シェードガーデンを作りましょう(日陰でも育てられる植物)

日当たりが悪い場所でも大丈夫。耐陰性のある植物でおしゃれなシェードガーデンを作ってみましょう!

  • 4165
  • 25
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ホスタ(ギボウシ)
日陰でも育つ(むしろ半日陰を好む)植物の中で、
恋子の一番のおすすめは斑入りのホスタです。
斑入りといっても、種類がいろいろあって迷ってしまいますね。
ちなみに、斑入りの葉には、日陰を明るく見せる効果があります。
(白い部分が、光っているようにみえるからでしょうか)
主に葉を鑑賞する植物ですが、初夏には薄紫色の花も咲かせます。
難点は、冬には地上部が枯れてしまうこと。バラの施肥の時に、
植えてあることを忘れてガリッとやってしまったことが何度かあります。
鉢植えやポット苗はとても高いけれど、
裸苗ならネットで1株600円くらいから買えます。
今年は一気に6種類のホスタを購入してみました。
綺麗に葉が展開したら、写真を追加しますね。

ホスタの株間には、2種類のカレックスCalexを合計10株植えました。
斑入りシマカンスゲ Variegataを3株、
イエローリーフのカレックスYellow Tasselsを7株ほど。
ツンツンと線状に展開するカレックスの葉と、
大きく広がるホスタの葉とのコントラストが面白いのです。

さらに最前面には、匍匐性の植物を投入。
紫色の花をつけるアジュガ Ajuga reptans、
斑入りヤブコウジ、黄色い花を咲かせる斑入りラミウム。
いずれも日陰に強く、ほっといても増えるほど強い植物たちです。

斑入りのラミウムも大好き。
シルバーリーフがおしゃれで、ピンク色の花を咲かせるような
種類のものは、一年でダメになってしまいましたが、
この黄色い花を咲かせるラミウムは原種に近いのか、とても強靭。
ほっといても地下茎で増えるし、挿せばもっと増えます。バラや
植栽の株元が寂しい時などにも便利なグランドカバープランツです。

  • 4165
  • 25
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

ガーデン・ランドスケープ

「自宅でリゾート」をテーマに、我が家と庭を「世界一居心地のいい場所」しようと、日々奮闘中のリーママ恋子です。「ガーデニング」を一番の趣味とし、バラと宿根草を中心…

おすすめのアイデア

話題のキーワード