家を建てる時、確認したい3つの事

建築には、義務付けされていない検査や試験があります。
構造計算、コンクリート採取試験、気密測定、
最低でもこの3つは家を建てる工務店に、お願いした方が良いと思います。

  • 728
  • 1
  • 0
  • いいね
  • クリップ

こんにちは!自然素材を使った木造住宅専門
真柄工務店、代表の眞柄 大介です。

来月上棟の現場に、鉄筋検査の 立ち合いに行って来ました。

この、鉄筋検査は瑕疵担保履行法と 言う法律に基づくものです。

家を建てる時に、瑕疵担保保険に入ります。
この保険に入ると構造耐力上主要な部分と、雨水の侵入に対して10年間保証されます。
万が一施工会社が10年間の間に倒産した後に、
瑕疵が発生しても補修費用は、保険会社より支払われるので安心です。

支払い限度額が2000万円ですが、オプションで
5000万円まで選択できるようになっています。
保険会社の検査員が基礎工事中に鉄筋検査と、
上棟後に耐力壁の確認と構造金物を、現場に見に来ます。
図面通りに施工されていないと、指摘され是正をしなければ
保険の適用を受ける事が出来なくなってしまいます。
とても、大切な検査です。

建物で、とても重要な基礎工事。
保険検査員が見るのは、鉄筋の配筋状況だけになります。
それ以上見るのは義務付けされていないからです。

基礎工事には、コンクリートがつきものです。

コンクリートにも強度があります。 このコンクリートも設計基準強度と言う 強度設定があるのをご存知ですか?

通常住宅で良く使われる21N/m㎡
なんて言われても分かりませんよね?
簡単に分かりやすく言うと、10cm角の柱が
21トンの重さに耐えられると言う事です。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 728
  • 1
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

初めまして真柄工務店代表の真柄です。弊社では自然素材をベースに、自社社員大工による施工精度の高い家つくりを行っています。結露を起こさない高断熱高気密住宅と、床下…

おすすめのアイデア

話題のキーワード