保証ファクタリングとは?仕組みやメリットをわかりやすく解説

保証ファクタリングとは、万が一取引先(売掛先)が代金(売掛金)を支払えなくなったときに、ファクタリング会社が保証金額の範囲で代金を支払ってくれるサービスです。利用時の注意点もあるので、事前に確認しておきましょう。また、保証ファクタリングを利用できるおすすめファクタリング会社も紹介します。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 813
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

保証ファクタリングの仕組みとは?

提供:LIMIA編集部

保証ファクタリングとは、取引先(売掛先)から代金(売掛金)が回収できなくなったときのリスクに備えられるサービスです。

ファクタリング会社と保証契約することで、ファクタリング会社が取引先の与信調査を行い、代金が回収できない場合に代金の一部を保証してくれる仕組みになっています。

保証型と買取型のファクタリングの違い

提供:LIMIA編集部

保証型のファクタリング(売掛保証)は、貸倒リスクに備えられるのに対して、買取型のファクタリングは、早期に現金化ができます

ファクタリング会社が請求書などの売掛債権を買取ることで、支払期日より前に現金を得られます。すぐに資金調達がしたいときに利用できるサービスです。

保証ファクタリングのメリット

提供:LIMIA編集部
  1. 1.取引先の貸倒リスクに備えられる
  2. 2.取引先の与信調査を省略できる
  3. 3.取引先に知られずに契約できる

ここでは、保証ファクタリングのメリットを3つ紹介します。

【1】取引先の貸倒リスクに備えられる

取引先の経営状況が悪化したり、万が一倒産しても保証ファクタリングを利用することで代金の一部を保証してくれるため、自社の売上が1社に依存している場合や、取引にリスクがあるときに利用することで貸倒のリスクに備えられます。

【2】取引先の与信調査を省略できる

ファクタリング会社が取引先から代金を回収できるか与信調査を行うため、自社で取引先の信用度を調べる必要はありません。

もし、取引先が倒産しても、債権管理に関連した業務もファクタリング会社が行ってくれることもあるので、手間がかかる管理や取引業務を軽減できます。

【3】取引先に知られずに契約できる

保証ファクタリングではファクタリング会社が取引先から代金を回収できるかなど与信審査などを行います。

買取型の場合によって取引先に通知が届くこともありますが、保証ファクタリングでは取引先には通知しないため、取引先に知られることなくファクタリング取引が利用できます。

保証ファクタリングのデメリット

提供:LIMIA編集部
  • 保証料が発生する
  • 取引先の信用力によって利用できない場合もある

保証ファクタリングにもデメリットがあります。ここでは、保証ファクタリングで発生するデメリットについて解説します。

【1】保証料が発生する

保証ファクタリングを利用する場合、保証料が発生します。保証料は、取引先の信用度などによって異なります。

請求していた代金が無事支払われると保証料は無駄になりますが、代金が回収できなかったときのための保険と思えば、万一のリスクの備えとして必要なお金とも考えられます。

【2】取引先の信用力によって利用できない場合もある

ファクタリング会社は、代金の回収ができるかどうかを判断するために取引先の与信調査を行います。もし、取引先の信用力が不十分な場合、ファクタリング取引が利用できないケースもあります。

また、契約した後でも、取引先の信用力が下がれば、保証が廃止される場合も発生します。

LIMIA編集部
代金(売掛金)の全額が保証される訳ではない
保証される代金は、ファクタリングの契約時に設定した保証限度額の範囲内で決められます。万が一、保証ファクタリングで代金を支給してもらうときには、全額が支給されるとは限りません。また、保証限度額は取引先の信用力によって異なるので、あらかじめ問い合わせしておくと良いでしょう。

保証ファクタリングが利用できる会社4選

  1. 1.SMBCファイナンスサービス株式会社
  2. 2.りそな決済サービス株式会社
  3. 3.三菱UFJファクター株式会社
  4. 4.みずほファクター株式会社

SMBCファイナンスサービス株式会社

出典:SMBCファイナンスサービス株式会社

「SMBCファイナンスサービス株式会社」の保証ファクタリングは、保証対象となる取引先が8社以上あることで申し込み・契約ができます。専用WEBサイトに登録することで、オンラインで保証ファクタリングを利用できるようになります。

手数料

申し込み金額の限度

利用できる対象者

要問い合わせ

取引先の信用力によって異なる

誰でも

りそな決済サービス株式会社

出典:りそな決済サービス株式会社

「りそな決済サービス株式会社」では、保証型と買取り型のファクタリング取引が行えます。少額でのファクタリング取引でも相談でき、1社ごとに保証限度額を設定できるのも特徴です。

手数料

申し込み金額の限度

利用できる対象者

要問い合わせ

要問い合わせ

誰でも

三菱UFJファクター株式会社

出典:三菱UFJファクター株式会社

「三菱UFJファクター株式会社」は、申し込み時に10社以上の取引先を提示する必要があります。契約後から取引先を追加したり、1社ごとの保証限度額の設定を変更することも可能です。

保証ファクタリング以外にも下請債権保全支援事業、国際ファクタリングの取扱もあります。

手数料

申し込み金額の限度

利用できる対象者

要問い合わせ

要問い合わせ

誰でも

みずほファクター株式会社

出典:みずほファクター株式会社

「みずほファクター株式会社」は、国内外のファクタリングにも対応しています。保証ファクタリングには包括保証と個別保証の2種類あります。

包括保証は、取引を継続的に行っている取引先を包括的に保証するサービスです。保証対象となる取引先が10社以上であり、合計5,000万円以上から申し込みができます。

個別保証は、与信管理が必要な取引先が対象となり、5社以上の取引先があり、最低保証金額が1社につき200万円以上から申し込みが可能です。

手数料

申し込み金額の限度

利用できる対象者

要問い合わせ

最低保証金額200万円

誰でも

保証ファクタリングに関するQ&A

提供:LIMIA編集部

Q1. 保証ファクタリングとは?

A. 取引先が倒産などした場合などに保証範囲内で売掛金を回収できるサービスのことです。

保証ファクタリングを利用することで、貸倒のリスクに備えることができます。取引先が少ないときや、売上が1社に依存しているときに活用できます。

Q2. 保証型と買取型の違いとは?

A. 保証型は安全にリスクに備えられる。買取型はすぐに資金調達ができる

保証ファクタリングは、保証料を支払うことで代金の回収ができない場合に備えることができます。取引先に信用リスクがあるときに役立ちます。

買取型のファクタリングでは請求書などをファクタリング会社が買い取り、スピーディーに現金化できます。そのため、すぐに資金調達が必要な場合に活用できるサービスです。

Q3. 保証ファクタリングのメリットとは?

A. 取引先に知られずにリスクに備えられる

保証ファクタリングは、取引先に通知せずに利用できます。また、万が一取引先が代金の支払ができない状況になっても、事前に決めた金額の範囲内で代金を回収できます。

Q4. 保証ファクタリングの注意点とは?

A. 保証料が発生し、取引先の信用力によっては保証ファクタリングの利用ができない

保証ファクタリングには保証料が必要になります。取引先の信用力や経営状況によっては保証ファクタリングの利用ができないケースもあります。また、保証ファクタリングであっても代金を全額回収できるわけでないので注意しましょう。

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年9月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 813
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

ビジネスの課題解決や業務効率化に役立つ情報をお届けします。

LIMIAビジネス部さんの他のアイデア

ビジネス向けソフトウェアのデイリーランキング

おすすめのアイデア