【2020】ホームシアタースピーカーおすすめ10選|ch別に紹介

自宅で大画面の映像を楽しめるホームシアターは映画好きの憧れですよね。もし、ホームシアターを自宅に完備しようと考えている方は、音響にもこだわってみてはいかがですか? 大迫力の音響設備が整っていてれば、自宅で映画館のような臨場感を味わうことができます。ホームシアター用のスピーカーは『SONY(ソニー)』や『BOSE(ボーズ)』、『ヤマハ』など人気メーカーからさまざまなタイプの商品が販売されています。

しかし、音は目に見えないので、どの商品を買えばいいのかわかりづらいですよね。そこで、LIMIAが選ぶおすすめ商品を10点紹介します。ch数別に商品をまとめているので、ホームシアタースピーカーをお探しの方はぜひ参考にしてください。

  • 16363
  • 77
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ホームシアタースピーカーの選び方

まず、ホームシアタースピーカーを選ぶ上でのポイントを紹介します。

自宅環境や用途にあったホームシアタースピーカーを見つけて、大満足の製品を選んでくださいね

ホームシアタースピーカーの種類を選ぶ

ホームシアタースピーカーの形状にはいくつか種類があります。

形状によって特徴が異なるので、まずはどのタイプのものが自分にあっているか確認してください

・サウンドバータイプ

近年流行しているのがサウンドバータイプです。

細長い箱型の形状で、内部にスピーカーやウーファー(低音専用のスピーカー)を内蔵しています。ほかの種類に比べ、サイズがコンパクトで、面倒な配線もこれひとつに接続すれば済むので、お手軽に導入したい方におすすめ。

また、壁に音を反射させて臨場感を演出するタイプのため、小スペースをホームシアターにする方におすすめの種類です

・セパレートタイプ

スピーカーやウーファーが分かれている形状タイプ。

それぞれを適切な場所に配置する必要があるので、導入の際はセットする位置や置ける場所を入念に検討しておく必要がありますが、複数の方向から音を出せるため、その分、ホームシアターとしての臨場感は増します

スペースに余裕のある方や、配置する手間を惜しまない方におすすめのタイプです。

視聴環境にあったチャンネル数を選ぶ

続いて、ch数ごとのサウンドの特徴を紹介します。スピーカー商品によく表示されている「ch(チャンネル)」とは、スピーカーとウーファーの数のこと

chが多くなるほど、スピーカーの数が増え、臨場感が増していくため、音にこだわる方はch数の多いものを選ぶのがおすすめです。

・2.1ch

2.1chは、画面前方に配置するスピーカー2つと、ウーファー用のスピーカーの3点から構成されるサウンドシステム。

ほかのチャンネル数のタイプと比べて価格の安さが特徴で、スピーカー数が少ないので置き場所にも困らないでしょう。6畳程度のワンルームなら、2.1chで十分でしょう。

ただ、最新の音声方式「Dolby Digital PLUS」に未対応の機器もあるので、しっかりチェックしましょう。

・5.1ch

前方と後方に2つずつ配置して、さらにセンターにもスピーカーとウーファーがついたものが加わる5.1chは、より臨場感あふれる音が楽しめるサウンドシステムです

視聴スペースを囲むように配置するので、視聴距離を考慮した上で、8畳程度の広さにぴったりでしょう。

・5.1ch

7.1chは5.1chの配置にさらに、サラウンドバックという視聴場所の後ろにてもスピーカーを置くので、360度音で囲まれるような圧倒的なサウンド感を楽しめるでしょう

ただ、視聴スペースの広さが8畳〜12畳程度の広さがないと、機能的なスペースを確保するのが難しいでしょう。

AVアンプの対応で選ぶ

ホームシアターの環境を整える上で、AVアンプが音と映像を繋げる大切な機器となります。音量や音質をコントロールできるAVアンプは、スピーカーとセットで購入を検討したほうがいいでしょう。

とくに、通常のAVアンプは5.1chまでは対応しているものが多いのですが、7.1ch以上になると未対応の製品も多くあります。少しずつスピーカーを増やして、サラウンドシステムの拡張を考えている場合は、5.1ch以上も対応できるか確認しておきましょう。

また、AVアンプによっては自動音場補正機能という、空間にあわせて音を自動でデザインしてくれる機能がついた製品もあるので、その点もチェックしてみてください。

ワイヤレスタイプなら配線もラクラク

スピーカーを設置する際に悩ましいのが、配線の問題です。スピーカーそれぞれにコードが必要な場合、スピーカーが増える分だけ配線も増えてしまい、整理整頓がむずかしくなります。

