートが排水管に再び栓をしているので、新たな水がタンク内に補充されます。

水面が元に戻ると浮き球および支持棒の位置が戻り、バルブが閉まって給水が終わるのです。これが、水を流したときにタンク内で起きている一連の流れです。

ボールタップが原因で起こるトラブル例

先述したように、給水はボールタップがコントロールしています。すなわち、給水に関するトラブルは、ボールタップが原因であることが多いといえるでしょう。

水が出ない

「水洗レバーを引いてトイレは流れたのに、手洗い管から水が出てこない」こうしたトラブルの原因として、「浮き球が下がらない」もしくは「ボールタップの弁の汚れ」が考えられます。

浮き球がタンクのどこかに引っかかっている場合、支持棒がなんらかの原因で曲がってしまったのかもしれません。ボールタップから支持棒ごと浮き球を外し、ペンチなどで支持棒を戻してやるとよいでしょう。

ボールタップの弁が汚れている場合、やすりなどを使用して汚れを落とす必要があります。タンク側のネジを回してボールタップを取り外し、ピストンバルブなど動きの悪い部分のお手入れをしましょう。

水が止まらない

「ずっと水がチョロチョロ流れ続けている」という場合も、大きく2パターンの原因が考えられます。タンク内の水位が高ければゴムフロートがきちんと排水管の栓になっているか確認しましょう。

ゴムフロートに問題がなく水位が高い場合は、ボールタップの破損が考えられます。浮き球が持ち上がり、支持棒も上がっているのに水が止まらないのであれば、ボールタップの交換が必要です。

自分でボールタップを交換する場合

ボールタップの交換自体は、それほど難しい作業ではありません。自分で交換できれば、経費はボールタップ分だけで済むので安上がりですね。まずは、交換の手順を確認しましょう。

ボールタップの価格

ボールタップは、ホームセンターだけではなく、インターネット通販サイトなどでも販売されています。また、トイレのメーカーサイトに相談すれば、適切な部品を購入できるでしょう。

ボールタップの価格は、だいたい「2,000~5,000円」くらいです。必ず購入前にトイレの「品番」を確認し、適応するボールタップを選ぶことが重要です。

部品交換に必要な道具

ボールタップの交換に必要な道具は以下の通りです。

●新しいボールタップ
●マイナスドライバー
●モンキーレンチ
●ゴム手袋

もし、工具を持っていない場合は、ボールタップと一緒に工具も購入しておきましょう。マイナスドライバーは600円前後、モンキーレンチは1,000円前後で購入できます。

ゴム手袋は無くても問題ありませんが、気になる人は用意しておくとよいでしょう。ツルツルのビニール手袋よりも、力の入れやすいゴム手袋の方がおすすめです。

交換方法

まずは、ドライバーを使って止水栓をしっかり締めておきましょう。水を止めたら、タンクのふたを開けます。ふたが手洗い管とつながっているタイプなら、レンチを使い、ナットをゆるめて外しましょう。

水洗レバーを引き、タンク内の水を抜いておきます。排水後、ボールタップを支えながら、タンク外側のボールタップを接続する二つのナットを回してゆるめましょう。

ボールタップを内側へ向かって引き抜き、新しいボールタップを付けてナットを締めます。ふたを戻し止水栓を開けたら、交換作業は終了です!

自分でボールタップを調整する場合

ボールタップの水量調整は、交換に比べるとはるかに簡単です。複雑な作業が苦手な人でもすぐにできるので、水量を調整している部分を覚えてしまいましょう。

調整弁を回すと水位調整ができる

「水が流れはするけど水量が多い、もしくは少ない」というときは、適量の水が補充されるようにボールタップを調整する必要があります。

水量をコントロールしているのは、正面から見たときボールタップ本体のすぐ下に付いているネジのような部品です。触ってみると、ペットボトルキャップのように細かくギザギザしています。

これが「水位調整リング」と呼ばれる部品で、その名の通り水位の調整を行っているのです。

水位の調整方法

適切な水位とは、「オーバーフロー管」に書かれている標準水位ラインを目安にします。「WL」などと書かれていることもあるでしょう。

オーバーフロー管とは、ゴムフロートにくっ付いているやや太めの管のことです。ラインを超えているかどうかで、水量をどう調整したらよいのか判断しましょう。

調整するためには、水位調整リングを時計回り、もしくは反時計回りに回します。リングが動かなければ、いったん引き上げてから回してみましょう。

水を流し、標準水位ラインまで水がたまることを確認したら、ふたを閉めて作業完了です。

水漏れなどの修理はプロに依頼するのが安心

はっきりと原因が見て取れる場合は、水位の調整やボールタップの交換など自分で対処してもよいのですが、よく分からなければプロを頼ることも考えましょう。

素人はトラブルを拡大してしまう可能性も

素人では見極められない不具合もあります。「交換したものの、うまく動作しない」「おかしなところから水漏れが」など、次から次へとトラブルが発生することも少なくありません。

最初からプロに頼んだ方が安くついたという結果にならないよう、トイレの修理は慎重に行いましょう。自分の手に負えなさそうだと感じたら、早めにプロに相談するとよいでしょう。

業者に依頼した場合の費用目安

トイレトラブルの費用は、業者によって幅があります。2019年7月現在、安いところで2,000円前後から対応してもらえます。5,000円前後のところも多く、高いところで8,400円からという価格設定が多いです。

対応スピードの早さや、アフターフォローの細やかさなど、業者によって特色があるため、予算に応じて選ぶとよいでしょう。

ボールタップのトラブル対処は慎重に

ボールタップとは、トイレのタンク内にある給水をコントロールする部品で、ここに不具合が起こると水が流れないなどのトラブルが起こります。

自分で交換できそうであれば、ホームセンターやインターネット通販を利用して必要な道具をそろえましょう。不具合が起きている箇所がよく分からなければ、無理をせずプロに相談することをおすすめします。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し♪
2.太陽光発電の簡単相談

  • 19598
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード