中国黄土の家

木造3階建ての都市型住宅です。周囲は3階建ての建物に囲われており、土地は30坪と、あまり広くありません。
厳しい条件の中、1階の母のための居住スペース、採光、プライバシーの確保が重要課題でした。
3階は温泉旅館でのんびりしているような空間です。
壁仕上げは、日本の伝統色に使われる顔料・中国黄土を混ぜ込んだ珪藻土を塗っております。
この壁が、プライバシーを守りながらも、優しい光に包まれた空間を形成しております。
外観にあまり窓はありませんが、内部に入ると明るく、開放的で、カーテン要らずの生活ができます。

  • 494
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 494
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

おすすめのアイデア

話題のキーワード