そういった配線の問題を解決してくれるのが、「Bluetooth対応」のスピーカーです。ワイヤレスでつなぐことができるため、配線コードの整理が必要ありません。テレビやスピーカーの周辺をすっきりさせたい方は、Bluetooth対応のものがおすすめです。

サラウンドの種類で選ぶ

サラウンドの種類によって聞こえ方がことなるので、確認が必要です。画面の前に設置する2.1chタイプのものは、フロントサラウンドと呼ばれ、簡易的なサラウンドなので立体感に乏しいでしょう

本格的なサラウンドを求めるなら、360度にスピーカーを配置するリアルサラウンドがおすすめです

音質重視なら5.1ch以上のリアルサラウンドを、値段重視なら2.1chのフロンドサウンドと覚えておいてください。

【ch別】ホームシアタースピーカーおすすめ10選

ここからはおすすめのホームシアタースピーカーを紹介します。2.1ch、5.1ch、7.1chのch数別にまとめています。ホームシアタースピーカーをお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

【2.1ch】ホームシアタースピーカー

スピーカーの数が少ない分、リーズナブルな価格で購入ができ、スペースも取りにくい2.1chのホームシアタースピーカー

はじめてホームシアター用のスピーカーを購入する方におすすめのch数です。

ソニー
サウンドバー HT-CT380
30,000円(税込)
Amazonで詳細を見る¥30,000(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥23,980(税込)
スリムで配置がしやすい
さまざまな高性能スピーカーを手掛ける『SONY(ソニー)』のホームシアタースピーカー。サウンドバータイプの商品ですが、プラスでサブウーファーが付属しています。また、Bluetoothに対応しているので、スマートフォンの音楽もワイヤレスで楽しめるのも魅力の一つ。スリムなサウンドバーと縦置、横置どちらも可能なサブウーファーは、インテリアに合わせて配置がしやすいものポイントです。
タイプ
サウンドバー
ch数
2.1ch
サラウンド
ワイヤレス接続
オンキヨー
BASE-V60(B)2.1chシネマパッケージ
53,800円(税込)
\今日はポイント5倍デー/
楽天市場で詳細を見る¥63,230(税込) Amazonで詳細を見る¥53,800(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥53,300(税込)
立体感のあるサウンドを味わえる
高品質スピーカー『ONKYO(オンキヨー)』から販売されているホームシアタースピーカー。セパレートタイプになっており、複数のスピーカーから音を出力するため、立体感のあるサウンドを味わえるのが魅力です。4K映像やハイレゾ音源にも対応しているため、ハイクオリティなホームシアターを作りたいという方におすすめ。スピーカーはフロントサラウンドタイプですが、バーチャルサラウンド機能がついているので、より高い臨場感を味わえるのもポイントです。
タイプ
セパレート
ch数
2.1
サラウンド
バーチャルサラウンド
ワイヤレス接続
×
パナソニック
ホームシアターオーディオシステム SC-HTB900
76,800円(税込)
5
5 Stars
1件)
\今日はポイント5倍デー/
楽天市場で詳細を見る¥84,480(税込) Amazonで詳細を見る¥76,800(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥84,480(税込)
スマホから音楽を流すのにも最適
おしゃれで高性能なスピーカーを多く扱う『panasonic(パナソニック)』のホームシアタースピーカー。サウンドバータイプなので、コンパクトなスペースでの利用に適しています。上下の立体的な移動感も表現できる3Dサラウンドとなっているので、立体的な音像を体感できるのが魅力の一つ。また、Bluetoothにも対応しているため、スマホの音楽も手軽に楽しみたいひとにもおすすめです。
タイプ
サウンドバー
ch数
2.1ch
サラウンド
バーチャルサラウンド
ワイヤレス接続
ソニー
サウンドバー HT-S350
27,790円(税込)
4.3
4.3 Stars
4件)
\今日はポイント5倍デー/
楽天市場で詳細を見る¥27,790(税込) Amazonで詳細を見る¥27,791(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥27,790(税込)
臨場感あふれるサウンドを楽しめる
高性能なスピーカー揃いの『SONY(ソニー)』のアンプとスピーカーが一体となったホームシアタースピーカー。スピーカーだけで臨場感豊かなサラウンドを実現する「S-Force PROフロントサラウンドが搭載されているため、フロントスピーカーだけで仮想的なサラウンドを楽しめるのが魅力です。また、壁からの反射音を利用しないため、部屋の形状に影響を受けづらいのも嬉しいポイント。
タイプ
サウンドバー
タイプ
サウンドバー
ch数
2.1ch
サラウンド
バーチャルサラウンド
ワイヤレス接続

【5.1ch】ホームシアタースピーカー

5.1chのホームシアタースピーカーは、2.1chよりもスピーカーの数が多く、立体的な音を出すことに優れているため、本格派志向の方におすすめ

『BOSE(ボーズ)』や『ヤマハ』など、さまざまなメーカーの商品をまとめました。

BOSE
Bose Surround Speakers
38,500円(税込)
5
5 Stars
3件)
\今日はポイント5倍デー/
楽天市場で詳細を見る¥38,500(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥38,500(税込)
自宅が一瞬で映画館に
重低音と大音量再生に強い『BOSE(ボーズ)』から販売されているホームシアタースピーカーです。インテリアに溶け込みやすいスタイリッシュなデザインが特徴。きめ細かくパワフルな音質が魅力の製品で、まるで映画館にいるようなサラウンドを味わうことができます。カーチェイスや爆発の音などの臨場感をより高めたい方におすすめ。
タイプ
セパレート
ch数
5.1ch
サラウンド
リアルサラウンド
ワイヤレス接続
ヤマハ
スピーカーパッケージ NS-PA41
39,410円(税込)
\今日はポイント5倍デー/
楽天市場で詳細を見る¥39,410(税込) Amazonで詳細を見る¥31,591(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥39,410(税込)
クリアな重低音に包まれる
クリアなサウンドでが楽しめると人気の『ヤマハ』から販売されているホームサウンドスピーカー。縦型のスピーカーもあるため、より臨場感の高いスピーカー配置ができるのが魅力です。重低音再生を可能にする『ヤマハ』の独創技術「A-YST」によって、スピード感のあるクリアな重低音を再生させることが可能に。リーズナブルな値段のため、価格重視の方におすすめの製品です。
タイプ
セパレート
ch数
5.1ch
サラウンド
リアルサラウンド
ワイヤレス接続
パイオニア
5.1chサラウンドシステム HTP-S767
27,480円(税込)
Amazonで詳細を見る¥27,480(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥39,800(税込)
映画館にいるような気持ちになれる
安定した音質を楽しめる『Pioneer(パイオニア)』から販売されているホームシアタースピーカー。スピーカーが複数に分かれているため、より臨場感のある音を演出できるのが魅力です。また、DTS‐HDやドルビーTrueHDといった多彩なフォーマットに対応していることもポイント。まるで映画館にいるかのようなサウンドを楽しめます。
タイプ
セパレート
ch数
5.1ch
サラウンド
リアルサラウンド
ワイヤレス接続
×
ヤマハ
サウンドバー YAS-109
24,180円(税込)
4.1
4.1 Stars
54件)
\今日はポイント5倍デー/
楽天市場で詳細を見る¥24,250(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥23,748(税込)
バーチャル3Dサラウンドで音に包まれる感覚を味わえる
スタイリッシュなデザインのスピーカーが多い『ヤマハ』のホームシアタースピーカー。バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しているため、前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場もバーチャルで再現することができ、全身が音に包まれる臨場感を味わえます。また、Alexaが内蔵されているため、ボイルコントロールが可能に。音声だけで簡単に操作ができて便利なところも魅力の一つです。
タイプ
サウンドバー
ch数
5.1ch
サラウンド
バーチャルサラウンド
ワイヤレス接続

【7.1ch】ホームシアタースピーカー

7.1chのホームシアタースピーカーは、より臨場感のあるサウンドを体験したいという方におすすめです

それなりにスペースを必要とすることが多いため、初心者の方には導入のハードルが高めですが、その分高い満足度を得ることができますよ。

ヤマハ
デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700
98,500円(税込)
5
5 Stars
1件)
\今日はポイント5倍デー/
楽天市場で詳細を見る¥104,030(税込) Amazonで詳細を見る¥98,500(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥98,000(税込)
大迫力のサウンド
バランスが良く質の高いスピーカーを多く扱う『ヤマハ』のホームシアタースピーカー。スリムなサウンドバーが1つと、ワイヤレスのサブウーファーがひとつ付属しています。少ないパーツ数で大迫力のサウンドを再現してくれるため、省スペースかつ高性能な7.1chスピーカーをお探しの方におすすめ。4K映像に対応していることもうれしいポイントです。
タイプ
サウンドバー
ch数
7.1ch
サラウンド
バーチャルサラウンド
ワイヤレス接続
ソニー
サウンドバー HT-ST5000
159,818円(税込)
5
5 Stars
2件)
\今日はポイント5倍デー/
楽天市場で詳細を見る¥174,180(税込) Amazonで詳細を見る¥159,818(税込) Yahoo!ショッピングで詳細を見る¥133,180(税込)
天井に音と反響させるイネーブルドスピーカーが搭載
高品質なスピーカー揃いの『SONY(ソニー)』から販売されているホームサウンドスピーカーです。天井に音と反響させるイネーブルドスピーカーが搭載されているため、頭上からも音を届けることが可能。3Dで音を楽しむことができるのが魅力の一つです。また、ハイレゾ音源にも対応しているため、ハイクオリティなサウンドを堪能できるのもポイント。
タイプ
サウンドバー
ch数
7.1ch
サラウンド
バーチャルサラウンド
ワイヤレス接続

