観葉植物パキラの室内での育て方|正しいお手入れ方法で美しく保とう♪

観葉植物として人気のパキラ。「快活・勝利」という花言葉があり、インテリアとしても人気のあるアイテムなんです。今回はそんなパキラの室内での育て方を詳しく解説! 植え替えや挿し木・剪定などのお手入れ方法から、おしゃれな幹編みまで幅広く紹介します♪

  • 73401
  • 104
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【目次】
・パキラは窓越しの日光でも育つ!
・パキラの水やりはたっぷりと!でも、土が乾くまでよく待ってから!
・肥料はあげすぎに気をつけて!
・パキラの植え替えはどうする?
・植え替えのやり方
・用土はどんなものを?
・植え替えができない場合の「増し土」
・ときどき剪定しよう!
・切るポイント
・挿し木で増やそう!
・幹を編んだパキラに挑戦!
・ハイドロカルチャーに挑戦!
・ハダニがついたらどうする?
・まとめ

パキラは窓越しの日光でも育つ!

光合成は植物にとっての食事ですので、基本的には、明るいところを好みます。しかし、真夏の直射日光が射しているような場所では、葉が焼けてしまいます。季節にあわせて、明るく風通しのよいところを選ぶとよいでしょう。日の光が少ないところでも育ちますが、枝が間延びして樹形が崩れてしまう恐れが出てきます。葉の色が薄くなってきたら、もう少し明るいところにうつしてあげましょう。

気温は、冬でも5度以下には下がらないように気をつけたほうがよいでしょう。窓辺においてある場合には、夜間に冷え込むことがあるので注意が必要です。葉が落ちてきたら、寒すぎる可能性があります。

パキラの水やりはたっぷりと!でも、土が乾くまでよく待ってから!

水やりのときには少しだけあげるのではなく、鉢の底から水が流れ出てくるまでたっぷりあげましょう。しかし、水のやりすぎがパキラを枯れさせてしまう原因になっていることは珍しくありません。

常に土が水浸しの状態になることは避け、次の水やりは表面の土が乾いてからにするのが良いでしょう。手で触って乾いているのがわかるくらいになってからにしてください。パキラは湿った土を好みますが比較的乾燥にも強い方なので、むしろ乾き気味にしておくほうが失敗しにくくなるでしょう。

特に冬で室温が低い時期は、土が乾いてから少なくとも2、3日おいたタイミングで水やりをするようにしてください。また、受け皿にたまった水を捨てることも忘れないようにしましょう。パキラの鉢が壁際においてある場合、壁に近いほうの土の乾きが悪いことがあります。そのようなときには、定期的に鉢を回すようにしましょう。

土は湿っているけれど、葉っぱが乾燥しているようなときには、霧吹きで葉に水を与えましょう。葉水といいます。病虫害の予防にも効果があるのでおすすめです。葉が生き生きするようでしたら、葉水は毎日あげてもかまいません。

肥料はあげすぎに気をつけて!

鉢植えで植物を育てる場合には、植物の栄養となる肥料を上手にあげることも大切です。気温が高くパキラの成長がよい5~9月に、液肥ならば2週間に1回くらい、固形の緩効性化成肥料ならば2~3か月に1回くらいあげるとよいでしょう。

肥料をついつい多くあげたくなる人は少なくありませんが、用量をきちんと守り、あげすぎには気をつけてください。また、気温の低く日差しも弱い冬季はパキラも休んでいるので、肥料はあげないようにしましょう。

パキラの植え替えはどうする?

鉢の下から根が出てきたり、水が土にしみこみにくくなったりしたら、植え替えをしたほうがよいというサインです。植え替えは、5月から9月の間にすませましょう。

パキラの鉢は大きければ大きいほどよいというわけではありません。鉢の中に占める土の分量が多いと、水はけが悪くなり、根腐れをおこしやすくなってしまいます。もちろん、パキラが大きく育って鉢が倒れやすくなっているような場合には一回り大きい鉢に植え替える必要があります。

鉢を大きくしたくない場合には、根を整理することで同じサイズの鉢に植えることができます。その際には、幹や枝も切り戻しておきましょう。

植え替えのやり方

それでは、具体的な植え替え手順を見てみましょう。

1. 水やりを控え、土が乾燥した状態にします。
2. パキラの株を取り出したら、外側から1/3くらいの根をもみほぐすようにして、土を落とします。
3. 黒くなっている古い根は切ってください。
4. 新しい鉢に少し土を入れておき、中心にパキラの株をおきましょう。
5. 株の周りにも土をいれていきます。鉢を軽くたたくと、土が入りやすいでしょう。
6. 土は縁ぎりぎりまで入れず、縁から少し余裕があるようにしておきましょう。
7. たっぷり水やりをします。土が沈んだ場合には、さらに土を足してください。
8. 風と直射日光が当たらないよう気をつけながら1週間ほどおいてから、本来の場所へ鉢をもどしましょう。その間、水やりは土が乾いたらあげるくらいでよいでしょう。そのかわりに、葉水はこまめにあげるようにしてください。肥料は与えてはいけません。また、鉢はあちらこちらへと動かさず、そっと休ませておくようにしましょう。

用土はどんなものを?

