住宅ローン借入額は年収だけで決めてはいけない

住宅ローンの借入限度額を決めるさまざまな基準のなかでも、最も大きなウエイトを占めるのは一般的に「年収」です。
住宅会社に相談に行くと、「お客様の年収なら、〇〇万円までローンが組めますね」と言われることがあるかもしれません。
しかし、年収だけをローン借入額の基準にすることは実は危険!!

  • 2064
  • 3
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「いくら借りれるか」ではなく「いくら支払えるか」

家づくりは、ほとんどの方にとって一生に一度の大きな買い物です。でも、家づくり以外にも人生にはたくさんの出費を必要とする時期があります。

まずは子供の進学。とくに高校や大学に入学される時期は、住宅ローンと教育費が重なり、家計にかかる負担も非常に大きくなります。
また、車の買い替えは10年前後のサイクルでやってきます。家族が楽しく幸せに暮らすためには、家族旅行や趣味の時間を持つことも大切なことでしょう。

さらにリタイア後までのローン返済を続けるのはリスクがありますから、定年になるときには完済していることが原則です。

同じ年収500万円でも、ライフスタイルやお子さんの年齢、人数などの事情はさまざま。ですから、「年収」を基準にするのではなく、教育やレジャー、趣味への出費もふまえたうえで、ローンとしていくら支払えるのかを考えるべきです。

家づくりの資金計画としては、「無理なく毎月返済できる額はいくらか」を基準に考えることによって、おのずと借入できる総額も決まるというのが望ましい姿なのです。

当社のファイナンシャルプランナーにご相談ください

無理なローンを組んでしまうことで、その後の人生すべてをローン返済だけにささげることのないように・・・。

そんな願いから、フィックスホームではお客さまの家についての理想や希望をお伺いする前に、まずはファイナンシャルプランナーが資金計画を承ります。
資金計画の不安や疑問点を最初にクリアにしておくことで、心おきなく家づくりを楽しむことができるようになります。

「マイホームをつくる!人生も楽しむ!」そんな暮らしを実現してみませんか。


個別のご相談はこちらまで⇓

  • 2064
  • 3
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

『マイホームもつくる、人生も楽しむ』フィックスホームはそんな家づくりを目指しています。

おすすめのアイデア

話題のキーワード