ジンジャー勤怠とは?特徴や導入のメリット・デメリットを解説

ジンジャー勤怠とは、jinjer株式会社が提供している勤怠管理システムです。シンプルな画面と操作性が特徴の勤怠システムでもあります。主な特徴や導入のメリット・デメリットなどについて解説します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

ミツモア
  • 1304
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ジンジャー勤怠とは

ジンジャー勤怠」とは、人事労務における勤怠管理の効率化を支援するクラウドシステムです。

労働時間や有給休暇の管理・集計などを楽にし、人事労務担当者の業務負担を軽減することができます。1ヵ月間の無料トライアルを実施しているので、気になる方はチェックしてみてください。

ジンジャー勤怠の特徴

提供:LIMIA編集部
  • スタッフ情報を1つのデータベースに統合
  • 法改正に対して自動でアップデート
  • 導入に向けたサポート体制が充実

スタッフ情報を1つのデータベースに統合

ジンジャー勤怠では、従業員データを一元管理し、人事情報の更新を効率化します。

ジンジャーシリーズをまとめて利用することで人事データベースを統合し、入社や異動に伴う情報更新作業を簡素化できるのが嬉しいポイント。jinjer株式会社の調査によると、導入した過半数の企業が業務のムダを削減しているようです。

※参考:ジンジャー(jinjer)| クラウド型人事労務システム

法改正に対して自動でアップデート

ジンジャー勤怠は、労働基準法や36協定などへの対応、法改正時にアップデートを行います。この際に利用者が何かをする必要はなく、自動でアップデートが行われるため人事労務担当者の業務負担を削減できます。

自動アップデートによって法改正への対応が遅れることを防ぎ、労務リスクを低減可能です。また、アラート機能によって法定残業時間の超過を防ぐことができ、長時間労働はもちろん、不正な打刻などの早期発見にも繋がります。

導入に向けたサポート体制が充実

ジンジャー勤怠は導入後のサポート体制も手厚く、カスタマーサクセスチームが導入から運用開始までをサポートし、専任メンバーが最適な勤怠管理方法を提案します​​​​。

勤怠管理システムを導入したことがない企業でも、専任メンバーに不安や悩みを相談し、解決しながら導入できるのがポイントです。

ジンジャー勤怠のメリット

  • PC・スマートフォンなどのデバイスで柔軟に打刻
  • どんな業界・働き方でも一元管理
  • 導入から運用まで担当者がサポート
  • 月末月初の集計ミス・集計漏れがなくなる
  • オプション追加なしで基本機能が充実

PC・スマートフォンなどのデバイスで柔軟に打刻

ジンジャー勤怠は、従業員がPC、スマートフォン、タブレットなど、さまざまなデバイスを使用して勤怠打刻ができるように設計されています。

この機能は、特にリモートワークやフレックスタイム制を採用している企業にとって非常に便利です。従業員は、出勤時や退勤時に特定の場所にいる必要がなく、移動中や外出先でも簡単に時間を記録できます。

さらに、GPS機能を利用した打刻や、顔写真による認証など、セキュリティと利便性を両立する機能も提供しています​​。

どんな業界・働き方でも一元管理

ジンジャー勤怠は、さまざまな業界や働き方に適応し、全ての従業員の勤怠データを一つのシステムで管理可能です。人事データベースの一元管理により、新入社員の入社処理、従業員の異動や昇進に伴う情報更新などが、システムを跨いで効率的に行えます。

また、人事データベースの統合は、情報の一貫性を保ちながら、データの重複入力や誤りを減少させることもできます​​。

導入から運用まで担当者がサポート

専門メンバーがサポートしてくれるため、勤怠管理システムを使ったことがない企業でもスムーズな導入が可能です。

初めてのシステム導入時は不安や疑問が出てくるものですが、それらの課題を迅速に対応し、トラブルシューティングや効果的な活用方法についてのアドバイスを提供してくれます。

月末月初の集計ミス・集計漏れがなくなる

ジンジャー勤怠は、残業時間の自動集計や有給休暇の残日数表示、打刻漏れの一括確認などの自動化機能を備えており、月末月初の繁忙期に発生しやすい集計ミスや漏れを大幅に減少させることができます。

人の手で集計作業をしているとヒューマンエラーが起きる可能性も否めません。ジンジャー勤怠の自動集計によってデータの正確性と透明性の向上を図れるのは、大きなメリットといえるでしょう。

オプション追加なしで基本機能が充実

ジンジャー勤怠は、追加のオプションなしでも基本機能が充実しており、直感的に操作できるユーザーインターフェースを備えています。

勤務実績の確認、勤怠申請の処理、管理者による承認作業など、日常の勤怠管理業務をシンプルかつ効率的に行えるよう設計されています​​​​​​。実際の使用感は1ヶ月の無料のトライアルでお試しできます

ジンジャー勤怠のデメリット

  • 月額料金とは別に導入費用がかかる
  • 勤怠記録の修正・取消に管理者の承認が必須
  • メンテナンスやエラーの頻度が多い

月額料金とは別に導入費用がかかる

ジンジャー勤怠のサービス利用料は1人あたりの料金で算出されますが、その他にも初期費用がかかります​​。しかし、初期費用の詳細については公式サイトに記載がなく、見積もりを取るまでわかりません。

法人企業が利用することを想定しているため、ある程度のまとまったお金が必要になることが考えられます。

勤怠記録の修正・取消に管理者の承認が必須

ジンジャー勤怠では勤怠申請の承認・否認を管理者がワンクリックで行えます。しかし、勤怠記録の修正や取消を行う度に承認を得る必要があり、やや手間がかかるのがデメリットです。

とはいえ、このシステムは勤怠管理の透明性を高めるために設計されています。管理者の承認が必須であることは、正確な勤怠データの保持と、従業員との明確なコミュニケーションを促進するためには重要な機能といえるでしょう。

メンテナンスやエラーの頻度が多い

jinjer勤怠くんログインできなくて出勤できねぇ
出典:x.com
jinjer勤怠、全然ログインできない!
公式ホームページでの稼働状況では、「正常」となっているけど、全然正常じゃない。
出典:x.com

ジンジャー勤怠では、特にエラーでログインできないという声が多く見られました。給与計算で1円単位の正確性が求められるように、勤怠管理では1分1秒の正確性が求められるため、利用を考えた際にはデメリットと捉えられます。

また、エラーやメンテナンスで出勤や退勤の打刻ができなかった場合は打刻修正を行いますが、1件1件承認・修正作業が発生するため、せっかく効率化した業務が意味をなさなくなってしまいます

ジンジャー勤怠の料金は要見積もり

提供:LIMIA編集部
  • 初期費用+月額300円(※)~×利用者数

※利用するサービスによって異なります

ジンジャー勤怠の料金は、サービス内容や利用者数によって異なります。そのため、利用する前の見積もりが必須です。ジンジャー勤怠に加えてほかのジンジャーシリーズを併用するにつれ、料金は高額となります。

本番環境で1ヵ月間の無料トライアルも実施できるので、気になる方は見積もりと無料トライアルをしてみてください。

【PR】ジンジャー勤怠以外の勤怠管理システムもミツモアで探してみよう

出典:ミツモア

勤怠システムは、ジンジャー勤怠以外にも数多く存在します。より自社に適した勤怠管理システムを見つけたい場合は、ミツモアの商品比較サービスを利用してみましょう。

ここでは、ミツモアの特徴について紹介します。

質問に答えると最適な勤怠管理システムを提案

ミツモアの商品比較サービスでは、事業形態や規模などの会社に関する質問に答えていくだけで、最適な勤怠管理システムを提案してくれます。

提案してくれる勤怠管理システムは最大で5つ。選択肢を絞ってくれるため、勤怠管理システムの比較で悩む時間を短縮してくれます。

口コミ・評判がわかるから選びやすい

ミツモアで提案される勤怠管理システムは、基本機能や料金以外にも口コミ・評判を確認することができます。

実際に利用した企業や個人の感想を参考にしながら、自社に合っているかを判断しましょう。

ジンジャー勤怠に関するQ&A

提供:LIMIA編集部

ここからは、ジンジャー勤怠に関する疑問をQ&A形式で答えます。ジンジャー勤怠について疑問があればチェックしてみてください。

Q1. ジンジャー勤怠とは何?

A. 勤怠管理の効率化を支援してくれるクラウドシステムです

労働時間や打刻漏れの管理、有給休暇の自動集計、申請承認のクラウド化など、人事労務を効率化することができます。

Q2. ジンジャー勤怠の費用はいくら?

A. ジンジャー勤怠の利用料金については要見積もりとなっています

利用するサービスや、利用人数によって料金が異なるため、会社情報を記入の上料金シミュレーションを行う必要があります。

勤怠管理に関する記事もチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2024年1月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1304
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ビジネスの課題解決や業務効率化に役立つ情報をお届けします。

LIMIAビジネス部さんの他のアイデア

ビジネス向けソフトウェアのデイリーランキング

おすすめのアイデア