見た目もコスパも◎オシャレな電気ケトルのある暮らし♩

レコルトの電気ケトルをご紹介します*

  • 122746
  • 265
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは*pink.m.kです♡
今回は我が家が年末にお迎えした電気ケトルについてご紹介させてください*

我が家はパパも私もコーヒー大好き人間*
(というか、私は最近になってコーヒーをよく飲むようになってきました。)
特にパパはハンドドリップにこだわりがあるほどなので、細口のミニやかんで毎回お湯を沸かしてドリップコーヒーを淹れてよく飲んでいました*
でもまぁ私は特にそんなこだわりはなく…(笑)とりあえず時短でお湯を沸かしてステックコーヒーをさっと入れて飲めたらいいなぁ…程度(^^;
そして最近はパパもサクッと用意して飲めるインスタントコーヒーをよく飲んでます(๑˃́ꇴ˂̀๑)
だから、やかんで毎回お湯が沸くまで待つのは正直手間だし、かと言って電気ポットを置くスペースもないし…
省スペースで、湯沸かしもボタン一つで簡単にできる、電気ケトルをお迎えしたいなぁ〜と思うようになりました。

そんな時に出会ったこちらのケトル*
recolte(レコルト)というメーカーから出ている「クラッシックケトル リーブル」です。
惹かれた点は、デザイン家電と呼べるほど見た目がオシャレなのに、お値段が比較的お手頃なところ*(税込6480円 送料無料)
インテリアに偏ったこだわりが強い私にとって(←笑)一目惚れの品でもありました◌ ͙❁˚

4色展開です♡
私はやはり無難に白を選びましたが、色味のある他のカラーを置いてもデザイン性が高く、目を引きそうです*
白×茶のツートンカラーなところもお気に入り♡

デザイン的に、あえて「ここは…」と思ったポイントをあげてみますと、
コードが巻き取り式なら、置いておいてもコードがもたつかずもっとスッキリ置けたかなぁ〜と思ったのと、
ケトルのスイッチを入れた時に、作動中のランプが下方に付いているのですが、位置的に付いてるかどうかが少しだけ分かりにくいかな…?
その2点が見た目的に気になったくらいですが、それを上回る可愛さなので、私個人としてはほぼ気になっていません。笑
※ちなみに後から気づいたのですが、コードは下の土台部分の裏面にクルクルっと巻き付けて収納できるようにはなっていました*

我が家はキッチンが白×茶のツートンなので、キッチンとの色味も合いました*

ではでは簡単に、細かいスペックをご紹介したいと思います*
サイズ:W22.8×D13.2×H21.2cm
重さ:720g(満水時で1.5㌔)
容量:0.8ℓ
消費電力:1000W

素材は持ち手など、茶色の部分を除いてはステンレス製となっています。
加熱すると、どうしても表面が熱くなりますが、その分軽くて扱いやすいです。
フタもパカッと全て取り外せるので、フタも中もじゃぶじゃぶ洗いやすいです。(一応取扱説明書には、表面は拭くだけのお手入れで…との記載があります。)
空焚き防止機能付きです。ここも安心ポイントですね*
もちろん湧き上がったら電源は自動でオフになります。

消費電力が他社のものより少なめな分、満水時の湧き上がりまでに5~6分時間はかかるみたいですが、
今までやかんでちまちま沸かしていた手間と時間を考えると、我が家にとっては全然許容範囲内です。笑
消費電力が少ないということは、電気代もお安いです✩
1回あたり約1.6円の電気代で済むようで、1日に3回使っても5円程度です。1ヶ月計算だと5円×30日=150円程で済みます。ありがたいですね!*

最近ではこの他にも色々オシャレな電気ケトルが各メーカーから出ていますし、
人によって何を重視するかで家電を選ぶポイントは大きく変わるかと思います。(デザイン、値段、電気代、使いやすさ…などなど)
今回は私個人のおすすめとして、レコルトの電気ケトルをご紹介させていただきました。
ケトル選びの参考になれば嬉しいです*
ではでは、お読みいただきありがとうございました❁¨̮

  • 122746
  • 265
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード