100均の木材を使ってオシャレで便利なインテリアグッズをDIY♪

100均には優秀なDIYグッズが勢ぞろい。お手頃価格で試せるのがポイントですよね! 今回は、そんな100均の木材を使ったインテリアグッズのDIYをいくつかご紹介します。100均に売っている木材の種類はたくさんあって使用方法もいろいろ! 世界に一つだけのオリジナルグッズがお手軽&簡単に楽しみながら作りましょう♪

  • 14418
  • 214
  • 0
  • クリップ

DIYにおすすめ! 100均の工具アイテム

DIYビギナーはもちろん、ベテランDIYerも大注目の100均の木材。さまざま種類があるのが魅力ですが、何と言ってもリーズナブルというのが嬉しいですよね。そんな100均にはDIYに欠かせない工具もズラリ。wagonworksさんオススメのアイテムをご紹介しましょう!

●〔セリア〕の《15cmのミニ差し金》
木材をカットする前にカットのラインを書くのに便利なミニ差し金。ビスの位置を記すときにも小さくて使いやすいとのこと。

●〔ダイソー〕の《強力瞬間接着剤》
木材はもちろん、布や革などもすぐに接着できるスグレモノ。わざわざ縫う必要がないので、お裁縫が苦手な方にもオススメですよ。

●〔セリア〕の《多目的スタンプパッド》
木や布、プラスチックなどにスランプできるアイテム。ブラックとブラウンの2色展開も嬉しいですね。

●〔セリア〕の《金槌ミニサイズ》
手のひらにしっかりなじむため、小さな釘を打つときに使いやすいとのこと。塗料の缶の蓋をしっかりしめるときにもこれで叩くとハマるそうです!

●〔セリア〕の《持ち運びできる園芸シート》
家の中で塗装をしたり、木を切ったり、スプレーのりを使うときにも便利な園芸シート。四方をボタンでパチンととめる仕様になっています。

●〔 ダイソー〕の《ステンシル用の筆》
見つけたら必ず買うというほどwagonworksさんイチ押しのこちら。「ステンシルのしやすさはNo.1!」とのお墨付きです。太さが違う筆が4本入っているのでお得ですね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

オール100均! 簡単引き出し収納

まず紹介するのは、ノープラン生活さんによる引き出し収納のアイデアです。棚の枠に使う木材はなんと、〔ダイソー〕のガーデニングコーナーある 焼杉角柱5本と木製ウッドフェンス2つ。これらをリメイクしてシンデラフィットな収納棚をDIYしていきますよ。

まずは焼杉の杭の尖っている部分を長さを揃えてまっすぐにカットします。ガーデンフェンスにたっぷりボンドをつけて、杭を2本ペタリ。フェンスの裏にある固定用木材の両隣に、杭を合わせる感じです。

〔ダイソー〕のストレージボックスをネジで留めたら完成。ガーデンフェンスの木材が丁度左右等間隔。上部分は直接ボックスを固定していますが、残りは可動式になっているのがポイント。こうすることでボックスが落ちないくらいのぴったり幅にすることができますよ♪

▼詳しいアイデアはこちら▼

アウトドアにも大活躍なテーブルをDIY

続いてwagonworksさんのDIY作品をご紹介しましょう。使用するのはDIYで大人気の100均の「すのこ」。〔セリア〕の角材と丸棒と組み合わせて折りたためるテーブルにトライしてみましょう〜。

テーブルの脚になる角材の真ん中に印を付けてボルトとピッタリサイズの穴をドリルで開けます。2本の木材の中央にボルトを通して、反対側からナットでとめます。次に、角材の端にそれぞれ丸棒をビスで固定。極細スリムビスを使うか、下穴をあけると割れにくいとのこと。

天板になるすのこをのせますが、2枚は収まらないので、1枚だけ鋸でカットしましょう。

お好みのカラーで塗装をすれば完成! すこの下の木の内側に丸棒がハマっているのでバラして持ち歩くことも可能。完全に固定したい場合はゴムバンドやワイヤーなどで丸棒とすのこ下の木を一緒にとめてくださいね♪

▼詳しいアイデアはこちら▼

繋げてもカワイイ♡ 簡単小物収納ケース

なんともおしゃれな小物収納。こちらは〔セリア〕の《インテリアボックス》を使ったMiki Kiku78さんのアイデア。角材やインテリネームプレートと組み合わせるだけの簡単テクニックをご紹介!

角材をインテリアボックスの幅に合わせてカットして塗装。ボックスと木製角材が重なる部分に木工ボンドで接着後、クギを打ってしっかり固定させます。次に、ボックスの角の4ヶ所に、コーナー金具4Pを取り付けていきます。

取っ手アンティーク金具とネームプレートを付けて完成。個数を増やして、縦に2個繋げたり! 横に2個繋げたりすることでいろいろな表情を楽しむことができますよ。

▼詳しいアイデアはこちら▼

〔ダイソー〕商品だけで作るラダーシェルフ

小物置きに便利なラダーシェルフも100均のアイテムで簡単に作ることができちゃうんです♪ ご紹介するのはswaro109さんのアイデア。100均のガーデニングフェンスを使えばとっても簡単!

ガーデンフェンスの尖った端の部分と、天板となる〔ダイソー〕の工作用木材をガーデンフェンスと同じくらいの長さにカットします。あとはお好みのカラーで塗装をしておきます。

工作用木材同士をボンドで接着して3枚の天板を作ります。ガーデンフェンス2本を三角形に組んで頭部分をボンドで接着。ハシゴ部分に棚板もボンドで接着して完成。

100均の木材はのこぎりで簡単にカットできるので、特別な工具を使用せずにリメイクすることができます。釘も使わないので、DIY初心者にもオススメですよ。

▼詳しいアイデアはこちら▼

あったら嬉しいオシャレ調味料ケース

キッチンをおしゃれに演出してくれる調味料ケース。いざ買うとなると結構なお値段ですが、100均DIYならリーズナブルかつ、自分好みに作ることができますね。

そあらさんが〔ダイソー〕の4連調味料ケースに、〔セリア〕のカッティングボードと丸棒、板を組み合わせてシンデラフィットな調味料ケースを作っていました♪

〔セリア〕の木板を〔ダイソー〕の調味料収納ケースに合わせて2枚カットし、全体にやすりをかけて滑らかにします。

次に、〔セリア〕のカッティングボードにステンシルを入れます。ステンシルを乾かしている間に〔セリア〕の丸棒をカット。丸棒の長さは先ほど2枚カットした〔セリア〕の木板の長さ(底板、天板)とカッティングボードの板の厚み分の長さになります。木材全体をお塗装し、乾いたら次の手順で組み立てていきましょう!


①丸棒のはしにボンドをつけてカッティングボードの穴にはめこむ
②底板とカッティングボード(+丸棒)を画像の用に固定させる

天板の位置は調味料収納ケースをセッティングしてそのまま天板を固定させればOK。仕上げに底に滑り止めシートを貼ると、調味料の出し入れのときにケース自体が動かないのでオススメとのこと。ぜひ、トライしてみてくださいね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

家族みんなで使える♪ スマホ充電スタンド

スマホやモバイル機器の充電って美しない! とお嘆きの方、こんなおしゃれな充電スタンドはいかがでしょう。Yukoさんは〔セリア〕の45×15の板3枚とウォールバ1本だけでDIYしたのだとか!

木材を図面のようにカット。展開図にすることでイメージがわきますね。

ウォールバーに付いてる3角カンを外し、充電器の先が入るようにドリルで穴を開けます。あとはウォールバーに30×3の板を付け、ボンドと細い釘で組み立てていきます。ウォールバーのもう片面には30×15の板を付け、こちらもボンドと釘で留めましょう。

塗装後、サイドに横板と後ろの板もボンドと釘で留めて完成。ウォールバーを付け足したりするとことでサイズを自由に変えることができるので、スマホやタブレットの数に合わせてアレンジすることができるのも嬉しいですね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

カワイくて便利なメモ台

買い物のリストや電話番号を控えたいときなどに便利なメモ帳。でも、いざ使うとなると見つからない! なんてことよくありますよね。

そんなプチストレスを解消してくれるのがMiki Kiku78さんのアイデアです。どこに置いてあっても家のインテリアになじんで、しかも実用的な、メモ帳が実現しました!

材料はすべて100均!

・セリアの木材45×12㎝を1本
・セリアの取っ手アンティーク1個
・ダイソーの工作木材直方体1個
・ダイソーのアンティーク調目玉クリップ1個
・お好みで、フェイクグリーン1個

これらを組み立てて作っていきます。

木材を18㎝にノコギリでカットし、塗装。飾り付けは工作木材直方体にスタンプを押します。スタンプを押したら、木材の上部にキリで穴を開け、木工ボンドを付けてフェイクグリーンを接着。

木材を接着した木工ボンドがしっかり乾いたら、ドライバーで金具をネジでしっかり留めて完成。横に金具をつけて鎖でボールペンでつないでおけばペンを探す手間も省けますよ。

▼詳しいアイデアはこちら▼

オリジナルティッシュボックスカバーをDIY

DIYに大活躍の100均すのこを使ったHANDWORKS*RELAXさんのアイデアは「ティッシュボックスカバー」。少し手をかけて自分好みに作ることができるDIYの醍醐味を実感してくださいね!


まずはすのこをマイナスドライバーとハンマー使ってバラします。

そのままの形でボンドと釘で固定し、組み立てます。

蓋はベニヤ板をカット。木材すべてにワトコオイルのダークウォールナットを塗り、裏には二本板を固定してストッパーを作ります。

蓋をかぶせればできあがり! ワンポイントにプレートをつければよりブラッシュアップされますよ♪

▼詳しいアイデアはこちら▼

インテリアにマッチ♡ オシャレなペット用ご飯台

大切な家族であるペットの食事を愛情たっぷりのDIYで食事台をDIYされたMiki Kiku78さん。木材のカットなしで作ることができるのだとか!

使用する材料はすべて〔セリア〕でそろえることができますよ。

・木製角材 45×2.5×1.5cm 2P 1本
・木製角材 45×3.8×0.7cm 2P 1本
・木板 45×15cm 1P 1本
・鉄板風シートサビ加工 2枚
・インテリアフレーム 2枚

塗料はお好みのカラーを選んでくださいね。

インテリアフレームの内側と木板にインテリアシートを貼り、木工ボンドでフレームと台部分を接着します。しっかり乾いたら釘で補強をしましょう。

台になる板とインテリアフレームの部分に木製角材をはめ接着面に木工ボンドで接着していきます。インテリアフレームの外側から釘でハメた木製角材をさらに固定を。

二匹分の小皿と、お水用のカップが置ける食事台が完成。シートを変えると雰囲気もら変わるので、ご自宅のインテリアに合わせてくださいね。

▼詳しいアイデアはこちら▼

〔応用編〕糸ケース引き出し

最後にご紹介するのはMilyさんによるアンティーク風の糸ケース引き出しです。ほとんどの材料は100均でそろえたとのこと。高見え効果抜群のDIYテクニックを見ていきましょう!

材料は次の通り。

●セリア
・木板 45×9 3枚
・木製角材 1本
・プラケース 5個
・角串
・プッシュピン

●ダイソー
・角棒

●その他
・背板用のベニヤ板
・ラベル
・木工ボンド
・細ビス
・両面テープ

横になる木材をプラケースの幅のサイズより2㎜長めに縦になる木材は約2cmに切ります。角串はcmに10本をカット。引き出しの受け桟用に角串を木工ボンドで貼り付け、飾り木になる木材に黒背景に白文字を印刷した用紙を貼り付けたら枠になるように組み立てます。

木材に水性ステインを塗り、薄い木材の真ん中にボンドをつけたプッシュピンをさします。プッシュピンをつけた薄い木材を両面テープでプラケースに貼り付け引き出しを作ります。

引き出しを枠にはめたら完成。中身がほどよく見えるので、すぐに欲しいものが取り出せるのもポイントです。

▼詳しいアイデアはこちら▼

優秀すぎる100均アイテムならDIYがもっと楽しくなる!

DIY用の木材や、木製のフレーム、すのこなど100均はDIYの宝庫! アイデア次第でさまざまなアイテムを作ることができます。ご紹介したアイデアを参考に、DIYライフを手軽にリーズナブルに楽しんでみてくださいね!


LIMIAからのお知らせ

TV、雑誌、DIY人気ブロガーさんも注目!
初心者でも簡単に貼れる少し贅沢なリメイクシートなど楽しいDIY商品が勢揃い!

  • 14418
  • 214
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード