カーペットの洗濯方法は?頻度や自宅での洗い方・洗濯前にチェックするポイントも紹介

今回の記事ではカーペットの洗濯方法を自宅の洗濯機・コインランドリー・お風呂場の場所別に分けて紹介していきます。洗濯する前にチェックしておきたいポイントやおすすめの頻度も紹介しているので、最後までチェックしてみてください!

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 181700
  • 122
  • 0
  • いいね
  • クリップ

カーペットを洗濯する前にチェックするポイント2つ

【1】カーペットの素材や大きさ

カーペットの素材によって洗濯機やコインランドリーで洗濯できない場合や、水洗いができない場合があります。とくに綿や麻、ウールなどの天然繊維は色落ちや手触りが悪くなることがあるため、注意が必要です。

また、カーペットの大きさによって洗濯方法が異なります。大きすぎると自宅の洗濯機に入らないこともあるため、コインランドリーにある大型洗濯機を使ったり、手洗いしたりするようにしてください。

【2】洗濯表示

カーペットを洗濯する際はまず洗濯表示をチェックするようにしましょう!

洗濯表示はカーペットの裏側などに付いているタグのことで、洗濯方法や乾燥の仕方などといった、お手入れ方法がマークで表示されています。

洗濯表示マークのくわしい内容は下記の記事をチェックしてみてください!

自宅の洗濯機でできるカーペットの洗濯方法

自宅の洗濯機でカーペットを洗濯する場合は、まず洗濯機の容量を確認するようにしてください。無理やり詰め込むとカーペットが傷んでしまうことがあるため、規定をしっかり守りましょう。

洗濯機にカーペットサイズが示されている場合もありますが、ないときは下記を参考にしてみてください!

1畳サイズ

12kg容量の洗濯機

2畳~3畳サイズ

15kg容量の洗濯機

6畳サイズ

22kg容量の洗濯機

洗濯方法

  1. 1.カーペットのホコリや髪の毛を掃除機などで取り除く
  2. 2.カーペットを屏風畳みにし、洗濯ネットに入れる
  3. 3.洗濯機の毛布コースや大物洗いコースで洗濯する

お風呂場でできるカーペットの手洗い方法

カーペットのサイズが大きくて洗濯機に入らない場合は、お風呂場での踏み洗いに挑戦してみるのもおすすめ。

ただ脱水ができないため、しばらくお風呂場にカーペットをかけておく必要があります。そのため、朝から夕方までお風呂場を使わない日をチェックしておきましょう。

洗濯方法

  • カーペットのホコリや髪の毛を掃除機などで取り除く
  • カーペットが浸かるくらいまで浴槽にお湯をためる
  • 浴槽に屏風畳みにしたカーペットと洗剤を入れて約1~2時間つけおきする
  • 浴槽の中で踏み洗いをしたあと、すすぎ洗いをする
  • お湯を1度抜いて再び踏み洗いしながらお湯をためる作業を2、3回繰り返す
  • 浴槽からお湯を抜き、カーペットを踏んで水切りする
  • ある程度水切りができたら、風通しのいい日陰で干す
お湯の温度の目安として洗濯表示に指定がある場合は表示に従い、指定がない場合は40度のお湯に設定するようにしてください!

コインランドリーでカーペットを洗濯する方法

コインランドリーでカーペットを洗濯する際に水洗いができるかカーペットの洗濯表示タグを確認しましょう。洗濯表示タグがない場合は素材で判断します。シルクやウールなどを使用した高級カーペットは、水洗いは避けてください。

洗濯方法

  1. 1.カーペットを屏風折りにして洗濯ネットに入れる
  2. 2.コインランドリーの洗濯機に投入し、料金を入れてスタートボタンを押す
  3. 3.洗濯ネットから取り出し、大きめの乾燥機で乾燥させる
コインランドリーでカーペットを洗濯する際にかかる料金は、洗いから乾燥までで約1,000円です。

水洗いできない場合は「重曹」と「掃除機」

カーペットの黒ずみが気になるけど水洗いできないという場合は掃除機と重曹を使うのがおすすめ!

黒ずみの原因は主に皮脂ホコリの2つです。そのためホコリは掃除機で吸い取り、黒ずみは油分を分解する性質を持つ重曹を使うときれいに掃除することができます。

用意するもの

  • 掃除機
  • 重曹
  • 手袋

掃除方法

  • カーペットのホコリを掃除機で取り除く
  • カーペット全体に重曹をふりかける
  • ゴム手袋をし、カーペットの毛並みに逆らうようにして毛足の根本まで重曹をやさしく馴染ませる
  • 約6時間、短くても約2~3時間放置する
  • 掃除機で重曹が残らないように全部吸い取る
カーペットによっては重曹が合わないこともあるため、掃除を始める前にカーペットの端に重曹を溶かしたぬるま湯を少しつけて、変色や縮みが出ないか確認するようにしてください!

【部分汚れ】カーペットのシミ取り方法

部分汚れや洗濯機で落とせない汚れはシミ抜きをしましょう。シミ汚れは大きく分けて水溶性油性の2つに分けることができます。

水溶性

ジュース・しょうゆ・ケチャップ・紅茶・コーヒー・牛乳など

油性

食用油・油性インク・ペンキ・卵・マヨネーズなど

水溶性の汚れの落とし方

用意するもの

  • 中性洗剤

掃除方法

  1. 1.しょうゆなどをこぼした際は乾いた布で汚れた部分を押さえ、布にしみこませるようにして汚れを拭き取る
  2. 2.布に中性洗剤をしみこませ、残った汚れの部分をポンポンとたたくようにする
  3. 3.汚れが落ちたらきれいな水を含ませた布で拭き取る
最初に乾いた布で汚れを拭き取る際は、こすらないように注意しましょう!こすってしまうと汚れが広がる原因に。上から押さえてしみこませるのがポイントです。

油性の汚れの落とし方

用意するもの

  • ベンジン
  • 中性洗剤

掃除方法

  1. 1.布に少量のベンジンを含ませ、シミをたたいて汚れを布に移す
  2. 2.汚れが落ちてきたら、布に中性洗剤を含ませてたたくように拭き取る
  3. 3.最後にきれいな水を含ませた布で、洗剤を拭き取る
ベンジンは火気厳禁のため、火を使っていないときに使用しましょう。

水溶性と油性がわからないときは?

何のシミか分からず、水溶性と油性どちらの落とし方をすればいいか悩んだ場合は、まず中性洗剤を使用し、それでも落ちなければベンジンを使ってシミ抜きしてみてください!

シミを落とすときの注意点

洗剤は使いすぎると変色や変質の恐れがあるため、使いすぎないことが大切です。まだ新しい水溶性のシミなら、水だけでも十分落ちます。

まずは水を含ませた布でたたいてみて、落ちなければ少量の洗剤を使うようにしてください。また、漂白剤の使用は変色の危険性があるため使わないようにしましょう

カーペット掃除をプロに任せるならハウスクリーニング110番

出典:ハウスクリーニング110番

※1「ハウスクリーニング110番」受付の満足度調査より(2016年7月実施)
※2「ハウスクリーニング110番」運営サイト全体のお問合わせ件数(2022年10月末時点)

カーペット掃除をプロに任せたい人は、「ハウスクリーニング110番」のお得なプランの利用がおすすめです。

エアコン・キッチン・水回りの3スポットそれぞれで、17,400円(税込)〜まとめて安く綺麗にできるパッケージプランや、26,400円(税込)〜家中まとめて綺麗にできるお家まるごとプランなど、お得なプランが豊富なため、まとめて安く綺麗にしたい!という人におすすめのサービスです。

電話でのご相談は24時間365日受付中のため、カーペットの掃除にお困りの人はまずは気軽に事前見積もりのご相談をしてみてはいかがでしょうか。

カーペットを洗濯するおすすめの頻度

カーペットを洗濯するおすすめの頻度は汚れの具合にもよりますが、半年に1回が目安となります。最低でも年に1回は洗濯するようにしましょう。

ただ室内でペットを飼っていたり、汚れが気になることが多かったりする場合は、季節の変わり目や1~2ヶ月に1回など頻度を増やしてみるのも◎。

日頃できるカーペットの手入れ方法

定期的にカーペットを洗濯するだけでなく、日頃のお手入れをしっかりと行い、カーペットを清潔に保つことが大切です!

掃除機をかける

カーペットのお手入れで1番手軽なのが、掃除機をかける方法です。

掃除機をかけるときのコツは掃除機をゆっくりと動かすこと。忙しい時間帯に掃除をするときに早く動かしがちな掃除機ですが、毛足が長いカーペットには奥にダニが潜んでいる可能性があります。1つの場所に時間をかけて、しっかりとゴミやダニを吸い出すように心がけましょう!

粘着テープを活用する

毛足が長いカーペットを使っている家庭やペットがいる場合は、掃除機をかけるだけではなかなかホコリを除去できません。

そんなときにおすすめなのが、コロコロ動かすだけの粘着テープ。テープの無駄遣い防止のためにも、基本は掃除機で吸い取り、細かいゴミを粘着テープで取り除くようにしましょう

カーペットの洗濯に関するQ&A

Q. カーペットを掃除する頻度は?

A. カーペットを掃除する頻度は半年に1回、最低でも年に1回の頻度がおすすめです。

カーペットの汚れ具合にもよりますが、目安として半年に1回がおすすめです。カーペットが汚れやすい場合は季節の変わり目や1~2ヶ月に1回など、頻度を増やしてみるのも良いでしょう。

Q. カーペットの洗濯方法は?

A.カーペットの洗濯方法は以下の通りです。

  • 自宅の洗濯機で洗う
  • お風呂場で手洗い
  • コインランドリーで洗濯する
  • 水洗いできない場合は重曹や掃除機を使う

Q. カーペットの日頃のお手入れ方法は?

A.カーペットの日頃のお手入れ方法は以下の通りです。

  • 掃除機でホコリを吸い取る
  • コロコロ粘着テープで髪の毛や細かいゴミなどを掃除する

カーペットの掃除に関する記事をチェック!

※記載している商品情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年5月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。
※一般的な使用方法をご紹介しています。製品の効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。
※記事内の情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年5月)に基づいたものです。
※お掃除の際には、ゴム手袋をつけて、しっかりと換気を行い作業をしてください。
※製品によって、お手入れのしかたは異なりますため、必ず製品の取扱説明書に従って作業を行ってください。

  • 181700
  • 122
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

ハウスクリーニングのデイリーランキング

おすすめのアイデア