人造大理石について徹底解説!人口大理石との違いも紹介

人造大理石についての特徴やメリット・デメリットを紹介していきます。また、人工大理石との違いも紹介しています。

本サービス内ではアフィリエイト広告を利用しています

  • 1945
  • 0
  • 0
  • いいね
  • クリップ

人造大理石とは

天然の大理石を砕いて他の石材のチップを混ぜ、セメントや樹脂などで固めたもののことをいいます。テラゾーと呼ばれることもあり、素材に本物の大理石を使っているのが特徴です。

人造大理石のメリット・デメリット

提供:LIMIA編集部

人造大理石のメリットとして天然大理石に比べて価格が安いというのと、大理石の持つ高級感を演出できるという点があげられます。

ただ人造大理石は少し硬いため、人工大理石に比べて加工が難しいのがデメリットです。また仕上げに研磨作業が必要なため、浴槽などの複雑な形には適しておらず、壁材や床材などの一枚板の製品として使われることが多いです。

人工大理石とは

人工大理石は名前に大理石が入っているものの、天然の大理石は使われていません。主にアクリルやポリエステルの樹脂を原料として作られています。天然大理石のような風合いを演出することができ、浴槽やキッチンの素材として人気のタイプです。

また、人工大理石はやわらかい樹脂を使用しているため加工しやすく、デザインやカラーバリエーションも豊富となっています。

人造大理石と人工大理石の違い

人造大理石と人工大理石の違いを表でまとめました。

種類

特徴

メリット

デメリット

人造大理石

本物の大理石とセメントや樹脂を混ぜて作られている

・天然の大理石に比べて価格が安い ・大理石の持つ高級感を演出できる

・人工大理石に比べて加工が難しい

人工大理石

大理石を使用せず、アクリルやポリエステルの樹脂を原料としている

・樹脂のため、やわらかく加工がしやすい ・デザインやカラーバリエーションが豊富

・熱に弱く、傷がつきやすい

人造大理石へのリフォームはリショップナビに相談してみよう!

人造大理石のリフォームならリショップナビに相談してみましょう。

リショップナビでは、専門のコンシェルジュが希望に沿った業者を厳選して紹介してくれます。それぞれの業者を比較して自分に合った業者を見つけることができるのがメリットです。

さらに「リショップナビ安心保証」がついているため、万が一契約したリフォーム会社が倒産してしまっても、前払金の返還や代替リフォーム会社の紹介をしてくれます。

人造大理石に関するQ&A

Q1. 人造大理石とは?

A. 天然の大理石を砕いてセメントや樹脂で固めたもののことです。

人造大理石は天然の大理石を砕いて他の石材のチップを混ぜ、セメントや樹脂などで固めて作られています。テラゾーとも呼ばれており、素材に本物の大理石を使っているのが特徴です。

Q2. 人工大理石とは?

A. 天然の大理石は使用せず、アクリルやポリエステルの樹脂を使って作られたもののことです。

人工大理石は主にアクリルやポリエステルの樹脂を原料として作られています。天然の大理石は一切使用していません。原料が樹脂のためやわらかく、加工しやすいのが特徴です。

Q3. 人造大理石のメリット・デメリットは?

A. 人造大理石のメリット・デメリットは以下の通りです。

メリット

・天然の大理石に比べて価格が安い ・大理石の持つ高級感を演出できる

デメリット

・人工大理石に比べて加工が難しい

※記載している情報は、LIMIA編集部の調査結果(2023年10月)に基づいたものです。
※画像は全てイメージです。

  • 1945
  • 0
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部の公式アカウントです。手軽な家事の工夫、お得なセール情報、100均グッズ、収納アイデアなど、暮らしに関するオリジナルコンテンツを配信しています。

LIMIA編集部さんの他のアイデア

住宅設備・リフォームのデイリーランキング

おすすめのアイデア