密かに人気の100円靴カバーって何!?開発者に聞いてみた!

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“すみ”です。 みなさんは「靴カバー」という商品をご存知ですか? 実はこれ、発売してしばらく経った頃からじわじわと売れ始め、今や人気商品となった隠...

  • 8533
  • 47
  • いいね
  • クリップ

100円ショップFLET’S(フレッツ)・百圓領事館が運営する『100円のチカラ』レポーターの“すみ”です。

みなさんは「靴カバー」という商品をご存知ですか?
実はこれ、発売してしばらく経った頃からじわじわと売れ始め、今や人気商品となった隠れた名品!

今回は、FLET’S(フレッツ)・百圓領事館で靴カバーの商品開発を担当した、バイヤーの須藤さんに開発秘話を聞いちゃいました!

100均で買える「靴カバー」とは?

・使い捨て くつカバー (6枚入3足組)

雨や水溜りから守ってくれる靴のカバー、それが靴カバーです!
靴を履いた上に装着します。

足や靴の雨合羽みたいなものでしょうか?

適応靴サイズは22〜27cm。

男女兼用のサイズ設定は嬉しいですね。

装着部分にはゴムが入っており、最大40cm程まで伸びます。

早速履いてみましょう!

ブーツ

23cmのブーツを履いての装着。

装着部分のゴムはしっかりしていて、落ちてくることはありません。
かといってキツくもないので装着感は◎

またビニールの厚さが絶妙だと思いました!
23cmの靴だとビニールが余りますが、ビニールが厚すぎないので歩く時に気になりません。

ハイヒール

厚すぎないのはわかったけど、耐久性は大丈夫?

ということで7cmヒールを履いた状態で装着!
結構細めのヒールですが、平らなコンクリートを5分ほど歩いても破れることはありませんでした。

また、すみが個人的に気になっていた歩行時にビニールが滑るのでは…という点も、実際に歩いてみると滑らずしっかり歩けます。
あえて床に滑らせた感触ではツルツルというよりもヌルヌルとした滑り方だったので、急にズルッと転ぶこともあまりなさそうです♪

この状態で装着口より下にシャワーをかけてみます。
水が入り込むこともなく、中の靴をしっかりガードしていました。

通勤用革靴

27cmの男性用革靴につけるとこんな感じ。

裏はこうなっています。
サイズがぴったりだと、より歩きやすそうです!

な、なんか思ってたよりも使い勝手が良さそう…!

1つバッグに忍ばせておけば安心ですよね。
何より100円で6枚(3足組)入りなのが嬉しいです!

ここまで見てきて靴カバーに興味を持ったみなさん。
ここからはバイヤー須藤さんに、靴カバーがどうやってできたのか、また意外な使い方などを聞いていきましょう!

開発者に聞く!靴カバーQ & Aと開発秘話♪

Q. みなさんどの時期に靴カバーを買っていくんでしょう?

A. (以下Aは全て須藤さん)
靴カバーは一年を通してコンスタントに売れているのですが、4〜6、8〜9月によく売れます。特に6月の梅雨の時期はみなさんよく買っていかれますね。

Q.どんな方に人気がありますか?

A. 実は色んな層の方にご購入いただいています。
コンスタントに売れている事からもわかるように、みなさん雨よけだけではなく様々な使い方をされているようです。

Q.様々な使い方とは?

A.

・学校行事でのスリッパ代わりや靴入れとして 
・靴収納(シューズケース代わり)として
・ベランダやお風呂などの水場での掃除
・洗車する時
・泥がついたままの靴で車に乗りたくない時
・汚れている床での作業時

など、雨よけ以外でも活躍しているようです。きっとこれ以外も使い方があると思います。
土足厳禁の場所に入る時に便利ですし、汚れた床で作業しなくてはいけない方など、業務用で使われる方もいるようです。

Q. 使う時の注意点はありますか?

A. 装着して走らないように、ということですかね…走ると破れてしまう可能性もあるので。

Q. どのような経緯で開発に至ったのでしょう?

A. もともとは年配の方、主婦の方向けに開発しました。
自転車に乗っている時に濡れるのをなんとかできないかなと…。
製造メーカーさんの方も丁度そういう物を作りたかったみたいで。雑談の中で、雨具では隠れない足や靴の部分をカバーできるものがあればいいですねというお話になったんです。それが2014年の秋くらいで、そこからはあっという間に話が決まっていきました。

似たような用途の商品はありましたが、使い捨てではない高額タイプだったので、これが100円になればと思いました。

Q. なるほど…開発中に苦労された事はなんですか?

A. 開発中は試行錯誤しました…。縫い合わせの問題や、厚みでも悩みました。
薄ければ枚数は多く入れられますが、破れやすくなってしまうので。
それよりかは破れにくいもので出来る限りの枚数を入れられればと思いましたね。

強度に関しては、実際に履いてグッと負荷を加えてみたり引っ張ってみたりと、色々試しました。
ビニールは3種類の厚み候補があったのですが、強度や動きやすさ、3足組で提供できるという点で今の物に決定しました。
僕達の中ではすごいヒットを狙うというよりも、必要としている層に届けばいいな、やってみようという気持ちで作っていました。

Q. それが思わぬヒットに繋がった…という感じでしょうか?

A. そうですね。2015年に発売した当時はそんなに売れなかったんです。
ところが2年後の2017年ごろから売れていきました。雨よけだけでなく、色んな場面で活用できるのが大きかったんだと思います。

バッグに常備したくなる

須藤さん、ありがとうございました!
色々応用がきいちゃう靴カバー。すみも早速バッグの中に忍ばせておきました。
オススメなのでみなさんもぜひ使ってみてくださいね♪

また靴カバーのような、便利な使い捨ての商品は他にもあるとのこと…そちらのご紹介はまたの機会に♡

★須藤さんに聞いてみたシリーズ

今回の商品は…

・使い捨て くつカバー (6枚入3足組)  税込108円

 

  • 8533
  • 47
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

100円ショップ「FLET’S(フレッツ)」「百圓領事館」の情報サイト『100円のチカラ』から、人気の記事をお届けします。”100均を賢く使う♪お得な情報”をお…

おすすめのアイデア

話題のキーワード