”象嵌ナーシングチェア"で大正ロマン風に!

本来ナーシングチェアとは、当時の上流階級の家庭で使用されていたチェアで授乳の際等、乳児を抱いて座る為に作られた椅子のため、ゆったりくつろげる様に座面高は通常のチェアに比べて低く、座面も広く設計されています。
近年、和室で正座よりも椅子に座る方を好まれる中高年の方が増え、座面の低いナーサリーチェアーが人気!マホガニーの美しい木質感や上品な象嵌が施された英国アンティーク家具は和室にも馴染み、上品な大正ロマンの雰囲気を醸し出してくれます。

  • 914
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中!

  • 914
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

家具・インテリア

専門家具職人によるレストアを施した英国直輸入の高品質アンティーク家具を販売。英国特有の趣のあるアンティーク家具を日本でも提供していきたいと考え、当時の塗装方法や…

おすすめのアイデア

話題のキーワード