無印良品&100均で!子どもが自分で片付ける3つの投げ込み収納

年齢や状況に応じて変化していく子どものおもちゃや習い事用品の収納。今回は無印良品と100均アイテムを使用します。

  • 66310
  • 606
  • いいね
  • クリップ

子どもに自分から片づけてもらう仕組みづくり

「早く片づけなさーい!」と怒るのは、怒られる子どもも嫌だろうし、怒る親も疲れますよね(笑)

なるべくそのセリフを言わなくていいように、その仕組みづくりをしてみませんか?

ポイントは、

1.出しやすく、片づけやすい、ゆとりのあるスペースを作る
2.アイテムごとに区切ったスペースを作る

入るからといって、大人がパズルのように収納してしまっては子どもには再現できません。

1ステップで、さっと片づけられるようにするのが理想です。

また、使うシーンごとやキャラクター別など、アイテムごとに区切ったスペースを作ることで、モノの帰っていく場所(収納場所)を子どもが認識しやすくなります。

では、実際に私がしている仕組みづくりを3つご紹介します。

おもちゃの外箱は捨てる!

女の子の人気のおもちゃには、○○ちゃんハウスやショップ店員になりきっておままごとを楽しめる類のものが沢山。

それぞれを外箱込みで保管しておくと、大きさがバラバラだったり、色味がゴチャゴチャしていたり…

また、紙やダンボールで出来た箱なので、遊んだりしまったりしているうちにボロボロになっていくんですよね。

それを解決したのが、

無印良品の「ポリエステル綿麻混 ソフトボックス Lハーフ」

蓋なしなので、様々な大きさのおもちゃに対応できますよ。

持ち手が付いているので、子どもでも出し入れが楽チン。違う部屋で遊ぶときにも移動が楽です。

また、一つ多めに用意して、ルール無用の「なんでもボックス」を作ってあげると、特に小さいお子様には便利になります。

チャック付き保存袋はスライダー付きがポイント!

我が家のおもちゃ収納に大活躍している、チャック付き保存袋。

おすすめは断然スライダー付きの保存袋です。

普通のチャックだけだと、年齢によっては子どもには難しいことも。

やったつもりでも、どこか開いていてそこから中身が出てきたり、「できないからママやってー」と子ども自身で完結できなかったり…

上の写真はダイソーのもの。大きさも選べてそれぞれ10枚前後入っています。

こんな風に散らばるパーツを入れておいたり、何にでも活用できる便利な保存袋収納です。

スカスカでもOK!ゆとりを持った収納

使っているのは無印良品のファイルボックス。習い事関連の物をここに収納しています。

どれほど隙間があっても他のものは入れずに、習い事別に1ボックス使用しています。

収納スペースの問題を考えるのであれば、ファイルボックスを使わずにギュッとしてしまう方がいいのですが…

ファイルボックスを使用することによって、リビング学習するときもボックスごと持ち運べるという利点があります。

そして使い終わった後は、またボックスごと棚にドンと戻すだけ。

まとめ

今回ご紹介した3つの収納の共通点は、ざっくり入れる投げ込み収納。

少し手伝ってあげることで、1歳からできる収納方法です。お子様の年齢に応じて、なるべく一人で片付ける習慣作りにおすすめですよ。

  • 66310
  • 606
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

北欧インテリアが好きな30代主婦です。夫と娘の3人暮らし。ブログ「北欧と。」にて、日々の暮らしや整理収納、北欧雑貨などについて綴っています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード