椅子の脚カバー 脱げない工夫 簡単です!!

リビングで使っているテーブルや椅子。
マットやカーペットを使っている時は気にならなかったけれど、いつの間にか傷がついている事がありますよね。
ものを落とした跡であったり、椅子やテーブルを引きずった跡などいろいろです。

最初はテーブルや椅子の脚には、床保護のためのクッション材を使っていましたが、いつの間にか無くなってしまい、脚カバーを使っている方も多いのでは無いでしょうか?

でも、その脚カバーもすぐに脱げてしまい、何度も付け直しして大変ですよね。

そこで、100均のグルーガンと輪ゴムを使い、脱げない工夫をしました。

簡単ですよ。
 

  • 95293
  • 286
  • 3
  • いいね
  • クリップ

椅子用靴下 脚カバー

我が家ではシンプルなものを使っていますが、今はいろいろなデザインのものがあって可愛いですよね。

でもこの靴下、少し椅子を持ち上げたりずらすと、すぐに脱げてしまいます。

 

椅子の脚、先端が細いです

テーブルや椅子の脚が、下に行くほど細くなっています。

これでは脚カバーが脱げてしまうのも当然です。

輪ゴムでずれないように止めていても、すぐに脱げてしまいます。

そこで、グルーガンを使ってちょっと工夫してみました。

 

グルーガンで凸凹を作りました

グルーガンを使って、少しだけ出っ張りを作りました。

輪ゴムが引っかかる部分ですね。

上下に二段。

四角形の脚なので、一本に八カ所の出っ張りです。

靴下が伸びても使えるようにと考えたのですが、一段だけでも大丈夫そうです。

写真では四角い脚ですが、脚の形状に合わせて数を増やしても良いですね。

 

靴下はいて輪ゴムで止めて

輪ゴムがずれないように、凸凹に合わせて止めます。

少しきつめに止めるといいですよ!

折り返して完成

こんな感じで使っています

どうですか?

これだけの工夫でずれ落ちることが格段に減少します。

洗濯して伸びてしまった脚カバーでも大丈夫!

これをしてから我が家では、まだ一度もずれ落ちてはいません。

今では洗濯する時に脱がして、付け直すだけになりました♪

便利ですよ。


グルーガンで使用するスティックの色も沢山あるので、家具に合わせて使うこともできます。

また、グルーガンで付けた位置を変更したい時も、綺麗に取り除くことができるので安心ですね。

  • 95293
  • 286
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

リラックスできる空間や時間を大切にしたくてDIYライフを送っています。ものづくりをしている時間が大好きです。

おすすめのアイデア

話題のキーワード