切って楽しい、使って便利!カットしやすいバターケース10選

バターを冷蔵庫で保存しておくためのバターケースは、ナイフで切るたびにべたついて、指についてしまうことも。簡単にカットができるバターケースであれば毎回切る必要がなく、指につく心配もありません。今回は、簡単にカットできて便利なバターケース10選をご紹介します。

  • 10427
  • 70
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カットができるバターケースはどんなもの?

通常、バターケースはケースとフタだけですが、カットができるタイプはさらに専用のカッターがついています。多くはステンレス製で、網目状になっており、押し込むだけでバターを同じ大きさにカットすることが可能です。5gや10gなど目安も最初からわかるので、使うときにも便利です。料理に使うときに便利なのはもちろん、薄く切れるのでパンやホットケーキに乗せるとすぐに溶けるというメリットもあります。

カットができるバターケースの種類

簡単にカットができる便利なバターケースには、いくつかの種類があります。多くみられるのは網目状のカッターで押し込んでカットするタイプで、決まった量に切り分けることが可能です。ほかには、ケースに目安の切り込みがついていて、ナイフや包丁でカットしやすくしたタイプもあります。こちらは使いたいバターの量が毎回異なる場合におすすめです。

約5gにカットできるバターケース

上から押し込むことでバターがカットできるバターケースです。黄色の部分がステンレスワイヤーになっていて、この上に200gバターを置き、上からフタで押し込むことで約5gのバターにカットできます。切ったらそのまま冷蔵庫に入れられるので、手間がかかりません。約5gは薄切りなので、パンなどに乗せるとすぐに溶けます。

約10gにカットできるバターケース

上から押し込むことでバターを約10gごとにカットできるバターケースです。約5gのタイプでは少ないと感じる方にはこちらがおすすめです。ケースはフタ部分が透明になっていて、残りの量がすぐにわかるようになっています。使うときに便利なバターナイフもついていて、ステンレスのカッターと一緒にケースの中に保管しておけます。

大きなサイズのバターもカットできるバターケース

ケースが大きく、450gのバターも保存しておけるバターケースです。カッターの上にバターを置いてフタで押し込むだけで、簡単にカットできます。ステンレスのカッターは2種類ついていて、200gのバターは黄色のカッターを使って約5gごとに、450gのバターは茶色のカッターを使って約10gごとにカットできます。カット後は同じ量のバターをそのまま使えるため、料理やお菓子を作るときにとても便利です。

使いやすいナイフがついた、カットができるバターケース

ステンレスワイヤーのカッターがついて、押し込むだけでバターがカットできるバターケースです。カット後の大きさは約5gで、最初で切っておけば使うときに手間がありません。こちらのバターケースは、便利なバターナイフがついています。カットされたバターをさらに小さく切りたいときに使えるだけでなく、先割れのタイプなのでバターを簡単に取り出せます。

カット用のガイドがついたバターケース

網目状のカッターがついているタイプではなく、ケースにカッティングガイドがついたタイプのバターケースです。ガイドに沿って付属のバターナイフを入れれば、約5g、約10g、約15gのバターが計量なしでカットできます。毎回同じ量のバターを使うのではなく、使うときに計量したいという方におすすめです。バターナイフは先割れのタイプで、カットしたバターをすぐに取り出せます。

モダンな色合いの、カットができるバターケース

カッティングガイドつきで、計量せずに欲しい量のバターがカットできるバターケースです。ケースにカット用の切り込みが入っているので、それに沿って包丁を入れることで簡単にカットできます。バターを取り出しやすい先割れナイフがついているのもうれしいポイント。こちらのバターケースはモダンなカラーリングが特徴で、ケースとフタは黒、カッティングガイドは赤になっています。

好みの大きさにカットできるバターケース

カッティングガイドを駆使することで、バターを好みの大きさにカットして保存できるバターケースです。最初から全部カットしてから保存してもいいですし、使うときに使う量だけカットすることもできます。カッティングガイドは、長辺部分から包丁を入れることで約15gのバターがカット可能。さらに短辺部分から約5g、約10gにカットできます。

薄くカット、その上保存もできるバターケース

家庭用の200g、大容量の450g両方に対応したカットができるバターケースです。ステンレスのカッターの上にバターを乗せ、フタで押し込むだけで約5gの決まった大きさのバターにカットできます。200g用、450g用のカッターがあり、どちらのカッターも約5gに切れます。小さじ1が5gに近いので、料理を作る際に決まった分量を簡単に取り出せます。さらにケースにふたをすればカットした状態のバターをそのまま保存可能。何かと忙しいキッチンで大活躍間違いなしです。

カットして塗りやすいバターケース

トーストにバターを塗ることに特化した、使いやすいバターケースです。まずは付属のバターカットガイドを使い、バターに切れ目を入れ、包丁やナイフでカットします。次にケースに切ったバターを入れれば、そのまま冷蔵庫で保存できる状態に。使うときにはバターの頭を少し出し、のりを塗るようにトーストに塗ります。一度バターをセットすれば保存と使用がとても簡単になる、便利なケースです。

細切れにカットできるバターケース

バターをまるごと入れておいて、使うときに細切れの状態にカットできるバターケースです。本体下部のつまみを回せばバター用のミルがバターを細かくカットし、上部にふわふわの状態で出てきます。これを塗るだけなので、トーストやクラッカーに塗るのに便利です。バターが細切れになるので、溶けやすいというメリットもあります。

便利なバターケースで楽にカットしよう

今回はバターがカットしやすいバターケースを10選ご紹介しました。バターは使うときに毎回カットしようとすると、指についてしまう可能性があり、計量するのを少し面倒に思うこともあります。ステンレスワイヤーのカッターがついているタイプやカッティングガイドがついているタイプなら、あらかじめ同じ大きさにカットしておくことが可能です。ぜひ、使いやすいバターケースを使ってみてください。


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!
夏旅も出張も最安値の格安航空券でお得に!

  • 10427
  • 70
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ご家庭で簡単に作れる身近なレシピから、本場のプロの味を再現したレシピまで食を通じて生活を豊かにしてくれるアイデアを発信していきます!

おすすめのアイデア

話題のキーワード