マネーフォワード クラウド勤怠とは?特徴や機能を紹介

マネーフォワード クラウド勤怠は、クラウド上で出退勤や休暇の申請・承認などができる勤怠システムです。主な機能や料金、導入をおすすめしたい企業の特徴などを解説しているので、勤怠管理システムを探している方はぜひ参考にしてください。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

ミツモア
  • 1125
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

マネーフォワード クラウド勤怠とは

マネーフォワード クラウド勤怠」とは、勤務形態・雇用形態を問わずさまざまな企業に対応できる勤怠システムです。

カスタマイズ性があり、企業が独自に設けている就業ルールや福利厚生にも対応できます。

マネーフォワードシリーズとの連携もできるため、中長期的な視点でバックオフィス業務を見直したい企業に適しているといえます。

マネーフォワード クラウド勤怠の主な機能

  • 出退勤の管理
  • シフト管理
  • 有給休暇管理
  • 異動履歴管理
  • アラート管理

マネーフォワード クラウド勤怠には、主に5つの機能があります。

出退勤の管理

出退勤の管理機能は、さまざまな打刻方法に対応しています。会社に所属する社員たちは、パソコンやスマートフォンアプリ、Slackなどのチャットツール、さらにはICカードなどを使用して出退勤の記録を行うことが可能です。

日ごろから使い慣れたデバイスで打刻できるようになるため、タイムカードを使った打刻システムからスムーズに移行し、出退勤の記録や管理のデジタル化を実現できます。

出退勤の管理をデジタル化すると複数の拠点を持っている企業やリモートワークを実施している企業なども出退勤記録をクラウド上で残すことができ、打刻データの集計や管理がしやすくなります。

シフト管理

シフト管理機能では、勤務予定を事前に入力することで、シフトの確認や管理をクラウド上で行えます。また、クラウド上でシフトを管理することで、会社員は自分の勤務予定の把握、管理者は所定時間と時間外労働の自動集計などが可能になります。

労働時間の自動集計によって時間外労働の管理が簡単になり、労働基準法や36協定などの遵守状況の確認がしやすくなります。また、シフトの変更や調整も簡単に行えるため、従業員と管理者双方の円滑なコミュニケーションを手助けします。

有給休暇管理

有給休暇管理機能により、有給休暇の付与、使用状況の追跡、残り日数の確認が簡単になります。さらに、有給休暇の自動付与機能があるため、従業員ごとの有給休暇の付与ルールを設定し、自動的に管理簿に反映させることが可能です。

会社員は自分の有給休暇の状況をクラウド上で常に把握でき、管理者は休暇の管理や計画における誤りや煩雑さを減らすことができます​​。

異動履歴管理

異動履歴管理機能では、会社員の異動履歴を保存し、管理することが可能です。これにより、会社員が部署や職種を変更した際の情報を正確に追跡し、異動に伴う勤怠管理の変更をスムーズに行うことができます。

組織改編や人事異動が頻繁に行われる大規模企業にとって、移動履歴の管理機能は特に有効であり、異動に伴う勤怠データの整合性を保つ上で重要な役割を果たします​​。

アラート管理

アラート管理機能を使えば、異常な打刻や残業時間の過多、36協定違反などの状況をリアルタイムで検知し、管理者に通知することができます。通知を受けた管理者は、労働時間の違反や健康管理上のリスクを早期に識別して適切な対策を行うことが可能です。

また、この機能は労働基準法などの法規制の遵守にも役立ち、企業が法的に罰せられるリスクを避けることにもつながります​​。

マネーフォワード クラウド勤怠がおすすめな企業

提供:LIMIA編集部

マネーフォワード クラウド勤怠が特に適しているのは、多様な働き方を採用している企業や、「マネーフォワード クラウド人事管理」「マネーフォワード クラウド給与」など他のマネーフォワードサービスとの連携を強化したい企業です。

マネーフォワード クラウド勤怠のシステムは、基本勤務制からフレックスタイム制まで、さまざまな就業ルールに対応し、カスタム自動集計機能を通じて企業独自の就業ルールや福利厚生制度に合わせた柔軟な勤怠管理を実現します。

