庭・ガーデニングのリフォーム費用相場

庭・ガーデニングリフォームの費用相場をご紹介しています。芝生の貼り付けや砂利を入れる工事、コンクリート整備、庭全体の造園、ウッドデッキやサンルームの設置など、庭・ガーデニングに関わるリフォームの料金がリフォーム実例からわかります。事前に庭リフォームの相場を確認して、適正価格で庭・ガーデニングのリフォームをしましょう。

  • 6005
  • 11
  • いいね
  • クリップ

庭・ガーデニングリフォームの中心となる価格帯

庭・ガーデニングの中心になる価格帯は、数万~100万円と幅広いです。
コンクリートでの整地・整備や、砂利の敷き詰め、芝生貼り付けは、一般的な庭の広さであれば50万円を超えることはありません。

坪庭など小規模な庭の造園や、リビングに続くスペースにウッドデッキを設置する場合などは50〜100万円の予算を考えておけば大丈夫です。

ただし、広い面積で荒れ放題の庭を整備する場合などは100万円を超える場合もあるので、予算はゆとりを持って考えておきましょう。

なお、家の周り全体のイメージを崩さないためにも、門扉やアプローチも設置する場合は、同じタイミングで工事をしてしまうのがおすすめです。

ここからは、価格帯別に一般的な庭・ガーデニングリフォームの工事にかかるおおよその金額を見ていきましょう。
この金額には、芝生・砂利・タイルなどの材料費、工事費用、諸経費を含みます。

50万円未満でできる庭・ガーデニングリフォーム

庭の簡単なお手入れ、砂利の追加といった定期的なメンテナンスであれば、50万円未満の費用で実施できます。
また、小さめのウッドデッキ設置であれば、50万円以内で施工可能な場合もあります。

庭に砂利を敷く場合の注意点・費用(平米単価)

庭に砂利を敷くと、雑草対策にもなり、歩いた時に音がするので、防犯の目的で敷くこともあります。
その場合には、音の出やすいものを選びましょう。
自家用車が通る場所にも砂利を敷く場合は、年数によるへこみや石が削れて小さくなった際のメンテナンスとして、いずれは砂利を追加することも視野に入れ、あまり高くない砂利を選ぶことをおすすめします。

なお、砂利を敷く際には、土に直接敷くのは避けましょう。
一般的には、土を平らにする転圧作業のうえ、防草シートを敷いて、砂利を入れます。
全体の費用は、砂利を敷く際の整地作業もあわせて3,000〜9,000円/㎡ほどが相場です。

芝生貼りの費用(平米単価)

芝生は、ホームセンターで芝生マットを購入してセルフリフォームすることも可能ですが、広い面積の場合は設置が大変ですし、芝生の貼り方によっては庭の土が流れやすくなることもあるので、慣れているプロの方に相談すると良いでしょう。

通常の芝であれば、1㎡あたり2,000円前後で購入ができます。
作業費用は、お庭の状態にもよりますが、1㎡あたり3,000〜5,000円が目安です。
また、芝生貼り付けの前には庭の石や雑草を取り除く整地作業が必要になります。
あまりに荒れ果てた庭ですと、整地作業代が高くなることもあるので、事前に庭を見てもらって見積書の作成を依頼しましょう。

50万円未満の庭・ガーデニングリフォームの事例

50〜100万円でできる庭・ガーデニングリフォーム

小規模な庭全体の造作や、ウッドデッキ・サンルームの設置などがこの価格帯です。

ウッドデッキの設置費用(平米単価)

ウッドデッキは、広さにもよりますが、テーブルやチェアを置いて、天気の良い日にはのんびりくつろぐことができます。
ウッドデッキの材料は天然木と人工樹脂製の2種類がありますが、耐久性とデザインの両面を重視しながら選びましょう。

天然木は自然な風合いが魅力ですが、雨ざらしになる場所なので、耐水性・耐久性に優れた木を選ぶ必要があります。
一方で、人工木は風合いは期待できませんが、雨や汚れに強く、メンテナンスの手間も気になりません。
施工費用は1㎡あたり1〜3万円が目安です。

ただし、庭に降りられるような階段や手すりを設置する場合は、別途2〜5万円程度かかります。なお、この費用はウッドデッキの面積や階段の段数によって変わります。

50〜100万円の庭・ガーデニングリフォームの事例

100万円以上でできる庭・ガーデニングリフォーム

大規模な庭のリフォームをする場合の費用です。
複雑な造園や日本庭園、門扉やアプローチなどのエクステリア部分を含む庭全体の工事になると100万円を超えることがあります。

100万円以上の庭・ガーデニングリフォームの事例

庭・ガーデニングリフォームのポイント

庭・ガーデニングリフォームの内容は、庭の広さや、どのような庭にしたいかで大きく異なります。
住居の周りには主庭・前庭・坪庭/中庭・裏庭といった場所があるので、どこにどういった庭をつくるかを考えること(ゾーニング・空間配置)から始めましょう。

その際に、観賞用/くつろぐスペース/趣味を楽しむ、など、お庭をどのような空間にしたいかコンセプトを決めておくと、計画を進めやすいです。
ガーデニングが趣味の場合は、花壇やプランターなどを置ける場所を多く設けたり、土・肥料・スコップといったガーデニング用品置き場をつくると良いでしょう。

また、庭の手入れをあまりしたくない場合にはタイルや砂利を敷き詰めてしまうのがおすすめです。
ライフスタイルや住宅の雰囲気にあわせた庭を設計しましょう。

デザイン性も重要ですが、花や木の植物を植える場合は、定期的なメンテナンス・お手入れが必要になるので、その手間がなるべく少ない方法を選びましょう。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 6005
  • 11
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

リフォーム会社

リショップナビは厳格な加盟審査を通過した優良リフォーム会社を無料でご紹介するサービスです。ご希望に合う複数のリフォーム会社から見積もりをとって、納得のリフォーム…

おすすめのアイデア

話題のキーワード