ホームシアタースピーカー比較表一覧

商品画像
ソニー
オンキヨー
パナソニック
ソニー
BOSE
ヤマハ
パイオニア
ヤマハ
ヤマハ
ソニー
商品名
サウンドバー HT-CT380
BASE-V60(B)2.1chシネマパッケージ
ホームシアターオーディオシステム SC-HTB900
サウンドバー HT-S350
Bose Surround Speakers
スピーカーパッケージ NS-PA41
5.1chサラウンドシステム HTP-S767
サウンドバー YAS-109
デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700
サウンドバー HT-ST5000
特徴
スリムで配置がしやすい
立体感のあるサウンドを味わえる
スマホから音楽を流すのにも最適
臨場感あふれるサウンドを楽しめる
自宅が一瞬で映画館に
クリアな重低音に包まれる
映画館にいるような気持ちになれる
バーチャル3Dサラウンドで音に包まれる感覚を味わえる
大迫力のサウンド
天井に音と反響させるイネーブルドスピーカーが搭載
最安値
30,000
送料要確認
詳細を見る
63,230
送料無料
詳細を見る
84,480
送料無料
詳細を見る
27,790
送料無料
詳細を見る
38,500
送料無料
詳細を見る
39,410
送料無料
詳細を見る
27,480
送料要確認
詳細を見る
24,250
送料無料
詳細を見る
104,030
送料無料
詳細を見る
174,180
送料無料
詳細を見る
ch数
2.1ch
2.1
2.1ch
2.1ch
5.1ch
5.1ch
5.1ch
5.1ch
7.1ch
7.1ch
サラウンド
バーチャルサラウンド
バーチャルサラウンド
バーチャルサラウンド
リアルサラウンド
リアルサラウンド
リアルサラウンド
バーチャルサラウンド
バーチャルサラウンド
バーチャルサラウンド
ワイヤレス接続
×
×
商品リンク Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る 楽天市場で見る Amazonで見る Yahoo!で見る

ホームシアター用のプロジェクターもあわせてチェック

せっかくホームシアター用に音響設備を整えたら、テレビではなく、プロジェクターを使った大画面スクリーンを活用したいですよね。

音響の迫力に見合った映像で見れば、映画館のような体験に近づけるはず。こちらの記事では、おすすめの家庭用プロジェクターを紹介しています。合わせて参考にしてくださいね。

▼おすすめの家庭用プロジェクターを知りたい方はコチラ

パソコン用のスピーカーでも高音質を楽しもう

ホームシアターとは別に、パソコン用の高音質なスピーカーを探している方も多いのではないでしょうか? 

パソコンでちょっとした映像編集や整音作業をする方は、パソコン用に手ごろなスピーカーがあると重宝しますよね。パソコンでの作業が多い方は要チェック。

▼おすすめのパソコン用スピーカーを知りたい方はコチラ

ホームシアタースピーカーの配置も大切!

スピーカーを設置する際に必要なスペースや場所は、商品によって異なります。配置する予定の部屋や空間に合わせて、商品を選びましょう。

後方にスピーカーを置かなくてはいけない、テレビの左右にスピーカーを置くスペースが必要など、あらかじめ設置方法や必要な場所を確認しておくことで、スムーズにスピーカーが導入できます。

ちなみに、セパレートタイプのスピーカーを設置する場合は、視聴場所に対して円を囲むように設置するのがおすすめです。また、スピーカーの設置高さを統一すると、より調和のとれたバランス感で音を体験できますよ。

※画像は全てイメージです。
※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2020年09月)に基づいたものです。
※本サイト上で表示されるコンテンツの一部は、アマゾンジャパン合同会社またはその関連会社により提供されたものです。これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。

  • 16363
  • 77
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード