店のある家

住宅兼美容院という複合住宅の試み。最後まで変わらなかったコンセプトは、住宅の存在を最小限に抑え、店舗が主体に見える外観を優先させること、住宅と店舗が互いにプライバシーを保てる環境をつくることの2点だった。これらを意識しながらの間取り決定。パズルを組み合わせるように、自然とこの形へとたどり着いた。そこで力を発揮したのが、住宅と店舗の間に設けた中庭だった。住宅の外壁の窓は目立たないよう最小限に抑え、中庭面に最大限の採光をとる形にすることで、プライバシーを確保するとともに、家族全員がひとつのつながった空間で過ごせる住まいとなった。

  • 697
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 697
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

山積みされた木材から今日加工される一枚を選び出し、昨日注文を受けたばかりのキャビネットを、新作のダイニングテーブルを、新しくオープンするカフェのカウンターを・・…

おすすめのアイデア

話題のキーワード