【100均】DIYアイテムを徹底検証!かわいくて使えない!?キュートなメラミンスポンジ【ダイソー・キャンドゥ・セリア】

100均大手3社、〔ダイソー〕〔Can☆Do(キャンドゥ)〕〔セリア〕のDIYアイテムを徹底検証していく本シリーズ。第7回目の今回は、見た目がかわい過ぎて使うのがためらわれる、キュートなメラミンスポンジを取り上げます。

  • 15646
  • 19
  • 0
  • クリップ

楽しくガンコな汚れを落とそう♪

水をつけて軽くこするだけで、茶シブや水アカ等のガンコな汚れを落とすことができる「メラミンスポンジ」。DIYで塗料を塗る際に、塗装道具として使うこともでき、もはや私たちの生活に欠かせない存在です。そんなメラミンスポンジですが、100均大手3社から、見た目がキュートな商品が登場しているのをご存知でしょうか。それはもうかわいくて、使うのがためらわれるくらいのルックスのメラミンスポンジ。各社の商品を比較して見ていきましょう。

各社、数量にバラツキがあるぞ……!

左から、〔キャンドゥ〕〔ダイソー〕〔セリア〕のメラミンスポンジ

こちらが今回用意した、100均大手3社の、見た目がキュートなメラミンスポンジです。左から、〔キャンドゥ〕〔ダイソー〕〔セリア〕の商品。どれも100円(税抜)ですが、どうやら入っている個数にバラツキがあるようですね。これは検証する甲斐がありますね。それぞれ詳しく見ていきましょう。

〔キャンドゥ〕《メラミンおばけスポンジ 9匹入》

はじめに見ていくのは、〔キャンドゥ〕の《メラミンおばけスポンジ 9匹入》です。類似商品で、《メラミンスポンジ くも 10P》という、「雲」の形をしたメラミンスポンジもありますが、今回は「おばけ」をピックアップ。外装に、「汚れと一緒に僕も消えるよ〜」とあって、とてもユニークです。

おばけのルックスをしたメラミンスポンジが9個入っていました。目と口の部分はしっかりとくり抜かれており、表裏どちらから見てもおばけです。サイズは約5.8×5.8×2cm。

サイズ感はこんな感じです。さっそくステンレスシンクの汚れをこすってみましたが、しっかりと汚れが落ちていきました。コイツを足がかりに、ほか2社の商品も見て行くことにしましょう!

〔ダイソー〕《メラミンクリーナー 千鳥4個》

次に見ていくのは、〔ダイソー〕の《メラミンクリーナー 千鳥4個》です。同商品には、《富士山》と《桜》もラインアップしていますが、今回は「生き物」で統一(おばけも生き物とする)するため、《千鳥》をチョイスしました。

〔ダイソー〕のメラミンスポンジは4個入りです。数だけ考えると、先ほどの〔キャンドゥ〕のメラミンスポンジに比べて、物足りなさを感じます。けれど、決定的に違う要素がありました。そう、メラミン素材の裏面には、ポリウレタン素材のスポンジ(黄色)が付いているのです。

ポリウレタンのスポンジ部分であれば、食器などをこすったときにキズつける心配がありません。また、サイズ的にも小さいので、使い勝手が良いです(サイズは約4.6×4.3×2.5cmです)。もちろん、メラミンの方も汚れをしっかりと落とせました。

〔セリア〕《ネコピカ メラミンスポンジ6個入》

最後は、〔セリア〕の《ネコピカ メラミンスポンジ6個入》です。そう、みんな大好き「猫」型のメラミンスポンジが満を持して姿を表しました。9個入の《おばけ》と4個入の《千鳥》の間を取ったかのような、6個入というニクい数量です。

〔ダイソー〕のメラミンスポンジと同様、メラミン素材の裏面にはポリウレタン素材のスポンジ(黒)がついていました。まるで白猫と黒猫が寄り添って歩いているみたいなルックスがたまりません。でも、《おばけ》や《千鳥》のように目や口などの穴は空いていないのっぺらぼうさんです。

サイズは《千鳥》より大きくて(約6.3×5.1×2cm)、グラスの内側などは若干洗いづらさはあります。でも、《千鳥》よりもポリウレタン部分のスポンジのキメが細かく、キズつけにくさはありそうです。メラミン部分は、ほかと遜色なく、しっかりと汚れを落とせました。

それぞれ使ってみて気がついたのは……

左から、〔キャンドゥ〕〔ダイソー〕〔セリア〕のメラミンスポンジ

それぞれ使ってみて気がついたのは、メラミンスポンジ部分の厚みの違いです。このように、〔キャンドゥ〕が2cm、〔ダイソー〕が1.5cm、〔セリア〕が1cm。もちろん、それぞれの表面積に違いはありますが、あくまでメラミンスポンジ部分の量だけで言えば、〔キャンドゥ〕が頭1つ抜きに出た感じがします。

生き物で統一して楽しげな雰囲気を演出しよう!

〔キャンドゥ〕〔ダイソー〕〔セリア〕のキュートなメラミンスポンジを、それぞれ実際に使ってみましたが、意外にも細かな違いが見つかりました。数量やサイズ感、ポリウレタン素材のスポンジ部分の有無などを踏まえて、用途にあった商品をチョイスしてみてはいかがでしょうか。いずれにせよ、1番好みが分かれるのは、ルックスでしょう。使っていて楽しいアイテムを身近に置いておきたいものです。オススメは、今回ご紹介した3社の商品をすべてゲットすること。並べてみれば、そこは小さな動物園のように、楽しげな雰囲気になること必至です!

  • 15646
  • 19
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード