J:COM電力・ガスの評判は?サービス内容やメリット・デメリットは?

ケーブルテレビやインターネット回線事業で有名な『J:COM』には、ガスと電力のサービスがあります。しかし、お得に利用できる一方、気になるのは利用者の口コミです。実際に安いのか? 品質は問題ないのか? この記事ではLIMIA編集部が『J:COM電力』と『J:COMガス』の口コミを徹底的に調査しました。それぞれの評判やメリット・デメリットに加え、電力・ガスを契約した際の他社との料金比較をご紹介します。

JCOM株式会社
  • 1905
  • 2
  • 1
  • いいね
  • クリップ

ケーブルテレビやインターネット事業で有名な『J:COM』は、『J:COM電力』『J:COMガス』とインフラ面でも事業を展開しています。

LIMIA編集部が『J:COM電力』『J:COMガス』について、利用者の評判や口コミを調査したところ、以下のような人におすすめできることがわかりました。

▼『J:COM電力』や『J:COMガス』がおすすめの人

  • J:COMの他サービスを利用している
  • インフラの支払いを一元化したい
  • 電気代やガス代をできるだけ安くしたい

J:COM電力の評判&口コミを調査

『J:COM電力』の評判・口コミを調査しました。2016年4月1日から始まった電力の自由化にともなってサービス開始した『J:COM電力』は、100万件もの契約実績(※1)があるため、安心して利用できるサービスです。

良い口コミと悪い口コミを見ながら、『J:COM電力』の評判について見ていきましょう。

※1 2021年4月時点。『J:COM電力』調べ。

良い評判・口コミ

『J:COM 電力』の口コミ
今JCOMでインターネットを利用しているので電気料金プランに加入する事は可能です。中身も関西電力の料金と比べて同じ使用料であれば若干程度ですが安く抑えれます。そこでテレビ、ネット、電話のサービスを利用していればさらに月々で1000円程度の割引を受ける事が出来ます。
出典:minhyo.jp

『J:COM電力』といっても『東京電力』や『関西電力』などと同じ送電設備を使用するため、電力の安全性や安定性は変わりません。販売元が『J:COM電力』に変わるだけです。

電力の品質を保ったままセット割の活用で支払い金額をカットできるのが『J:COM電力』の良いところと言えます。

悪い評判・口コミ

『J:COM 電力』の口コミ
引っ越しの時に勧められて電気に加入しましたが、平均して高いと思います
解約しようと思ったら解約金、事務手数料?がかかると言われた。
出典:minhyo.jp

安いという口コミの一方で、高いという声も。料金や割引については、このあとの段落で詳しく解説しているのでチェックしてください。

J:COMガスの評判&口コミを調査

2017年4月1日から始まったガスの自由化にともない、『J:COMガス』サービスを開始した『J:COM』。

ガス単体サービスとしては、知名度があまり高くない印象を受けるものの、ネット上ではさまざまな評判や口コミが投稿されていました。

ここでは実際に『J:COMガス』を利用したユーザーの口コミをもとに、「『J:COM』ガスって実際どうなの?」という評判を調査しました。

良い評判・口コミ

『J:COM』は多数の事業を展開していて、サービスを併用することによって料金が安くなる割引キャンペーンが豊富です。電力会社やガス会社の見直しを行うタイミングに『J:COM』に統一すれば、割引キャンペーンを適用できます。

結果的に電力会社とガス会社を別々にするよりもお得になるケースがあるため、現状の料金に不満がある人は『J:COM』の利用検討をおすすめします。

悪い評判・口コミ

料金について確認をするために何度もトライしているが電話が繋がらない、繋がったら奇跡との声がありました。時間帯によってお問い合わせの混み具合もありますが、すぐに確認をしたい内容や急いでいる場合は気になる点ですね。

J:COM電力・ガスの基本情報

ケーブルTVやインターネット回線事業を主軸とした『J:COM』。まずは、『J:COM』という会社について、『J:COM電力』『J:COMガス』を含めた基本情報を見ていきましょう。

J:COMはなんの会社?