特に離れた場所で複数の拠点を持っていたり、リモートワークなどの新しい働き方を取り入れていたりする企業に適しているでしょう。

また、マネーフォワード クラウド勤怠は、「マネーフォワード クラウド人事管理」「マネーフォワード クラウド給与」など他のマネーフォワード製品との幅広い連携が可能であり、確定した勤怠データを給与計算ソフトへ簡単に連携できる点が強みです。

すでにマネーフォワード製品を利用している企業にとっては、勤怠管理システムとしての統合性と効率化を実現することができます。

マネーフォワード クラウド勤怠の料金プラン

提供:LIMIA編集部
  • 個人向け
  • 法人向け(従業員数50名以下)
  • 法人向け(従業員数50名以上)

マネーフォワード クラウド勤怠の料金プランは、大きく3つに分けられます。

個人向け

プラン名

パーソナルミニ

パーソナル

パーソナルプラス

年額プラン

10,800円/年 (900円/月)

15,360円/年 (1,280円/月)

35,760円/年 (2,980円/月)

月額プラン

1,280円/月

1,680円/月

なし

※価格はすべて税抜

個人向けの料金プランでは、副業をしている方から自営業・個人事業主として働いている方まで幅広くサポートできるプランがあります。

確定申告についてはメールやチャット、電話(※)でサポートを受けることも可能です。

※:電話サポートはパーソナルプラスのみ

法人向け(従業員数50名以下)

  • 基本料金+従量課金+その他オプション

プラン名

小規模事業者向け スモールビジネス

中小企業向け ビジネス

IPO準備・中堅~上場企業向け

年額プラン

35,760円/年 (2,980円/月)

59,760円/年 (4,980円/月)

要見積もり

月額プラン

3,980円/月

5,980円/月

要見積もり

※価格はすべて税抜

従業員数50名以下の法人向けの料金プランでは、小規模事業者から中小企業までの業務効率化を担えるプランがあります。

個人向けプランと異なり基本料金に従量課金されていくシステムのため、従業員数が増えたり減ったりした際にも対応できるようになっています。

法人向け(従業員数51名以上)

  • 初期費用+固定利用料金+超過利用料金

従業員数51名を超える法人の料金プランは、初期費用と固定料金に加えて超過分の利用料金がかかるプランとなっています。

詳しくは公式サイトで出せる無料の見積もりをチェックしましょう。

【PR】マネーフォワード クラウド勤怠以外の勤怠システムをミツモアでチェックしよう

出典:ミツモア

マネーフォワード クラウド勤怠のような勤怠管理システムを探している人は、ミツモアの商品比較サービスを利用してみるのがおすすめです。

質問に答えると最適なツールを提案

ミツモアでは、事業形態や規模など会社の情報に関連した質問に答えるだけで、ぴったりの勤怠管理システムを提案してくれます。

提案される勤怠管理システムは最大5つ。選択肢が多すぎるとかえって迷ってしまうので、ちょうどいい数で提案してくれるのが嬉しいポイントです。

口コミや評判がわかるから選びやすい

ミツモアで提案される勤怠管理システムは、機能や料金などの基本情報以外にも、実際に利用した人の口コミや評判がわかります。

勤怠管理システム選びの参考にできるので、くまなくチェックしてみましょう。

マネーフォワード クラウド勤怠に関するQ&A

提供:LIMIA編集部

ここからはマネーフォワード クラウド勤怠に関する疑問をQ&A形式で答えます。マネーフォワード クラウド勤怠について疑問があればチェックしてみてください。

Q1. マネーフォワード クラウド勤怠とは?

A. クラウド上で勤怠を管理するシステムです

多様な雇用形態に対応できるよう、打刻から休暇の申請まで一元化したシステムとなっています。特にマネーフォワード クラウド勤怠はカスタマイズ性があり、企業独自のルールに則った勤怠管理を行うことができます。

Q2. マネーフォワード クラウド勤怠は有料?

A. 有料ですが1ヶ月の無料トライアルでお試しができます

マネーフォワード クラウドの複数サービスを1ヶ月間お試しできます。無料トライアル終了後に自動で課金されることはないので、気になる方はまずは試してみるといいでしょう。

勤怠管理に関する記事もチェック

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2024年1月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1125
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ビジネスの課題解決や業務効率化に役立つ情報をお届けします。

LIMIAビジネス部さんの他のアイデア

ビジネス向けソフトウェアのデイリーランキング

おすすめのアイデア