お部屋の危険ポイント「ドアの指はさみ事故」を防ぐ《指はさまんぞう》ってなに?

室内ドアの蝶番(ちょうつがい・ちょうばん)側を室内外の両方からカバーする指はさみ防止スクリーン「指はさまんぞう」のご紹介です。

  • 5086
  • 16
  • 0
  • いいね
  • クリップ

指挟み事故で本当に怖いのは、実は「蝶番側」⁉

東京消防庁管内で、平成23年から27年の5年間で手動ドアに挟まれて救急搬送された子どもは、なんと932人もいました。しかも、その中で45人が指を切断。とても大きな怪我を負っています。

東京都で行った調査結果によると、ドアに挟まれた・挟まれそうになった経験は2歳が最多。約3人に1人が挟まれた経験があり、中には骨折をした子どももいるそうです。

また、危害危険経験の多かった開き戸(ドア)で行った破断試験では、蝶番(ちょうつがい・ちょうばん)側で直径7mmの木の棒が折れてしまったという結果も!

こういった調査結果からも、ドアの蝶番側が危険度が高いことがわかります。

そもそも、何で「指挟み事故」は起こるの?

指挟み事故は、誰かが閉めたドアに挟まれて発生する⁉

指挟み事故(指挟まれ事故)の多くは、蝶番側で発生しています。

自分でドアを閉めて指を挟んでしまうことよりも、蝶番側に手をかけているときに誰かがドアを閉めて指を挟んでしまうことの方が多いからです。

大きな力が加わる蝶番側は、思わぬ大怪我をする可能性があるので特に注意が必要です。

そんな指挟み事故を防ぐ!「指はさまんぞう」

「指はさまんぞう」の特徴は、

①室内外どっちもガード
ドアの室内外の両側から丈夫な生地でがっちりガード。どちらの隙間もカバーすることで、誰かがドアを開け閉めして指を挟んでしまう心配が軽減!2倍の安心感があります。

②省スペースすっきり納まり
ドアの動きに合わせて生地が引き出されたり、巻き取られたりします。扉の動きに合わせて動くので、新築にもマッチしたデザインに仕上げています。

③安心長持ち
製品は耐久性に優れたアルミ製で、生地には丈夫で汚れにくいポリエステル製を採用。またお部屋のドアと同じ開閉試験をクリアしているので、子どもが大きくなるまで安心して使うことができます。

採用例:保育園トイレ
  • 5086
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

住宅設備メーカー

網戸メーカーのセイキ販売です。網戸だけでなく、シェードやハニカムスクリーンなどの窓まわり製品から樹脂製デッキ・エクステリア建材に至るまで、お客様の“あったらいい…

おすすめのアイデア

話題のキーワード