『J:COM』は『JCOM株式会社(旧:株式会社ジュピターテレコム)』が提供しているサービス名です。『J:COM』では、以下の事業を展開しています。

  • ケーブル・プラットフォーム事業
  • メディア・エンタテインメント事業
  • エネルギー事業
  • 通販事業
  • ほけん事業

とくにメイン事業として大きな規模を誇るのが、ケーブルテレビや高速インターネット接続、固定電話、モバイルなどの“ケーブル・プラットフォーム事業”です。

電力やガスの提供を行う“エネルギー事業”は規模が小さく、『J:COM』全体の中での知名度としては、あまり有名ではありません。しかし、光熱費を抑えたい節約志向の人などから『J:COM電力』や『J:COMガス』は注目を集めていて、今なお成長を続けている事業です。

J:COM電力・ガスの対応エリア

『J:COM電力』や『J:COMガス』の利用を検討していても、サービス提供エリア内でないと契約できません。まずはそれぞれの提供可能なエリアを確認しましょう。

【電力】東京・関西を含む全国6エリア

『J:COM電力』のサービスエリアは、2021年9月時点で6エリアです。

  • 北海道電力エリア
  • 東北電力エリア
  • 東京電力エリア
  • 関西電力エリア
  • 中国電力エリア
  • 九州電力エリア

地域別に料金メニューが異なりますので、『J:COM電力』を契約する前に現在住んでいる地域のエリアで料金をシミュレーションするようにしましょう。

【ガス】東京ガス・大阪ガス・京葉ガスのエリア

『J:COMガス』の提供エリアは以下の3エリア。ほぼ全国をカバーしているため、『J:COMガス』に切り替えたくてもサービスエリア外だったというケースは少ないでしょう。

  • 東京ガスエリア
  • 大阪ガスエリア
  • 京葉ガスエリア

また、『J:COMガス』は全国の都市ガスを対象にサービス提供しています。そのため、プロパンガスを使用している物件やオール電化の物件には対応していません

J:COM電力・ガスを他社と料金比較

『J:COM電力』と『J:COMガス』をセットで契約した場合、他社と比べてどれくらい安いのかを比較しました。

以下は、電力とガスの使用量は統一し、適用可能な割引キャンペーンをすべて適用した期間中の料金表です。

J:COM電力・ガス

東京電力

関西電力

月額料金

23,175円/月

17,193円/月

15,774円/月

プラン

スマートお得プラン320★1(PHONEコース) 内訳: 電力・ガス TV87ch・NET320M(Wi-Fi付) 電話回線

とくとくガスプラン 内訳: 電力・ガス

なっトクパック 内訳: 電力・ガス

割引 キャンペーン

・J:COM電力:基本料金10%割引+電気基本料4ヶ月無料 ・ガスセット割(1,320円(税込)/年割引) ・WEB限定スタート割(6ヶ月間4,100円(税込)/月割引)

・ガスセット割(年間1,224円割引) ・口座振替割(660円(税込)/月割引) ・スタート割(12ヶ月間 5%オフ/月)

・ガスセット割(ガスの基本料金2ヶ月無料) ・口座振替割(1契約につき55円(税込)/月割引) ・電気セット割引(電気料金×3%割引)

特典 プレゼント

・WEB得(QUOカードPay6,000円分) <条件> 1. J:COMパーソナルIDの登録

・WEB申し込みで初回1,000ポイント <条件> 1. 電気プラン:プレミアムS/L、スタンダードS/L、夜トク8/12、スマートライフS/L、アクアエナジー100など 2. ガスプラン:とくとくガスプラン、とくとくガスAPプラン、とくとくガス床暖プラン

・年間約700円相当の充当可能なポイント ※対象家電機器の新規登録で貯まるポイント含む <条件> 1. はぴeポイントへの登録 2. 年間料金:電気約6,500円(税込)/月、ガス約4,700円(税込)/月(基本料金適用時は約3,500円(税込)/月) 3. 毎月のはぴeみる電ログイン

