焼杉に包まれた優しい木の家

ご夫婦二人のための都市型住宅です。1階には、4.5畳の土間、玄関収納を兼ねた内玄関、小上がりの畳スペース、書斎。拘りのキッチンは業務用で、幅3メートルのアイランドと壁付きの二列型。2階には、坪庭に面した在来工法の浴室、吹抜・中庭を内包した寝室。27坪とコンパクトな計画でありながら、多様性に富んだ空間構成となっております。

  • 1538
  • 12
  • 0
  • いいね
  • クリップ
北側道路に面した敷地。玄関は左脇の奥に構え、路地に惹き込まれるような設え。そのまま南側のお庭に通り抜けることができます。間口が狭い敷地ながらも、人の歩く距離を長くすることにより、奥行きのあるアプローチを演出しようと考えました。
南側の縁側に縦格子を嵌め込むことにしました。大きな3枚の建具。可動式で、片側に引き寄せることができます。プライバシーが保たれ、防犯も安心です。夏場は、避暑対策としても活躍してくれます。もちろん格子を開ければ開放的になり、暖かい陽射しを採り入れることもできます。
玄関を入って正面の風景。目の前にはキッチンがあります。奥さまは、料理が大好き。美味しいものを作ることが何より幸せ。ゆくゆくは、ここで小料理屋さんでもやろうかと。玄関を入ると、女将さんの笑顔が待っている。そんな構えです。
土間は路地に面しており、掃き出し窓を開ければ、外部と一体的に使えます。小上がりの下には、長物の資材も入る大容量の床下収納。左手の豊かな緑は、お隣さんのお庭。借景として眺めさせてもらっています。
玄関収納。靴、コート、傘はもちろんのこと、ご主人の趣味である日曜大工の工具も仕舞います。正面には手洗い。お出かけ時の身だしなみ、帰宅時の手洗いはもちろんのこと、大工作業時にも活用できるポジションに構えております。手洗い左手には引戸があり、そのままLDKにウォークスルーできる裏動線にもなっています。靴を脱ぎ履きする内玄関になっているので、靴が土間空間に散らかることもありません。
業務仕様のキッチンをオリジナルで特注しました。もちろんオールステンレス。側面は、業務用でよく使われている「No.4」仕上げ。天板は、傷が気になりにくい「バイブレーション」仕上げに。長さ3メートルのアイランドと壁付きの二列型。ミーレのビルトインオーブン、大型の食洗機、超・強火力のガスコンロ、捕集率99.8%の強力なグリーン排気、などの充実した設備。
和室からLDKを見た景色です。コンパクトな住宅ゆえ、床の間を設けるスペースがなかったので、吉野杉(耳付)の板を浮かせた飾り棚を設けました。
キッチンの上部は、2階の中庭に面した吹抜になっており、明るい陽射しを取り入れるとともに、和室からは青空や星空を見上げることができます。
階段を上がって、手前に水廻り、次に吹抜、中庭、寝室が並んでいます。寝室に辿り着くまでの道のりが長いようにも思いますが、歩く動線を長くすることによって、コンパクトな住宅ながらも空間が大きく感じます。
吹抜を見下ろした様子。中庭を介して、1階のキッチンや和室に明るい陽射しを届けます。
中庭に面した窓は、全開するとサッシが全て袖壁に引き込まれる大開口。寝室と中庭、さらには吹抜とが一つの空間として一体になり、プライバシーを気にすることなく、都心でありながらも開放的な広がりを感じられます。
2階の坪庭に面したサニタリー空間。坪庭は、洗濯物干場としても活用。外から洗濯物が見られることはなく、街並みにも貢献しています。坪庭の外壁を縦格子にすることで、光を取り入れるとともに風通しも良くしています。
坪庭から浴室を見た様子。ユニットバスではなく在来工法。坪庭を眺めながら寛ぐことができる空間。清潔感と上質感を醸し出し、ホテルライクな空間を演出しています。
お庭に面した開口部は、全開するとサッシが全て袖壁に引き込まれる大開口。リビングには、ソファを置かずにハンモック。優雅な佇まいとなっています。
  • 1538
  • 12
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

おすすめのアイデア

話題のキーワード