コラム

「コラム」に関するアイデア一覧です。住まい・暮らしのメディアであるLIMIA(リミア)は、「コラム」についての豊富な情報を提供していきます。

  1. 子どものお道具収納について。その方法、本当に片づけやすい仕組みですか?

    子育てママの悩みのひとつが、子どものおもちゃやお絵かき・工作道具などの収納ではないかと思います。今は収納・片づけに関する本もたくさん出ていますね。わが家も以前収納本で見た方法を参考に、5歳になる娘のお道具収納を作っていました。今回それを見直す機会があり、改めて気づかされたこともあったのでご紹介します。

    mamiii
    • 37073
    • 493
  2. もしものときのために家の防災グッズを見直そう【非常食・日用品・便利アイテム】

    「もし今、地震が起きたら……」。誰もが一度は想像したことがあるのでは? 震災の多い国と言われている日本に住む以上、他人事のように考えず一人ひとりが意識して備える必要があります。今回はそんなもしものときの備えについて、我が家の防災グッズを紹介します。

    LIMIA編集部
    • 41029
    • 558
  3. 2018年のカラー「ビジョナリーミント」ってどんな色?取り入れ方などを詳しくご紹介♪

    2018年を象徴する色が発表されました。今年のカラーはズバリ、「ビジョナリーミント」! 聞き慣れない名前ですが、さまざまな思いが込められているとってもすてきな色なんです♪ どうやって取り入れるか、どうして選ばれたのか……などなど、詳しくご紹介していきます。

    LIMIA編集部
    • 208502
    • 591
  4. 引越し当日、急に引越業者さんに『この家具運べません』と言われたら?

    突然ですが、少し想像してください。 今、住んでいる家から引っ越しを決め、色々迷いながらやっとのことで新居を決めた! 複数の会社から見積もりをもらい、ここなら頼んで良いな!と思える引っ越し会社さんも見つかった。 事前に下見に来てもらい、荷物もまとめているので後は無事に引っ越しを終えるだけ! そして、待ちに待った引っ越し当日。 業者さんに荷物を見てもらっていると突然言われた衝撃の一言。 「この家具運べません。」 ・・・・・え!?!? もう、お金も払って引越しを頼んでるのに、そんなことあるわけないでしょう!? さて。 このお話を聞いて、「そんなことある訳ないでしょう〜」と思いますか? いえいえ、実は、これ実際に起きていることなんです。 【家具】にも大きく2種類あって、引越業者さんに『運んでもらえる家具』『運んでもらえない家具』に分かれます。 『運んでもらえない家具』の代表格がIKEA家具をはじめとする組立家具です。 たいていは、引越業者さんの訪問見積もり時に判明する(引越業者さんが運んでくれるか否か)のですが、引越業者の営業さんはあくまでも【運びのプロ】で合って【家具のプロ】ではありません。 見積もり時にハッキリとIKEA家具であることを判別できない場合、上記のような事態(引越し当日に家具を運んでもらえない)は発生することもあり得るのです。 今回はもしもそんな事態が発生してもあせらないでくださいという意味も込めて、不測の事態の対処法を順を追ってご説明していきたいと思います。

    FAworks
    • 15491
    • 179
  5. 【レス夫婦】「夫と何年もしてません」。夜の生活が終わった原因はこれだった!?

    「出産をしたらその気がなくなった」「夫と交わったのがいつだったか思い出せない」。夫婦のレス問題は珍しいことではありません。双方が了承済み、とくに支障がないのであればOK。でもどちらかが不満に思っていたり悩んでいるのであれば解決法は探りたいもの。そもそものレスの原因は何なのかを考えてみましょう。

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 170536
    • 233
  6. 【IKEA家具引越し難民】にならないために

    引越しシーズンも近づく時期。近年【引越し難民】と呼ばれる需要と供給のバランスが崩れたことによる問題が一種の社会現象になっています。 引っ越し自体が困難になる時期、実は、IKEA家具ユーザーにとってはさらに厳しい対応が待っています。 その問題を【IKEA家具引越し難民】問題と呼んでいます。 ちなみにIKEA家具引越し難民とは、引越し時に業者がIKEA家具を運んでくれないことによって、家具の引越しができなくなった、または家具だけが旧居に残ってしまった状態を指す言葉です。 引越業者さんの数が急に増え、引越し難民問題が片付くなんてことが難しいように、引越業者さんが急にIKEA家具の対応をしてくれるようになることも難しいく、今年もIKEA家具引越し難民が多数生まれるのでは無いかと危惧しています。 そこで、この記事では、IKEA家具をお持ちで引越しを控えられている方が、引越しの見積もり前にどんな対応をしておくべきなのかをご説明していきたいと思います。 引っ越しを考えている方の参考になれば幸いです。

    FAworks
    • 8759
    • 116
  7. ついに日本でも!Amazonブラックフライデーセール!一番お得に買う方法は?

    これまで各国で開催されてきた「Amazonブラックフライデーセール」がついに日本にやってきました! 2019年11月22日(金)9:00 から 2019年11月24日(日)23:59までのお得な期間をムダにしないために、お得に買える方法をチェックしておきましょう!

    LIMIA 暮らしのお役立ち情報部
    • 98008
    • 74
  8. 【え?野菜室はNG!?】もやしの正しい保存方法とは

    おいしくて栄養価が高く、値段もお手頃なもやしは、まさに庶民の味方といえる野菜ですよね。そんなもやしの唯一の難点は、傷みやすいこと。その傷みやすさから、せっかく安くても買いだめできない野菜でもあります。そこで今回は、もやしを美味しくいただくための保存方法をご紹介します。

    東京ガス「ウチコト」
    • 168605
    • 608
  9. entrie fan! ♯16 パリのDIYerたちが集う聖地へ行ってきた!【ヨーロッパ周遊・インテリア編2】

    Web magazineやイベント、バスツアーと さまざまな挑戦をし、ファンを増やしているエントリエ。 どんな人がファンになるの? エントリエの魅力ってなに? このコーナーではファン自身が登場し エントリエのこと、自分の生活のこと、自由に語ってもらいます!

    entrie-エントリエ-
    • 103
    • 1
  10. 組立家具メーカーの「保証」って当たり前のようで実はスゴイ事なんです!

    IKEA家具をはじめとする組立家具に関わらず完成品として届く家具も、日常使用している中で購入後一定期間を過ぎれば必ず故障や不具合が発症します。 木製の板パーツをつなぎ合わせて作られていることの多い家具は、木製パーツ同士の接続部分が常に負担を強いられています。 ベッドであれば毎晩荷重がかかりますし、収納家具であれば扉/引出を日々開閉するわけなので、その接続部分である蝶番の受け元には負担がかかっています。 そこで頼りになるのがメーカー保証。 各メーカー共に内容は異なりますが、何かしら保証をしてくれる会社がほとんどです。 しかしユーザー自身での組立を基本とする組立家具メーカーが、通常使用時の故障や不具合に対して保証するということはユーザー自身の組立に対しても責任を負うという実はスゴイ英断なんです。

    FAworks
    • 239
    • 1
  11. 段取り上手な注文住宅の建て方

    この記事では不動産営業が教える「段取り上手な注文住宅の建て方」をご紹介しています。「マイホームの夢が散った悲しさ」「住宅ローン審査時の必要書類に・・」注文住宅を建てた先輩たちの土地探しの失敗から学び取り、段取り上手になってより良い住まいと暮らしを手に入れてください。

    【不動産×建築】 原田建設奈良店
    • 160
    • 2
  12. 平均年収は410万円!30代の貯蓄額・借入金額の平均データ大発表!借入は800万円超え!?

    30代は仕事で責任のある立場になったり、その一方で転職したり、結婚や出産、マイホーム購入と、様々なライフイベントがある年代です。 社会人として働いているとやっぱり気になるのが、他人や同世代の年収や貯蓄額。 ヨムーノでは、公表されている統計データを元に算出しています。

    ヨムーノ
    • 277
    • 0
  13. テレビ出演の反響は・・・!! 17代目豆助の時に和風総本家に出演!

    皆様一度は使ったことがある待針。 実はいろいろな種類があります。 この度のコラムでは「ユリヤ待針」の製造工程や作っている機械など「和風総本家」に出演した際に紹介した写真となります。 放送されたのは3年以上前ではあるのですが今でも同じ製造方法で作られています。

    TUKUMO
    • 191
    • 0
  14. IKEA家具の引越し もし専門施工業者に頼むとすれば解体か再組立か?

    数年前まで、IKEA家具をお持ちの方が引越しを迎えた際に取るべき選択肢は、ほぼ「廃棄」1択(ご自身で解体/再組立ができる方を除く)でした。 しかし、ここ数年『IKEA家具 引越しできた』という声がSNS上にも上がるようになってきており、組み立て家具の引っ越しも徐々に一般化してきています。 「引越しできた」という方が取られた方法は ①ご自身にて解体/再組立をおこなった ②引越業者さんがサービスでやってくれた ③専門業者に依頼した の3つのいずれかです。 ①の方法を取られた方の多くはブログなどで状況や進捗を発信されていることが多く、②の方はSNSで発信されていることが多く見受けられます。 ③の方は弊社などにご依頼いただいたお客様になるのですが、専門施工業者がほとんどいないということを考えると、③の方が一番少なかったするのかもしれません。 今回は引越し時の金銭的な負担を軽くするために、「ご自身で解体/再組立に挑もう」という方が、万が一上手くできなかった時、解体 or 解体後の再組立のどちらを専門業社に頼むべきなのか? 数少ない【IKEA家具引越し時の専門施工会社】であるカグッコシ!からご提案をさせていただきたいと思います。 『途中で断念してしまうかもしれない』と不安をお持ちであったり、組立途中に失敗をしてしまい『捨てなきゃいけないのかな』と心沈んでしまう前に、ご覧いただければと思います。

    FAworks
    • 303
    • 1

あなたにおすすめ

おすすめのアイデア

話題のキーワード

    11624件中 1 - 20 件を表示