京都の中心でゆったりと時間の流れるプライベートコートを持つ生活空間 : 丸太町の住宅

京都御所東側の古い市街地に計画された都市型の2世帯住宅です。
西側道路側は生活道路ながら通勤道としての利用が多く日中は往来が途切れることが無いため極力閉じた振る舞いをもたせることとした。
一方、東西に長い敷地の南側の≒1/3をプライバシーの高い外部空間とし、そこに向けて諸室全体が配置されています。
アプローチ空間の上部は2階部分が6mの吊構造によって持ち出され軒下空間を構成しています。

  • 846
  • 9
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 846
  • 9
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「ひとつの ”カタチ” 」すべてのモノには ”カタチ” があります。手に持てるような小さなモノから空間や建築のように大きなモノまで無限の ”カタチ” があります…

おすすめのアイデア

話題のキーワード