『J:COM』は電力+ガスだけでの契約ができないため、『TV+NET+PHONE』がセットになったおすすめプランでの算出となります。しかし、『J:COM』の『電力』と『ガス』を契約するには、他サービスとのセット契約が必須。テレビやインターネット回線も契約したい人にとっては『J:COM』が適していると言えます。

<前提条件>
※電力(50A 481kWh)ガス(30㎥)使用した場合の金額
※小数点以下は切り捨て
※別途、燃料費調整額および再生可能エネルギー発電促進賦課金が発生

<適用条件・注意事項>
▼J:COM電力・ガス
※TVかNETを含む1~2年の長期契約プランへ加入
※東京ガス一般コース→J:COMガス一般コースへ乗り換え
※東京電力 50A →J:COM電力従量B 50A へ乗り換え
※従量メニューの場合は電力量料金から3段階で割引
※各サービスの利用・解約・サービス変更には工事費/手数料/初期費用などが必要

▼東京電力
※ガスセット割:とくとくガスプランの適用+東京電力が指定する電気料金プラン(ホームページに記載)の締結で適用
※原則、口座振替もしくはクレジットカードで電気とガスを一括で支払う必要あり
※振込用紙での支払いは220円(税込)/月の発行手数料が発生(電気とガスを一括で支払う場合は無料)
※とくとくガスAPプランはガスセット割の対象外

▼関西電力
※なっトクプラン、なっトクプラン(eo割)、なっトクプラン for au、なっトクプラン for 中央電力、なっトクプランO、なっトクプランO(eo割)、なっトクプランO for auにガスセット割を適用
※2022年2月1日~2022年4月30日の期間中に新規お申込み
※2022年6月30日までに需給開始のうえ、需給開始から1年以上の契約が条件
※関西電力が同時期に実施する、その他キャンペーンとの併用ができない場合あり

J:COM電力・ガスを契約するデメリット3つ

『J:COM電力』や『J:COMガス』の評判・口コミや料金を見た上で見えたデメリットをご紹介します。

  1. 1.セット割でないと割高になる
  2. 2.ガスだけでは契約できない
  3. 3.辛口の口コミが多い

1. セット割でないと割高になる

『J:COM』は複数のサービスをまとめて契約するセット割でお得になるケースが多いです。そのため、『J:COM電力』を単体で契約しても料金のメリットはあまり感じられないでしょう。いま利用している電力会社のキャンペーンや割引の適用によっては、かえって割高になってしまうことも。

『J:COM電力』が群を抜いて安いというわけではないため、セット割を活用して安くなるかどうかをしっかり吟味する必要があります。

2. ガスだけでは契約できない

単体でも契約できる『J:COM電力』とは違い、『J:COMガス』はガス単体での契約ができません。『J:COMガス』へ加入するためには、TVやNET、MOBILEなど『J:COM』の他サービスとセットになっている『ガスセット(長期契約プラン)』への加入もしくは契約変更が必須です。

『J:COMガス』と他サービスをまとめて契約することによってセット割を適用できるため、すでに『J:COM』のサービスを利用している人や、『J:COM』でまとめたい人に適しています。

J:COM電力・ガスを契約するメリット5つ

新規加入もしくは切り替えで得られるメリットもあります。自分にとってお得かそうでないかをしっかりと見極めましょう。

  1. 1.J:COMサービスをまとめて契約でお得に
  2. 2.使用量に合わせて選べるコース
  3. 3.供給エリアが広い
  4. 4.電力の使用量が多いほどお得
  5. 5.電気・ガス・ネット代をまとめて支払える

1. J:COMサービスをまとめて契約でお得に

例えば東京都の集合住宅で『スマートお得プラン320(PHONEコース)ガスセット・電力』のコースを契約したと仮定します。

すると、ガスセット割に加えてWEB限定スタート割と電力基本料金4ヶ月無料、さらにWEB得でQUOカードPay6,000円分プレゼントなどの特典が適用されます。『J:COM』のテレビだけ契約している、ネットだけ契約しているといった人は、電力やガスをまとめるとさらに安く契約できるコースを見つけられるかもしれません。

2. 使用量に合わせて選べるコース

インフラの契約で大切なのは、適切な使用量のプランを選んで基本料金を抑えることです。

『J:COMガス』は『東京ガス』や『大阪ガス』に相当するコースが用意されていて、『J:COM電力』では家庭用コース(従量B・C)やオール電化メニューなど。従来の契約プランと同レベルを選べるので、過剰な使用量のコースを選ぶ必要はありません。

料金シミュレーションを使えば、『J:COM電力』や『J:COMガス』へ乗り換えて本当にお得かどうかを事前に判断できます。

3. 供給エリアが広い

『J:COM』のサービス全般に言えることですが、サービス提供エリアが広いのは大きなメリットです。お得なサービスでもサービス提供エリアの対象外では契約ができません。

『J:COMガス』は『東京ガス』『大阪ガス』を含むほぼ全国でサービス提供していて、『J:COM電力』も『東京電力エリア』『関西電力エリア』を含み、北は北海道、南は九州の全国6エリアでサービス提供しています。

送配電設備やガスの供給はこれまで通り行われるので、サービス提供エリア内であれば特別な工事も不要です。

4. 電力の使用量が多いほどお得

『J:COM電力』に切り替えるだけでずっとお得、と謳っている『J:COM電力』。

『J:COM電力』の料金は、住んでいるエリアの地域電力会社と同じ単価に設定されます。そこから電力の使用量によって最大10%の割引を行う仕組みです。電力の使用状況による割引率は以下の通り。

  • 0.5%割引:~120kwh
  • 1%割引:121kwh~300kwh
  • 10%割引:301kwh~(札幌エリアは280kWh~)

また、『J:COM電力』の割引は従量メニューを契約した場合のみです。地域の電力会社の基本料金を設定するため、地域電力会社の割引キャンペーンや口座振替割引によっては『J:COM電力』の方が高いケースもあります。

※別途「燃料費調整額」および「再生可能エネルギー発電促進賦課金」が必要です。

5. 電気・ガス・ネット代をまとめて支払える

テレビ・インターネット・電話・電気とガスなど、『J:COM』のサービスをセットで契約すれば支払いをまとめることができます。

請求金額や使用量をWebで確認でき、家計管理もラクラク。請求書や振り込みの数を減らしたい人、支払いを一元化したい人は『J:COM』でまとめるのがおすすめです。

電力・ガス料金表の確認方法、解約金・違約金

電力やガスの料金は、住んでいる地域や使用量によって変わります。まずは自分が住んでいる地域でどのくらいの料金がかかるのかをチェック!

『J:COM電力』『J:COMガス』の公式サイトでは、地域や使用量などを選択することで料金シミュレーションが行えます。それぞれのやり方をご紹介します。

電力の料金を確認する方法

『J:COM電力』の公式サイトから電気料金シミュレーションのページにアクセスします。料金をシミュレーションするために必要なステップは3つ。

  1. 1.エリア選択
  2. 2.現在の契約内容選択
  3. 3.電気料金・使用量を入力

各ステップに設けてある項目を入力するだけで、電気料金をシミュレーションできます。シミュレーション結果のページからそのまま続けてWeb申し込みも可能です。

電力の解約金・違約金

長期契約を前提とした縛りプランや解約時の高額な違約金を設けているサービスが多い中、『J:COM電力』のサービスでは契約期間の縛りや違約金が一切ありません

ガスの料金を確認する方法

『J:COMガス』の公式サイトから、料金シミュレーションのページへアクセスします。あらかじめ用意してある項目に沿って選択していくと、3ステップで料金が算出されます。

  1. 1.エリアと住居タイプの選択
  2. 2.サービス利用状況の選択
  3. 3.サービスの選択

『J:COMガス』は併用するサービスによって料金が大きく変わるため、契約したいプランを決めてから料金シミュレーションするのがおすすめです。オプションを追加したり、工事費・手数料なども概算できるため、概算の料金を知ることが可能です。

ガスの解約金・違約金

『J:COMガス』は、併用するサービスやコースによって解約の違約金が異なります。別途で工事費・手数料などがかかることは覚えておきましょう。

J:COM電力・ガスの申し込み&解約方法

『J:COM電力』と『J:COMガス』どちらもWebからの申し込みは公式サイトで行います。もし、契約に関して疑問点や不明点があった場合は、契約前に問い合わせをしましょう。

  • 『J:COM電力』の問い合わせ
  • 1. 公式サイトの自動チャット
  • 2. 電話:0120-848-816(9:00〜18:00/年中無休)
  • 『J:COMガス』の問い合わせ
  • 1. 電話:0120-848-816(9:00〜18:00/年中無休)

まずは電力&ガス利用時の料金シミュレーション

『J:COM電力』『J:COMガス』どちらを利用するにしても、料金シミュレーションは必ず行いましょう。概算だけでも出すことによって、いざ契約するときのミスマッチを減らすことができます

料金シミュレーションは、『J:COM電力』『J:COMガス』各公式サイトから行えます。

ガスセット+電力の申し込み・解約方法

『J:COMガス』は単体での申し込みができないため、『J:COM』他サービスとのセット契約になります。申し込み画面でプランを選択する項目があるので、テレビ・インターネット・PHONE・MOBILE・ガス・電気の中から契約したいサービスを選びましょう。

申し込み完了後は『J:COMガス』からの連絡を待ちます。

  1. 1.対象エリアの確認
  2. 2.Webから申し込み
  3. 3.『J:COM』から連絡・手続き
  4. 4.利用開始

電力単体の申し込み・解約方法

『J:COM電力』のみを契約する場合は、検針票など電力の使用状況がわかるものを準備してからWeb申し込みをしましょう。契約者情報や重要事項の確認を申し込みフォームにて行い、申し込み完了のあとに『J:COM電力』からの連絡を待ちます。

  1. 1.検針票の準備
  2. 2.WEBで申し込み
  3. 3.『J:COM』から連絡・手続き(一部は電話なしで手続き)
  4. 4.利用開始

J:COM電力・ガスを解約する方法

『J:COM』サポートの「J:COMのご解約に関するお手続きについて。」というページへアクセスし、住んでいる地域の担当窓口を検索して解約手続きをしましょう。

解約理由によっては、サービス利用を継続したまま改善できる可能性があるため、解決策がないか探してみるのもひとつです。

【2022年2月現在】J:COM電力でお得なキャンペーンを実施中

2022年2月現在、『J:COM電力』は、月額利用料金が割引される、電力スタート割のキャンペーンを実施しています。
さらに『J:COM MOBILE』とのセット契約で「データ盛」が自動で適用されるため、より一層お得にJ:COMのサービス利用が可能です。

J:COMにまとめてライフラインをお得に

『J:COM電力』『J:COMガス』に限らず、『J:COM』のメリットは複数サービスをまとめて契約することによるお得な割引です! 従来の電力会社やガス会社の基本料金から、割引キャンペーンの適用で安くなるケースが多いです。

電気代基本料金無料やセット割プランなど、割引キャンペーンが多い『J:COM電力』『J:COMガス』のサービスは、すでに『J:COM』の他サービスを使っている人やインフラの支払いを一元化したい人におすすめです!

※掲載している情報はLIMIA編集部の調査(2021年9月)に基づいたものです。
※画像は一部イメージです。

  • 1905
  • 2
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信していきます…

LIMIA編集部さんの他のアイデア

サービスのデイリーランキング

おすすめのアイデア