市販の観葉植物用の土が手軽です。自分で土をつくりたい場合には、赤玉土(小粒)と腐葉土を7対3で混ぜたもの、あるいは赤玉土(小粒)と腐葉土と軽石を7対2対1で混ぜたものがよいでしょう。

植え替えができない場合の「増し土」

上から3~4cmくらいの土をとりのぞき、新しい土をいれることを増し土といいます。根詰まりは解消されませんが、新しい土で養分が補えます。植え替えのサインがあらわれ、パキラの葉の色が悪くなってきていても、すぐには植え替えができないときに使えます。

古い土をとりのぞくときに、なるべく根を痛めないようにさえ気をつければよいので、手軽で便利な方法です。ただし、近いうちに植え替えなければならないことは、どうぞお忘れなく。

ときどき剪定しよう!

葉が茂ってきて風通しが悪くなってきたり、あるいは樹形が崩れてきたりしたときには、いらない枝を切ったり、幹を切り戻したりする必要があります。パキラは生命力旺盛な植物なので、大きくなりすぎたときには思い切った切り方をしても大丈夫です。

春から秋の間は、どこを切っても2~4週間くらいで新しい芽が出てくるでしょう。5~6月に剪定すると、夏に向かってすぐに樹形が整います。冬の間はパキラも休んでいるので、切っても新しい芽はなかなか出てきませんが、細い枝を切って整えるなどの剪定作業はできます。その場合には、少し暖かい場所においてあげるとよいでしょう。

切るポイント

切ったすぐ下から芽が出てきます。パキラの幹には節のようなものがありますが、新しい芽はここから出てきます。切った後、どこに芽が出てきて樹形がどのようになるのか想像すると切りやすいでしょう。

大きくなりすぎたパキラを思い切って切る場合、茎に節のようなものが残らないこともありますが、そのような場合でも時間はかかりますが、ちゃんと芽は出てくるので心配はいりません。

挿し木で増やそう!

剪定で切り取った枝を使って、挿し木にトライしてみましょう。時期は、これからパキラの成長シーズンを迎えるという5~7月がよいでしょう。枝は緑色のものを用います。よく切れるハサミで斜めに切り、10㎝くらいの長さになるようにしましょう。葉の数が2、3枚以上ある場合には、下から順に切り落とします。

残っている葉が大きい場合には、葉を半分くらいに切ります。バーミキュライトのような挿し木用の土に刺し、最初はたっぷり水をあげます。あとは、表面が乾いたら水やりをしましょう。切り口に発根促進剤をつけておくと、根が出やすくなります。

幹を編んだパキラに挑戦!

挿し木から増えるパキラは、とっくり型の幹にはなりません。その代り、近接して植えておくと、幹を編むことができます。編む場合には、まず、根本の部分が緑色から木の色になり、高さが30cmくらいになるまで待ちましょう。

編むときには、根元近くから葉がついているところまでゆるく編み、編み終わりのところを軽くひもでしばっておきます。だいたい2か月おきくらいに数cmずつ編み進んでいきましょう。

ハイドロカルチャーに挑戦!

透明なガラスに植わっているパキラは、土を使わず、発砲煉石と呼ばれる水耕栽培用の土が使われたハイドロカルチャーと呼ばれる方法で育てられています。インテリアとしても人気のパキラのハイドロカルチャーを、挿し木からつくってみましょう。

まず、ガラスなどの容器の底に水質浄化剤を入れておくとよいでしょう。発砲煉石を少し入れた後、その上に挿し木を立てるように持ち、周りに発砲煉石を入れていきます。ハイドロカルチャーといっても、水にどっぷり浸かった状態で育てるわけではありません。水は発砲煉石の高さの1/4くらいまでにしてください。

そして、発泡煉石が乾くまでは水を足さないようにしてください。根が出てきたら、ハイドロカルチャー専用の肥料などを用いるとよいでしょう。

ハダニがついたらどうする?

残念ながら、パキラにも害虫がつくことがあります。そのひとつがハダニ。気温が高く乾燥している日々が続くと発生しやすく、主に葉の裏につきます。駆除には、拭き取ったり、スプレー系の殺虫剤を使用したりします。パキラの大きさによっては、水にざぶざぶつけて害虫を洗い流してしまうという方法もあります。ハダニは水に弱いので、葉水をあげるときに、葉の裏にも噴霧するようにすると予防効果があります。

ハダニのほかに、コナカイガラムシがつくことがあります。コナカイガラムシは、風通しが悪く湿っていると発生しやすく、新芽や葉裏の葉脈などにつきます。コナカイガラムシが幼虫であるうちは殺虫剤も効きやすいですが、成虫になり殻をまとうようになると、ブラシでこすりとる必要がでてきます。パキラの大きさによっては、水につけて洗い流す方法も試してみましょう。

害虫は早めに見つけて駆除するに限ります。葉裏も含めて、パキラはこまめに観察するようにするようにしてください。

まとめ

パキラは水やりに気をつければ、育てやすい植物といえます。卓上サイズで育てることも、高さ2mくらいの鉢植えに育てることも可能です。サイズや形に多様性を持たせられることもパキラの特徴のひとつでしょう。

枝を切ればすぐに新しく芽がつき、大きく切り戻してもOKなので、好みの樹形に育てる楽しみが味わえます。室内のインテリアにあわせて、育ててみませんか?

【送料無料】パキラ 7号鉢+バスケット鉢カバー|中型サイズの観葉植物
商品情報を楽天で見る


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 73401
  • 104
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

実践したくなる部屋作りアイデアやインテリア関連のアイデア全般をお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード