dd-アンティークの床とガス暖炉

使い込まれた感じのものが好きで、物件自体もかなり吟味して探していらっしゃったお施主様ご夫妻。単に立地だけじゃなく、外観なども含めて、建物全体から感じられる雰囲気にこだわっていました。ご主人がインテリアに詳しく、使いたい素材が明確にありました。

フローリングは板の幅の違うものを組み合わせたアンティーク仕上げ。ステンレスのキャビネットは、医療用器具を作っている町工場で特注しました。LDKとはコンクリートブロックで仕切られていて、リビングの床はアンティーク加工。ナラのフローリングを白で染色して拭き取り、使い込まれた感じを出しています。片方の壁には、一面にレンガタイルを使用。ガス暖炉は、人口大理石を使ってモダンにまとめています。リビングのテーブルは、ワインボックスの上に天板をのせたものです。

多くの時間を費やして、お2人で素材を吟味して作ったお部屋は、暖かみのある居心地のよい空間になりました。

  • 1981
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ
リビングのテーブルは、ワインボックスの上に天板をのせたもの。
使い込んだ質感のフローリングが、全体的に温かな雰囲気を作っている
人口大理石で作ったモダンなマントルピースのガス暖炉
廊下の両脇には寝室とサニタリールームがあり、LDKとはコンクリートブロックで仕切られています
右側の部屋が寝室で、左奥が玄関。寝室の廊下側に窓を付け開放的に
玄関を入ってすぐのワークスペースはアンティークのフローリングに
浴室と洗面所のタイルは温かみのあるベージュに。棚はステンレス
  • 1981
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード