【奥さま、映画の時間です#19】ハンドメイドとDIYアイデアで勝負した「面白い」映画

手作り感があるもの、出来は少し荒いかもしれませんが、かけがえのない魅力がそこにはあります。DIYやハンドメイドに日々力を入れられる奥さま、そこには奥さまなりの、奥さまにしかできない表現がきっと詰まっているはずです。そこで今回は私、映画コンシェルジュから、低予算で作られて大ヒットしたDIY映画や、ハンドメイドの魅力がたっぷりと詰まった名作をご紹介いたします。観たことがある、という方もいらっしゃるかもしれませんが、ハンドメイドの視点から改めてみてみると、新たな発見があるかもしれませんよ。

  • 1876
  • 8
  • 0
  • クリップ

低予算で大ヒット①『ブレアウィッチ・プロジェクト』

こちらの作品は公開当初は一時期話題になりました。なぜ話題になったかというと、その低予算にあります。その制作費はなんと6万ドル、少人数で製作されながらも、全米興行収入は1億4000万ドルを記録。世界的話題を呼び、最終的には、全世界興行収入2億4050万ドルという大ヒットを記録しました。

「疑似ドキュメンタリー(モキュメンタリー)」として制作された本作はその視点と手法により大きな話題を呼びました。ホラー映画を少し敬遠しがちな方も多いかもしれませんが、綿密に練られた作品性をぜひ体感してみてください。

低予算で大ヒット②『パラノーマル・アクティビティ』

超低予算で大ヒットした作品をもう一つ。こちらの作品は先ほどご紹介した『ブレアウイッチ・プロジェクト』の四分の一、わずか1万5千ドルで制作されたヒット作品となります。

予算削減のため、ロケ地はなんと全編監督の自宅、そして出演者は監督の友人、編集は全て監督の私物のパソコンで行われた、という究極の手作り映画です。これだけなら単なる自主映画で終わるはずでしたが、世界的大ヒットとなり世界興収およそ2億ドルを記録したというのは驚きです。これぞハンドメイドの奇跡と呼んでも過言ではございません。

リアリティあふれる(というかリアリティしか残せなかった)独特の世界観に注目です。(しかし、ホラー映画というものは低予算が多いです。なぜでしょうか)

ハンドメイドこそ美しい『僕らのミライへ逆回転』

わくわくするような「ハンドメイド映画製作」の現場を見られる作品となっています。主人公が働くレンタルビデオ店では、ある日店中のビデオが映らなくなってしまいます。主人公のマイクは何を思ったのか、自分たちで映画を撮り直すことを決意し、新たに作ったリメイク版ビデオを、「スウェーデン版のリメイク」と勝手に称し次々と作品をリメイクしていきます。

チープながら、「映画が好きだから」という理由で次から次へリメイクされていく作品たち、チープでも好きなものを作るときの楽しさというものを改めて思わせてもらえる、そんなハンドメイドの楽しさが伝わる作品となっています。

最新の2018年超話題作から!『カメラを止めるな!』

最後に邦画で大きな話題を呼んだ最新作をご紹介します。今年9月現在、映画界で最も大きな話題を呼んだ低予算映画といえば、こちらの『カメラを止めるな!』です。その制作費は、わずか300万円。ハリウッド超大作の数秒にもみたない制作費でつくられ、話題が話題を呼び短観上映から全国上映へ、まさに現象を起こし大ヒットを記録しました。

さて一見ポスターだけみるとゾンビ映画に見えますが(やはり低予算映画はホラーが絡みます汗)この映画の魅力はなによりも、その手法にあります。アイデア一つあれば、予算はいらない、面白いアイデアこそ唯一無二のもの、そんなことを実感させてもらえる作品となっています。ぜひ今年のヒット作として、観ていただきたい作品です。

予算も大事ですが、それよりも作りたいと思う情熱とアイデア!

予算が潤沢にあれば面白いものはきっと作れるはず、と思いきや、意外とそうでもない、ということもあり得るのが映画の世界。例え低予算であろうとも「面白いもの」を作りたいと思う気持ちと情熱、そしてアイデアがあれば認められる例が多くみられます。DIYやハンドメイドに凝る奥さまもぜひ、ご自身のアイデア、そして情熱を忘れずに、今後もどんどん挑戦していってくださいませ。その一助として今回紹介させていただいた作品たちを観ていただけましたら私は非常に幸いでございます。

それでは、あなたが映画との出会いによって人生がより豊かになりますように、ごきげんよう。

●ライター ロックス

▼「奥さま、映画の時間です」シリーズはこちら▼

【奥さま、映画の時間です】映画で毎日の生活を彩る魅惑の作品たち【これまでの連載一覧】

奥さま、改めまして私、奥さまが映画を通して癒しのお時間を過ごしていただくために日々精進しております映画コンシェルジュでございます。奥さま、映画は観られますか? 映画はおよそ2時間かかってしまう、というご意見もあるかと思いますが、映画には人の心を動かし、そして1本の映画がその後の人生に影響を与える可能性もある不思議な魔法があります。かく言う私もその一人。それではこれまでの連載を振り返ってみましょう。私と共にめくるめく映画の旅をお楽しみください。

映画コンシェルジュ
  • 1876
  • 8
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