詰め替え時のイライラ解消!便利な【ニトリ】の浴室ボトル

見た目・機能・価格、すべて大満足の詰め替えボトルを、
ニトリでみつけました。
このボトルのおかげで、ずっと長い間感じていた、
浴室のボトル詰め替え時のイライラが、ようやく解消できました!

  • 385435
  • 6908
  • 29
  • クリップ


今日はかなり便利な、詰め替えボトルをご紹介します。

ずっとひそかに感じていた、浴室のボトル詰め替え時のイライラ・・・。
それをようやく解消できる、画期的なボトルに出会うことができました!


『ディスペンサー バスボトル』

カラーは、ホワイト。容量は、800mlです。
ニトリで、購入しました。

近くの店舗に在庫がなく、ニトリネットで購入しましたが、
店舗受取にすると送料無料になるので、とっても便利でした!


カラーは、クリア・グレー・ホワイトの3色あるのですが、
中が透けないタイプは、このホワイトだけです。

そして容量は、400ml・600ml・800mlの3タイプあるのですが、
この800mlだけがある仕様が違っていて、とっても便利になっています。

その仕様が、こちらです!


この800mlのタイプのみ、ボトルの上部がポンプ部分と一緒に外れ、
このように、広く口が空くようになっています。

そのため、中の液体を詰め替えるのが簡単です。
詰め替え時に入れ過ぎて、あふれさせてしまうなんて失敗もなくなりそうです。

またボトル内部を洗うのも乾かすのも、とっても簡単!

詰め替え時に中を洗って乾かす時、通常のボトルだとなかなか乾かず苦労しますが、
このボトルなら口が広いので、中を拭くこともできるし乾きも抜群に早いです。

そして通常の詰め替え用の袋ごと、ボトルの中に入れて、
袋の上部をカットすれば、そのまま使うこともできそうです。

実は以前から、上部が広く開くタイプのボトルが気になっていて、
これまでも何度か、購入を検討したこともあったのですが
どれも3個揃えるとなると、なかなかのお値段で、
なんとなく決断するタイミングが掴めず、時間だけが過ぎてしまいました。

でもこのボトルはお値段以上のニトリなので、¥299ととってもお手頃価格!
見つけてすぐ迷うことなく、購入を決めることができました。


ウチではシャンプー類は、2Lくらいの超特大詰め替えタイプを購入しているので、
ボトルの中に、ビニール袋を入れてから中身を注ぎ、
そのまま蓋を閉めて使うことにしました。

ボトルの中身が少なくなったら、新しいビニール袋をセットして詰め替え、
残りの少しはビニール袋のまま、わたしが使い切ろうと思っています。

これで毎回詰め替えの時に、ボトルの中を洗い乾かす作業がなくなり、
詰め替え作業が、とっても楽になってくれるはず!

これまで浴室ボトルは、無印良品の『PET詰替ボトル』を長年使ってきました。

中をきちんと乾かさないと衛生的に良くない、でも乾くまでに時間が掛かるため、
詰め替えのタイミングが難しく、イライラ・・・。

そのためこれまでは、洗い替え用と2個ずつボトルを用意して、
交互に使うことで、なんとか対応してきました。

でもこのボトルのおかげで、これからは詰め替え作業がとっても楽になり、
ボトルの中を洗う時と乾かす時のイライラも解消され、とっても便利になりそうです。


真っ白で四角く、シンプルなデザインの詰め替え用ボトル。
とっても清潔感があり、浴室がスッキリとした印象になります。

今回ウチでは、シャンプー・コンディショナー・ボディソープ用として、
計3個、購入しました。


そして、ラベリング。

素敵な既製のラベルを購入することも、検討したのですが、
すこし前に購入したものの、なかなか出番のなかった、
こちらの存在を思い出したので、使ってみることにしました。


『P ホイルエンボスシール 07 レター』

100円ショップのセリアで、購入しました。
手描き風フォントの立体的なアルファベットが、とても可愛いシールです。


今回はこちらのシール、ブラック1個でなんとか足りました。

コンディショナーをリンス表示にしたり、ボディソープをボディのみにしたりして、
『O』が足りなくなるというピンチを、乗り越えてみました(笑)

セリアに追加購入しようと行ったのですが、売り切れで追加できなかったことで、
あるものでどうにかしようとちょっと意地になったのですが、達成感がありました!


そしてこども達のために、テプラで日本語表記も追加して、
3本の詰め替えボトルが、ようやく完成しました。

わたし的にはなかなかいい感じにできあがり、満足です。

さっそく、浴室に並べてみました。


備え付けのシェルフに、ピッタリサイズでした。

ウチでは浴室の棚とタオル掛けを、標準仕様のタイプから、
オプションの、ワイヤーシェルフとワイヤーハンガーに変更しています。

お値段はもちろんアップしましたが、お掃除のしやすさも高級感もアップしたので、
お金を掛けて良かったと思っている、バスルームの中で満足している部分です。

ユニットバス自体は、低定価のクラスのものでも、
シャワーやシャワーシェルフ・タオル掛けなど、パーツ部分を、
メタル調のものに変更すると、全体の高級感が上がるのでとってもおすすめです。


シンプルなマグネットバーを追加して、収納場所を確保するのもいいですね!
一般的なユニットバスの壁には、磁石が付きます。


そしてバスルームの洗い場部分の収納は、こんな風になりました。

かなり無印感の強い、ウチのバスルームですが、
ニトリのボトルもよく馴染んで、いい感じです。


そして最後に、1点だけ注意点です。
実際に使ってみて気付いたのですが、プッシュした後のポンプの戻りがゆっくりです。

続けて何プッシュかしたい時には、ちょっと気になるかもしれません。
ウチでは髪の長い娘とわたしだけが、この事に気付きました。

でもすこし待てばまたプッシュできるので、そういう使い方に慣れてしまえば、
特に気にならなくなり、便利に使えています。


そんなわけで、1点だけ注意点はみつかってしまいましたが、
見た目・機能・価格、すべて大満足のニトリの詰め替えボトル。

このボトルのおかげで、ずっと長い間感じていた、
浴室のボトル詰め替え時のイライラがようやく解消でき、とっても嬉しいです。


  • 385435
  • 6908
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード