40年間、土地に育った大きな木と一緒に : 大樹のある山荘

北白川の山裾に位置する敷地内にある”大きな既存樹木と一緒に暮らしてゆきたい”と望まれたクライアントご家族のための小さな住まいです。

単純に樹木の根を傷めないためのだけの配置計画だけではなく、住まい自身も歳を重ねていくことを表現できる素材としてファサードの外壁には小幅の杉角材が張り詰められました。長い時間を経て家族と一緒に時を重ねる住まいとして、また周辺環境に寄り添うような建築となるように意図されています。

この建築によりこの場所にまた新しい時間が積もってゆきます。

  • 1155
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ
木のファサード
  • 1155
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

「ひとつの ”カタチ” 」すべてのモノには ”カタチ” があります。手に持てるような小さなモノから空間や建築のように大きなモノまで無限の ”カタチ” があります…

おすすめのアイデア

話題のキーワード