umamiをフューチャーしたLA発のハンバーガー専門店

海外から続々とグルメなお店が上陸するなか、日本のumamiをフューチャーしたLA発のハンバーガー専門店が初上陸。ハンバーガー好きな方は必食のハンバーガーです。

  • 1047
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

梅雨のジメジメとしたこの季節、夏バテとは違いますが、寒暖差が激しくて体調を崩しがちになりますよね。
ガッツリお肉の方がパワーは付くけれど、お値段も高いし、そこまでの胃袋はない。
でも、やっぱりお肉!!
と思う事ありませんか?
今回はそんな方にピッタリな、ジャンクフードの代表格だけど、お肉を食べた!という満足感がしっかりと味わえるハンバーガー専門店をご紹介しましょう!
場所は表参道駅から徒歩5分ほど。セントグレース大聖堂のほど近くにあります。

「UMAMI BURGER」。
2017年3月オープン。
2009年ロサンゼルスに誕生するや否や瞬く間に大評判となり、アメリカ本国に24店舗ほど展開する、人気のハンバーガー専門店です。そして、この青山店が海外初出店舗。
塩味、甘味、酸味、苦味、そして日本の由来の旨味。それを“最大限に引き出す調理法により作られるハンバーガー”ということからその店名がつけられました。そんなハンバーガーというのは、どんなもので、日本の「旨味」がどのように使われているのか、興味津々で行ってみました。

店内は木を基調とした、ウッディーな内装で、ラフな雰囲気です。
ハンバーガーは14、5種類。それ以外にもサイドメニューが豊富にそろっているので、ディナーとしても十分利用することもできます。ハンバーガーは本国のもの以外にも日本限定もあり、迷うこと必至です。ぜひ、ゆっくりメニューを見て決めてくださいね。

こちらはウマミバーベキューバーガー。バーベキューソース、キャラメルオニオン、天ぷらビッツ、チリソテー、アメリカンチーズ、ミソメープルベーコン、ビーフパティ。焼き加減はお勧めのミディアムレア。なかなかの高さがあります。
バンズはふんわりと柔らかく、牛乳を使用しているとの事で、ほのかな甘みを感じます。ロールパン的な味わいのパンで、フワフワながらも、しっかりとパティの肉汁を受け止めて、かなり秀逸なバンズでした。
一方のパティはアメリカ牛肉を粗びきにして作ったパティ。なので、しっかりとした肉の噛み応えもあり、噛むとジュワーっと肉汁があふれ出てきます。ハンバーガーというよりもちょっとしたステーキ的な食感もあり、肉好きにはピッタリかもしれません。

そこに私たちになじみのある味噌が入ったメープルベーコンや、天かすのカリカリっとした食感が、見事に融合していて、和の食材や旨味が入っている分、ハンバーガーなのにあまり違和感なく、自然と舌になじむようなハンバーガーで、とても美味しかったです。

欲張りさん&優柔不断な方にピッタリなのが、このスライダートリオ。2、3口のミニハンバーガーが3つ並んでいる、お得感満載のメニューです。
固定タイプと、月ごとに変わるタイプの2種類が用意されています。一度に3種類食べられるというのはかなり魅力的ですよね!
一人で食べるもよし、2、3人でシェアして、ほかのサイドメニューをオーダーして楽しむもよし。シチュエーションにあったオーダーをしてみてくださいね。

サイドメニューでぜひ食べていただきたいのが、このトリュフフライ。フライドポテトにハウストリュフチーズとトリュフソルトをかけたものです。
サクサク&アツアツなフライドポテトに、トリュフのいい香りと、コッテリとした濃厚なチーズの旨みがよく絡んで、食べる手が止まりません。ちょっとリッチな気分も味わえるので、トリュフ好きな方も初めての方もぜひ。

いかがでしたか?
ファーストフードのハンバーガーよりも少しお値段高いですが、ステーキを食べることを思えばリーズナブルで、満足度は大!早速いってみてはいかがでしょうか?

  • 1047
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

美味しいものが大好きです。アイス、パフェ、カレー、グラタン、ベーグル、ハード系のパンが好物です。その他にも気になるレストランへ行ったりして、日々徘徊しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード