世田谷の3層住宅

狭い敷地にどうやって4人家族のために十分な、そして快適な空間を確保するかがテーマです。南の道路に面する大きな窓は、日照をコントロールする庇を取る余裕が無いので、アルミのルーバーを採用しています。適度な寸法のルーバーで夏の日差しは完全に遮ることが出来、冬は十分に日が差します。このルーバーは外観のアクセントにもなっています。またその南面にシースルー階段を配置するという思い切ったプランにより、コンパクトでも開放的な空間になりました。このような形状ですが金物工法により耐震等級も最上級の3となり、地中熱利用のパッシブデザインで自然エネルギー利用の省エネで快適な住宅です。

  • 790
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 790
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

クリーンな自然エネルギーを有効に利用した快適な省エネ住宅、耐震工法により耐震等級3をクリアする高耐震住宅を設計しています。太陽光、風、緑そして地中熱を利用するパ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード