無印良品のラップケースが進化!余ったラップケースは捨てないで!

無印良品のラップケースが11月にリニューアルされ、早くも話題となっています。私もリニューアルを知ってすぐ購入した一人。購入から100回以上使った感想と、今まで使っていた旧型ラップケースの新たな活用方法を紹介します。

  • 200444
  • 2337
  • 21
  • クリップ

まずは、旧型との比較。どこが変わった?

これまで、無印良品のラップケースの正直な感想を言うと、「見た目良し、なのに惜しい。」

検索ワードで『無印良品 ラップケース』と検索すると、関連するキーワードに『使いにくい』や、『巻き戻り』が候補に来てしまうほど。

長年私も愛用していましたが、急いでいるときに限って巻き戻ってしまい四苦八苦していました。

「できれば使い続けたいけれど、使いにくい」

でも、ラップがシンプルな見た目で収納でき、しかも他のブランドのラップケースよりも比較的安価な無印良品のラップケース。

私と同じように、リニューアルを待ち望んでいたという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

まずは、新旧ラップケースの比較から使いやすさの変化を検証します。

一番変わったところがここ。
すべり止めの位置が大きくなりました。

※変化がわかり易いように、黒色で表示していますが、実際は無色透明のすべり止めです。

手前が新しくなったラップケース。
かなり大きくなりましたよね。

また、同じくらい大きな変化だと感じているのは、ここの長さ。

本体下側が高くなったことで巻き戻りにくく、また使用時にラップ本体と引っ張る位置が遠くなり、全体に圧力がかかりやすく、途中で切れてしまう心配が無くなりました。

この2か所の変化により、巻き戻りという最大の不安が、払拭されましたよ。

新ラップケースを使った感想は

個人的な感想としては、大満足です。

旧型を使っていた方にも、初めてラップケースを使おうと思っている方にもオススメなラップケースとなりました。

購入からおそらく100回以上は使用していますが、一度も巻き戻りは無し。

特に、旧型を使っている方には「乗り換えたら楽になるよ」と、伝えたいです。主婦が毎日使うラップ、ストレスなく使いたいですよね。

ただ、そうなると今まで使っていたラップケースが余ってしまいます。

断捨離対象にする前に、ちょっと新しい活用を試してみませんか?

旧ラップケースにも新たな使い道が!捨てずにこんなことに使えます。

活用①

小さくなったマスキングテープの収納に使えます。
大きい新品のマスキングテープを入れる際は斜めにすれば、入ります。

元がラップケースなので、刃が付いていることに注目。

中につっぱり棒を入れると、飛び出しにくくなりますよ。

こんな風に楽に切れます。

活用②

ミシン糸の収納に。

細長く四角いラップケースの形状は、ちょっとした隙間でも立てたり、積み重ねたりして収納することができます。

巻き戻りの心配がない、アルミホイルやクッキングシートに使うという活用ももちろんありますが、ちょっと違う使い方を提案してみました。

まとめ

無印良品のラップケースが新しくなったみたいだけど、どうなの?と思っている方から、新しいラップケースを購入したら、今まで使っていたものが余ってしまった、という方に向けて今回は執筆させていただきました。

毎日使っていたラップケース。大掃除のシーズンではありますが、捨てずに新しい使い道を考えてみるのはいかがでしょうか。

  • 200444
  • 2337
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード