【DIYレシピ】見た目よし使ってよし♡好きな香りが楽しめるアロマストーンを作ろう!

エンチョー×womo!DIYで叶える“カワイイ”を厳選ピックアップ!
静岡県のオシャレ女子に人気の情報誌「womo」とコラボレーションして、おしゃれなオリジナルアロマストーン作りに挑戦しました。ほのかなアロマの香りが優しく広がり、お部屋を演出してくれますよ♪

  • 9572
  • 125
  • 0
  • いいね
  • クリップ

エンチョー×womo!今回は石こうとドライフラワーを使ったアロマストーンの作り方を紹介します。

アロマストーンは買うもの、と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はDIYで作れちゃうんです!

ご自身でインテリアとして楽しむのももちろんのこと、大切な方へのお祝いのプレゼントにもおすすめです。心のこもったハンドメイドのアロマストーンは世界に1つだけ。きっと喜んでもらえること間違いありません。

また、電気や火を使わず、素焼きの陶器や石こうのストーンにアロマオイルをたらして香りを楽しめるので、小さなお子さまのいるご家庭にもおすすめです。

それでは、石こうとドライフラワーを使ったアロマストーンの作り方をご紹介します♪

【とってもカンタン】作り方はこちら!

【1】石こうや水をはかる

まずは石こう、水、型になる容器を用意しましょう。容器はシリコン型が扱いやすいのでおすすめします。使いまわしができるのもポイントです。また、石こうと水をを混ぜ合わせる容器は、使い捨ての紙コップや紙皿、スプーンを使えば、面倒な洗い物がなくなるので便利です。

まず石こう100に対して85%の水を用意しましょう(例えば石こう30gの場合なら水25.5ml)。そして、使いたいドライフラワーは事前に小さく切っておきましょう。ドライフラワーの組み合わせを考えるのも楽しいですよ♪

【2】水に石こう混ぜ、色を付ける

石こうが水を吸うと約1分ほどでドロドロしてきます。触らずにじっと待ちましょう。石こうをスプーンで1〜2分混ぜたら、ヌーロを少量加えましょう。

マーブル模様になる程度にかき混ぜます。かき混ぜすぎると色同士が完全に混ざってしまうので要注意です。まぜた石こうをそのまま型に流し込み、軽く上から落として空気を抜きます。

【3】ドライフラワーで装飾する

石こうは早ければ10分程度で固まり始めてしまうので、型に流し込んだら、すぐにドライフラワーを装飾しましょう。細かいドライフラワーはピンセットを使ってオリジナルのデザインに挑戦してみてください。

【4】型から外し、石こうを整える

石こうがしっかりと固まってきたら、型からゆっくりと外し、カッターややすりで飛び出た部分を整えましょう。少しの気泡なら作品の味になることもあります。また、石こうは、まるでチョークのように簡単に削ることができるので、形の調整もすぐにできます。最後にお好みの香りのアルマオイルを垂らし、穴に麻ひもを通せば完成です! おしゃれに仕上がりました。

また、今回はマーブルカラー模様の作り方をご紹介しましたが、あえて色を混ぜずに白地にハンコを押してシンプルに仕上げてもオシャレにできますよ。

使ったアイテムはこちら!

●石こう(2kg)
●ヌーロ(70ml)
●水、紙コップ、シリコン型、アロマオイル、造花やドライフラワー、ピンセット、はかり、カッター、やすり、麻ひも など

Let's エンジョイDIY♪

いかがでしょうか。難しそうにみえるアイテムでも、実は作り方がわかっていればすぐにDIYすることができるんですよ♪

アロマストーンは、お部屋をいい香りにしたいけど、強い香りはちょっと苦手……という方におすすめです!ドライフラワーを季節によって変えてみるのも楽しさが広がりそうですね♪

今回のアロマストーンの作り方の詳細は〔womo〕×〔エンチョー〕のホームページでもご紹介しています。ぜひご覧になってみてください。

  • 9572
  • 125
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

静岡県・愛知県に26店舗展開しているホームセンター!エンチョーの公式アカウントです。DIY情報やイベント情報など楽しい情報をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード